2017.08.23     カテゴリ: 香港の山と公園 >  南大嶼山郊野公園-鳳凰山 

   《香港》 久しぶりの香港ハイキング・・・ランタオトレール9段

久しぶりの香港ハイキング・・・ランタオトレール9段 (2017.8.20)

久しぶりに香港のハイキングをしてきました。
私は香港永久性居民なのですが日本人の場合は連続して3年香港を離れるとその資格がなくなります。
前回私が香港に宿泊してからそろそろ丸3年になるのでここらへんで香港に宿泊しておいた方が無難かなと言うことで香港の山友宅で土曜日1泊して日曜日定例のハイキングに参加したのです。夏と言うこともありハードな予定ではないので運動をさぼりがちな私にもいいのです。

久しぶりに見る香港の住宅事情
ということで土曜日の昼前にバスで深圳湾口岸へ。イミグレを通りバスで待ち合わせの元朗駅へ。彼は元朗に引っ越してきたのでわかりやすい。
彼のアパートへ・・・お、やっぱり香港の住宅、狭いです。古い建物なので都市ガスはなくてトイレがシャワー兼用で電気湯沸かし器。思い切り狭い。まあこういう事情はもと香港在住者の私には驚くことではありませんがびっくりするのはその家賃。
ネットを調べるとたぶん実用部分の面積313平方フィート、29平方メートルですね、この家賃が9000香港ドル、12万5000円ですね。とても正気の沙汰ではない?ネットを見るとこの中古物件販売価格が358万香港ドル、5000万円!!!
私が深圳のマンションを売って引っ越し先を探していたとき、香港の物件も検討しましたがすでに香港はとんでもないところになってしまったようです。


ランタオトレール(鳳凰径)のハイキングへ
翌日、バスに乗ってハイキング予定のランタオ島へ。ランタオ島もまた不思議なところで週末はバス代やフェリー代が平日の2倍となる島です。私は65歳以上なのでどれに乗っても1回2ドルですが他の人は大変です。中国も香港も年寄りにはやさしい。

バスに乗って目的地、ランタオトレール九段石壁水塘へ。
(地図と説明は・・ ランタオトレール )






ランタオトレールの標距柱
ここから6.5kmを歩きます。香港の山は木陰のあるコースがめちゃ少ないので1日歩けば手足が日に焼けて赤くなるので用心して日焼け止めを塗っているのですがこのコースはとても木陰が多くて助かりました。さすがは慣れた幹事さん、真夏コースをよく心得ていらっしゃいます。

ところで香港最高峰は大帽山の957mで新界にあります。
ランタオ島は島とはいえ香港第2から第6までの高山が並びます。
→ 香港の山
ルートのあちこちで海と高山を眺めることができます。



途中地元と思われる人たち。
ハイキングクラブのメンバーには香港人や韓国人もいますのでメンバーの香港人が声をかけて話をしていましたが・・

スイカをごちそうするということでスイカを切り始めました。

ありがたくいただきました。




2、3時間ほどで終了、あとは円卓の会食。そのあと梅窩からフェリーでセントラルへ。私はスターフェリーで九龍にわたり中港城からフェリーで中山に帰ろうとしたのですが・・・


帰りの交通に悪戦苦闘
18時のも最終20時のもすでに売り切れ。ダフ屋が中山行きのチケットあるよ!と声を張り上げていました。私はこんなのが大嫌いなので売値も聞かず別のルートを考えていました。
MTRですね。地下鉄に乗って羅湖へ出て中山行きのバスに乗ろうと。羅湖からの中山行き最終バスの時刻を知らないので間に合うのかどうか心配はありますが地下鉄に乗って東鉄線に入ります。

すごく久しぶりのMTR東鉄線です。おそらく香港に住んでいたとき以来ではないでしょうかね。12年ぶり?見るもの見るものが懐かしい。車両も昔のままのように見えます。深圳に引っ越す前の何年かすんでいた粉嶺も懐かしく・・・

偽札騒動
羅湖でイミグレ。深圳の汽車站へ。中山への最終便は9時のようですね。余裕です。チケット売り場で100元札を・・・・とショック!
どうやら偽札のようです。一目見てダメと言われました。別の1枚・・「ダメ!」
大ショックです。これは確か漢中の工商銀行のATMで出したお札・・・ATMに偽札が入っていた。昔ネットニュースでATMで出したお金10枚がすべて偽札だったという記事があったことを思い出しました。まさか自分に起こるなんて。どうやら10枚のうち2枚が貧乏くじ。私は銀聯デビットを使いほとんどATMを使わないので大当たりということでしょうか・・・気を取り直して細かいお金でチケット代80元を支払いました。

7時20分のバスは30分遅れだと・・30分遅れで出発。中山ではマンションへのバスの最終便に間に合ってやれやれ。

 


ランタオトレール(鳳凰径)第九段を歩く

ここから出発です。






ランタオ島南側なので香港の島々に加えて珠海の島々も見えます。












さて帰路です。梅窩からフェリーで香港島セントラルへ
途中たくさんのヨットも見えてさすが香港でした。

ランタオ島の高山と離れます。


水中翼船も走ってます。あとから来てすーーっと追い抜いていきました。


セントラルです


関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by