2009.02.07     カテゴリ:  ブログ補足 

   プロフィール

プロフィール Sceneway

プロフィール

日本でオーディオ電子技術者としてやっていましたが、奈良語しかわからないまま1996年7月31日に香港へ、現地企業(日本人起業の会社)に就職、その後香港企業に転職。香港で何度かの転職を経験。

2003年12月に香港永住権にあたる永久性居民となり、2004年6月、深圳・福田区のマンションを購入、2005年1月に引き渡し、内装工事、5月末に完成後、6月5日深圳に引っ越し。現在は深圳暮らしで、中国語は中級程度。


マンションは内装のないスケルトン渡し。わけが分からないまま、内装工事を段取りして完成。その記録をブログにしようと思い立ったのがブログを立ち上げるきっかけでした。

2005年5月の内装完成から遅れることほぼ1年、2006年5月19日に「深圳マンション購入内装記」のタイトルでExblogを正式に立ち上げました。
毎日更新するようなことは私の性格からゆめゆめ考えられず、ホームページとして放置しておくつもりだったのですが・・・その後、タイトルを「深圳の日々」に変更、さらに香港を付け加えたため、「深圳の日々+香港」に変更、ついでに副題を「Funny days in Shenzhen + Hong Kong」としてなんと3年以上も続いています。私にとっては快挙です。

そしてブログ1000記事を控えてこれまでの記事を再編集してブログを刷新することにして、Exblogを卒業、このFC2ブログを立ち上げました。
記事をFC2にコピーするにあたって約1000記事あったのを350記事程度に統合しました。
2009年2月7日


HN


出身
Sceneway (シーンウエイ) 男性
香港で5年半住んでいたマンションの名前が滙景花園で英文名が "Sceneway Garden" そこからScenewayの名前を拝借。
奈良(大和郡山市)

1996. 8 香港で就職
1996.10 香港・藍田・滙景花園に引っ越し
2002. 4 香港・粉嶺・牽晴間に引っ越し
2003.12 香港永久性居民となる
2004. 6 深圳でマンション購入
2005. 1 マンション引き渡し
2005. 5 内装工事竣工
2005. 6 香港から深圳へ引っ越し

2006. 5 ブログ「深圳マンション購入内装記」をExciteブログで開始
    後に「中国深圳の日々」さらに「中国深圳の日々+香港」に改題。
    副題として「Funny days in Shenzhen + Hongkong」を追加
2007. 1 写真ブログ「写真深圳の日々」開始(現在は廃止)
2008.11 山ブログ「深圳と香港の山と郊野公園の風景」開始
2009. 3 1ヶ月あまりの準備期間を経てFC2ブログに移転。
    「深圳+香港の日々; Funny days in Shenzhen + Hong Kong」に改題

2010. 4 FC2ブログが中国でアクセス禁止となったため
     So-netに「深圳・香港 夢時間」のタイトルでミラーサイト作成
2010.12 深圳の銀行に初年金が振り込まれ深圳で年金生活スタート。
2014. 9 深圳のマンションを売却。

2014. 9 西安の南の陝西省漢中市にマンション購入(2015.7.入居)
2014.10 珠江河口の孫文のふるさと・中山に引っ越し
2014.10 ブログタイトルを「中国夢時間 香港から深圳そして中山へ」に変更
2014.11 広東省中山にマンション購入
2015. 7 中山マンション内装工事開始
関連記事
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.07.23 12:58  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.07.23 16:27  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 管理人のみ閲覧できます
  •  - 
  • 2009.10.07 11:23  
  •  [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
大変素晴らしいBLOGです!
いつも楽しく読ませて頂きました。
私はアメリカ在住のシンセン生まれの中国人です。
シンセン出身の私にとっては、かけがえのないブログです。
外国に居ながら、シンセンの変わる日々をこのブログで見届けることができて、本当に幸せです!
その隼に匹敵する更新スピードは凄い!内容の豊かさも申し分ないです!
外国人の方でそこまでシンセンと香港のことを詳しく、細かく、記録することに感動・感服いたします。

このブログを読んで、何かメッセージを残さないといけないような気がして、以上のメッセージを書かせて頂きました。
大変お時間を取らせて頂いて、申し訳ありません。
I'm very happy that I found this blog, please make it as an endless blog.
Thank you

Derek
Derekさん 初めまして!
お褒めいただきましてありがとうございます。アメリカ住まいのシンセン人というのに日本語が大変上手なのでびっくりです。

1996年に香港に出てきてから15年になります。香港、シンセンとのつきあいはそれ以上ですし、現在はシンセンに私の生活の基盤がありますのでシンセンも香港も私の第二の故郷みたいに大切なところです。
シンセンや香港のめまぐるしい変化は興味もうれしさもありますし、記録することは私の記録でもありますのでこれからも続けていくつもりです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Scenewayさん

こんばんは、はじめまして、ぐりと申します。
私は日本に住み、たまに中国东莞へ出張に行いっております。
今回用事で香港に行くのですが、帰りが遅くなりそうなので、
その日遅くか翌日の朝一に帰る手だてがないかといろいろ検索しておりましたら、
このブログにたどり着きました。そこでお聞きしたいのですが、
下記のルートで電車等の時間(始発と最終の時刻)はわかりませんか。

①香港空港あたりから羅湖まで、MTRで行く。
②羅湖→深圳(イミグレ)移動。
③深圳→东莞の常平に帰る(電車)

唐突なお願いだということは分かっているのですが、
情報がなく本当に困っています。
どうかよろしくお願い致します。







ぐりさん 初めまして

文面から香港空港から東莞までの最終時刻ということだと思います。
羅湖のイミグレのオープン時間は6時半から24時。

全行程をMTRで行くと乗り換えが4回必要です。
MTRの資料は
http://www.mtr.com.hk/jplanner/flash_chi/index.php
このページで機場駅をクリックすると上部の赤いバーの部分、左の白いウインドウに「機場」と表示されます。次に羅湖をクリックすると右側のウインドウに「羅湖」と表示されると同時に新しいウインドウに所要時間や運賃などが表示されます。
新しいウインドウの駅名の下の「下載時間表」をクリックすると詳細なデータがダウンロードされます。
これによると機場から羅湖行きは青衣、荔景、太子、それに九龍塘で乗り換えて22時16分が最終のようです。

深センから常平への時刻表は
http://www.huoche.net/dongche/shenzhen-dongguan/


直通列車の場合は機上駅から紅磡駅に行き紅磡でイミグレを通り列車に乗ります。
http://www.norraytvl.com/Common/CommonTravelProduct/transport/kcrc.htm
Scenewayさん

こんばんは、そしてありがとうございます。
夜移動は少々不安なので朝移動にしようと思っています。
そこですいませんがもう少し教えて下さい。
紅磡からの始発が朝5:30分、羅湖までが43分とありますので羅湖には6時13分頃に到着しますが、イミグレのオープン時間は6時半から24時ということは15分程度待ち時間があるということですよね。
この時間はイミグレ混むものでしょうか?
それと深センから常平に行くのに鉄道にするつもりなのですが、チケットを前日に買っておこうと思っています。ここで不安なのが、日本と違ってチケットに電車番号と発車時刻が印刷されていたと思いますが、この印刷された時刻以外の電車には乗れるのでしょうか?
たとえば購入したチケットは6時50分と印刷されていたとします。この時刻に間に合えば何も問題は無いのですが、間に合わなかった場合、次発の7時10分発の電車にこのチケットで乗れますか。

いろいろと聞いてすいません。
宜しくお願い致します。




ぐりさん

計算上は15分の待ち時間になりますね。ただ私は早朝のイミグレをこれまで利用したことがないのですいているような気はするのですが混雑度合いはわかりません。

それとチケットですがこれもいつも乗る直前に買うので指定以外で使えるかどうかわかりません。

どうもお役に立てなくてすみません・・・・
Scenewayさん

いろいろとありがとうございました。
なんとかなりそうです。

またなにかありましたら宜しくお願い致します。





トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by