2017.02.28     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017② 

   《奈良帰省日記2017②》 (5) 京都御所、二条城へ

《奈良帰省日記2017②- 5 》 京都御所、二条城へ (2017.2.28)

母が京都中京区の出身なので少し京都を巡ってみようととりあえず予約無しで見学できるようになった京都御所へ。帰りに二条城にもよってみました。
今上天皇の結婚、即位は京都御所で行われましたが、御所が一般に公開されるようになったということは今後はもうここは使わないということなんでしょうか・・?

御所の入口へ行くと結構続々と人がやってきます。一般の観光地は中国人や韓国人がすごいですが、ここは欧米系の観光客がほとんど。何が違うのでしょうかね。2000年続く王室というのが興味深いのでしょうか。

入場無料ですが入り口では持ち物チェックがあります。そして入門証を首からぶら下げて見学です。

元々は色も明るく華やかだったでしょうが今は古びているせいもあるのでしょうがおとなしすぎ・・かな。個人的にはもっと雄大さと派手さがほしい。こぢんまりしすぎかな・・・

このあと昼食をとって二条城へ。
16.03年、徳川による築城。城というより別荘みたいな感じ。
御所の守護と将軍上洛の際の宿泊所となっていますが天皇への威嚇とも見えます。本音はどうなんでしょうかね。

それにしても・・・
奈良のお寺の場合は伽藍の形式がはっきりして雰囲気的にも宗教というにおいが強いのですが京都にある無数のお寺は「上流階級」の別荘とか、隠居所というイメージがします。城にしても本来の意味からはずれているような・・
これが日本人?


あと、山陰線二条駅まで歩いてJRで郡山へ。
セーブしたつもりですがけっこう歩いていました。

 


御所



今上天皇が結婚、即位の儀式を行った紫宸殿








二条城









関連記事





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by