2017.05.22     カテゴリ:  生活 

   《中山生活》 光ネット会社を替えました。設置騒動顛末。 おかげで日本サイトもさくさく・・

光ネット会社を替えました (2017.05.21)

今年は1月から母のことでほとんど日本に滞在していました。インターネットの接続費は自動引き落としにはせずネットでその都度支払っていました。ですので日本から中山に戻ったときには3ヶ月ほど支払いが滞っていました。で、これを機会に別の会社のネットサービスに替えようかと・・・

もともと使っていたのは中国電信(☆中国电信)の光です。 中国国内へのサーチは光で思い切り速いのですが国外への接続はページにもよりますが遅いのです。まあ、国内では4Gでつながり国外へは2Gという感じ。
これは深圳でも同じでしたので深圳ではケーブルテレビのネットを使用していました。この新マンションでは始めに開通したのが中国電信でしたので仕方なく電信にしていたのですが最近やっといろいろなネットが使えるようになったとのことで機会を得て変更しようというわけです。そのために電信の支払いは自動でなく手動にしておいたのです・・


中国聯通へ
まずマンションの窓から遠くに見えていた中国聯通(☆中国联通)へ。新しいイオンモール建設地のすぐ近く。網友の情報でここが日本への接続が速いということでしたので。
話をすると私のマンションにはまだつながっていない、あと数日でつながるので開通したら連絡するのでそれから再び手続きに来てくださいとのこと。
今までことを思うと数日というのはなかなかやっかいで・・・数日か数週間か数ヶ月か不明、でも中国電信という選択肢はとりません。なので長期戦となることを覚悟してその間、携帯データ通信をルーターにしてテザリングでしのぐかな・・と覚悟をきめました。

覚悟を決めていたらほんとに数日後連絡が入って手続きに行きました。そして係員が設置にやってきました。 ところが・・・
マンション側でネットがつながってないとかで設置できないと・・・
実はこのマンションでまだ中国聯通のネットを使っている人はなく私が初めての顧客なのです。従ってまだ接続実績がありません。ちょっとやっかいになってきました。


接続中
設置にきた人を連れて管理所へ行って相談、どうやら珠海の会社から出張って接続してもらわないとだめな様子・・
週末なので来週かと思ったら・・・
数時間後、管理所から電話。よくわからないので聯通の電話番号を送って直接話をしてもらいました。
次の日の土曜日、聯通から三度目になる設置人がやってきて見事開通。やれやれでした。


中国聯通の開通 質は・・
開通内容は光50Mにしました。1年4ヶ月ほどは日本にいる予定なので100Mはちょっと高い。
1年960元,モデムなんやかんや200元、さらにテレビのモデム100元で計1260元。

IPTV テレビメニュー



使用してみて・・ 速度
ばっちりですね。海外サイト、国内サイトの区別なくさくさくと速い。ストレスがありません。おまけに中国では大きな声で言えない裏技もすごく順調で高速。
携帯電話は中国移動ですがデータ通信の具合からこれも電信同様何かありそうな感じがしているので中国聯通というのは一番いい選択かも。金額的にも非常に有利。
SIMカードもちょっと検討するかな・・・

 

関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by