2017.02.08     カテゴリ:  マカオ 

   《マカオ》 初めてカジノを見学

カジノを見学 (2017.2.7)

マカオへ行きました。
近畿のニュースでは大阪・夢洲IR構想の実現化に向けてのニュースが慌ただしくなってきました。で、カジノに全く興味のない私ですがせっかくマカオに近いところにいるので見学だけでもしておこうかなと新しいコタイ地区のカジノを一人で見学してみました。


さて


中は有名ブランドの店がたんまり


そしてありました、カジノ


初めてカジノに入りました。入るだけならお金はいりません。人のパチンコを後ろから見ているようなもの。
後ろから観察してやり方を研究・・・雰囲気はわかりますがそんなにおもしろいのかな。お金をかけないとわからないのかな、とも思いますがパチンコとか麻雀とかを考えるとお金をかけても同様かな・・・
まあDNAによるのでしょうね。昔喫茶店によくあってはやっていたインベーダーゲームも全く興味が持てませんでしたし。これなら私にはギャンブル依存症とは無縁だと確信しました。
おそらく友人のおつきあいで行って友人が1億円儲けたとしても気持ちは変わらないでしょう。

雰囲気としてはパチンコや麻雀のレートを桁違いに大きくしたものかなと。レートが高い分、部屋をゆったり広く豪華にできると言うことでしょうか。トランプを見てみると最低掛け金は300HKD(パタカ)とかになってました。これだと3000元持っていてもすぐなくなりそう。
大阪IRに大手パチンコ業界が腕まくりをしているのも頷けます。

写真を撮影するのはだめだろうな、と思いながら試しにタブレットで撮影、すぐ人がやってきて消去されました。
それでもこのマカオの新しいきれいな街路を見ていると大阪IRができないものかと思います。

 


マカオイミグレ前です。春節飾り。



関連記事
インベーダゲーム…懐かしいです。流行ってた頃高校生だった私は
ゲームセンターで 一度だけやったことがありますが あっという間に
ゲーム終了。同じ100円ならこっちの方がええわ!と思ったのが、
ロッテリアのシェイク。友達との寄り道定番はロッテリアになりました。
その後、ひとつだけはまったゲームが マリオ。
小学生だった息子が楽しみにしていた クッパ大王?とかを徹夜で倒してしまい
翌朝目覚めた息子を大泣きさせてしまった経験があります。
カジノは、ソウルに旅行した時行ったことがありますが 見学だけ。
大阪に出来たら…う~ん、はまらんようにしゃんなあかんなぁ。
ははは
まあお金が続きませんから普通ならはまれないと思いますが・・
大阪IR、すべて順調であればオープンを予定より1年早めて2023年にしたいと知事が言ってましたね。
来年、2025万博開催地の決定が鍵のようです。
当初、また万博か・・と思っていたのですがIRと同時開催と聞いて俄然いいプランだと思って楽しみになりました。
すでにシンガポールの業者からも提案書が提出されているようですね。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by