2017.09.05     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (1) 台風上陸の日、初のLCC HK expressで奈良へ - オンラインチェックイン

《奈良帰省日記2017③》 (1) 台風上陸の日、初のLCC HK expressで奈良へ (2017.9.4)

朝5時、目覚めると雨は横殴り、風はぴゅーぴゅー、台風の影響でしょうかね。予定は利和広場のバスターミナルから9時の深圳行きバス。
ネット、台風網で台風の現在地を確認。すでに上陸してかなり近い所に・・・まあ少し様子を見ましょうかね。テレビでは台風は流す程度。もうたいしたことはないのかな。6時、雨風がおとなしくなってきました。ネットを見ると現在地が出てこない・・・どうやら熱帯低気圧になったようです。台風網なので熱帯低気圧はテリトリー外と言うことかな。

まあ状況が状況なので早く出かけることにしました。7時過ぎ準備をして外に出るとバスターミナルを通る無料バスが発車するような雰囲気、乗り込みます。バスターミナルへ。
8時の深圳湾口岸行きのチケット。予定より1時間早いバスで出発。

中山から香港空港へのルート
年末には香港空港から珠海、マカオへの橋が開通予定なので以後は中山から香港空港のルートも大きく変わるでしょうから今回が最後のルート、と言うことになるのでしょうか。

利和広場のターミナルから香港空港までのバスチケットは230元。深圳湾口岸経由です。一度空港から中山行きの時に利用してみたことがありますが深圳湾口岸では荷物を全部持って通常通りイミグレを通過してバスを乗り換えなければなりませんので面倒。
で今回は中山から深圳湾口岸までこのバスに乗ります。70元。そして深圳湾口岸香港側からB3Xで屯門市中心へ、ここでE33の路線バスに乗り換えて香港空港へ。このルートだと香港側では65歳以上の「長者オクトパス」が使えますので2つのバスで料金は4HKドル。ですので全行程74元という安さ。まあ、長者オクトパスでなくても11+13.9で24.9HKドル、中山から空港まで95元程度とお安くなっています。

私の心配とは裏腹にきわめて順調に進みます。8時の深圳湾行きのバスに乗って深圳湾口岸へ。イミグレを通過するとB3Xが待ちかまえていて乗車。あとはE33のバスに乗るだけ。順調に進んで空港に早く着きすぎるのでここで少し早いですが昼食を。空港だと何もかも高いので・・・吉野家で牛丼。パン屋さんで軽食用にパンを購入してE33へ。
それでも出発の3時間以上前に空港に到着。

飛行機はほぼ満員、ほとんど香港人。日本語を聞きません。さすが香港のLCCです。香港人が大挙して大阪にやって来る!機体はpeachと同じくA320。LCCはこの飛行機が好きなんですかね。色合いとか乗務員の雰囲気、いつもpeachなのでちょっと新鮮。

予定より少し遅れて20時半、関空着。イミグレでは日本人のカウンターへ行く人はほんの少し。ほとんど外国人カウンターへ。

天王寺を経て22時4分の大和路快速で帰宅。

帰りの関空快速。モニターの表示は日本語の他に中国語、韓国語、英語とインバウンド向け。
今年のお盆休みの外国人観光客の利用は成田を抜いて全国一となった関空、勢いがありますね。


オンラインチェックイン

オンラインチェックイン手続きでできたチケット
搭乗2日前に「ご予約番号E8PWHDのオンラインチェックインがオープンになりました。」とHKexpressからメール。

ちょっとおもしろそうなシステム。よくわからないままに手続き。

予約ではパスポートなどの詳しい情報は不要でしたのでそれらの情報を入力していくと・・チェックインができ、座席番号の入ったチケットができあがりました。これはスマホアプリで取り出せます。


「チェックインができました。直接ゲート口までお越しください。」と言う案内、どういうことなんでしょうか・・・
ところが一つ問題が・・・予約の時に間違えたようで氏名の姓と名が逆になってました。
しょうがないのでカウンターに行きましたがほんとに行かなくてもいいようです。ゲート口の改札ではこのQRコードを読み取ってもらって搭乗している人がいました!なるほど、そういうことか。これは私の性格とマッチング。次回はこれで。

 


香港国際空港へ
雨が降ったりやんだり。天気予報では明日もこの調子とか




そして香港空港のHK Express機



空港ではたっぷり時間があったので天気はよくないながら撮影




水しぶきを上げてANA便


懐かしいキャセイ。香港で働いていた頃はほとんどこれに乗っていました。
今年の決算ではかなりの赤字。過去の栄光は・・


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by