2017.10.06     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (11) 日本で中国のネットショッピングとネットバンキング

《奈良帰省日記2017③》 日本で中国のネットショッピングとネットバンキング

中国は9月から新学年、陝西省・漢中の燕燕も高校三年生になって学校では大学受験のための猛特訓が始まり、10月の国慶節のゴールデンウィークも3日休んだだけで学校へ。ですが実際は1日だけ休み、あとは塾でした。来年6月の高考(大学入学共通試験)まであとひとがんばりです。

そんなわけで私が日本にいてもいろいろ要求されます。このまえは学校からこれから教材費とか必要になるので多くの出費を覚悟して欲しい・・との連絡。で、毎月の燕燕の生活費を急遽アップの処置・・
西安にも試験のためによく出かけて行きます。現在西安に行くのには片道4時間以上かかりますので日帰りでは無理、宿泊費などが必要になります。
ただ今年末(2017年12月26日)には西成高速鉄道が開通します。これは西安から成都をつなぐ新幹線で漢中を通ります。ですのでこれを使えば西安までは1時間ちょっとで行けるようになるはずなので日帰りができるかもしれません。しかも西安-漢中間はバスで行くより安い75元のチケット代、期待しましょう。


ネットバンキング
こんな出費は銀行のスマホアプリを使えば日本にいても彼女らの口座に振り込みができるのです。もちろんPCを使ってもOK。しかも振り込み手数料は無料。
以前たしか金額の大きい場合は登録電話番号へのSMSで第二のパスワードが送られてきてそれを入力しないと振り込みできなかったと思ったのですが・・今回試してみると・・USB盾というものを使えば大丈夫でした。
世の中便利になったものです。おかげで日本にいてものんびりできません。とほほ・・・


工商銀行のUSB盾。PCの場合USBポートに挿入。

PCで振り込み手続きをすると最終段階でUSB盾のディスプレイに振り込み概要が表示されてUSB盾のスイッチをON、ON、で振り込み完成です。

スマホアプリで使うときはプラグを出してイヤホンジャックに差し込みます。



ネット ショッピング
燕燕の学校の寮にはコンセントがありません。そして消灯時刻が過ぎると照明はOFF。でも彼女ら生徒にとっては勉強不足なことも多いので消灯時刻以後も学習をしたいためにそれぞれ充電タイプのLEDデスクスタンドを準備しています。週末家に帰ったときに充電してまた学校に持って行く、と言う段取り。
私も燕燕にUSB入力のスタンドとモバイルバッテリーの組み合わせを買って送りましたが、特殊形状のUSBコードが断線、現在コードをネットで手配中。

で、Aが言うのには、「漢中で買うスタンドは品質が悪いので私が買ったのはすぐ壊れた。他の生徒たちは予備を入れて2つのスタンドを寮に置いている」と。今、燕燕はスタンドが使えないので予備を借りているらしい。
で、私が送ったのは品質がいいので問題ないが、コードが悪くなることもあるのでもう一つ予備が欲しい・・とAからの連絡。漢中で買うと品質が悪いのでネットで買ってくれとのこと。

で、またまた ネットが登場します。送り先を漢中にして私が手配、支払いをします。支払いはネットバンキング。

淘宝で手配し、支払いを銀行のネットバンキングに指定すると中国の銀行のネットが現れて・・・中国の電話番号は使えないのでUSB盾を用いて支払い完了。


これって便利なんでしょうかねえ・・・

 

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by