( 6 記事  1 ページ )

2017.10.04     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (9) 日本三大山城・高取城へ 帰りは飛鳥ルート①

《奈良帰省日記2017③》 (9) 日本三大山城・高取城へ 帰りは飛鳥ルート① (2017.10.1.)

前回高取城跡、高取山(584m)に登ったのは2009年の冬、8年ぶりの高取山です。高取城はその山頂にある城跡。
日本の三大山城といわれているのは備中松山城、美濃岩村城そしてこの高取城です。一番標高が高いのは岩村城で721m、現存する最も高いお城が松山城で480m、そして比高、ふもとの高さとの差の一番大きなのが高取城です。岩村城は標高は高いのですが比高は150m、松山城は340m、高取城は390m。したがって登城するのに一番しんどいお城です。たぶん。

高取城の位置は飛鳥の南隣で登山道は飛鳥に抜けるコースもあります。
まずは近鉄で壷阪山駅へ。橿原神宮駅で乗り換え。阿部野橋から飛鳥、吉野へ行く線は近畿の私鉄では珍しく狭軌、そのため私の家からは直通電車はありません。

壷阪山駅からは歩きます。山頂(高取城跡)まで約2時間です。まずは城下の土佐街道を歩いてあとは一本道で城跡へ。


壷阪山駅


全部かかしです。
駅前から町屋のかかし巡りと大々的にうたっていました。
「???」と思っているとかかしというより等身大のかかし風の人形ですね。土佐街道沿いの民家や街路におびただしい数のかかしが展示されていました。


以前テレビで見たことがあります。人口がどんどん減っていくので寂しくないようにと代わりにおびただしい等身大の人形を作っていた寒村のことをやっていてちょっとした車での観光スポットになっていました。

それを連想させました。
帰りは飛鳥経由で近鉄飛鳥駅に出ましたが飛鳥でも案山子道と書かれて田んぼのあぜ道づたいにかかしが並んでいました。

観光運動なんでしょうかね。



高取城へのルートは
→ 高取町観光ガイド 

この日もよく歩きました。



高取城コンピュータグラフィック
高取城は明治まで建物が残っていて明治に取り壊されて今は石垣しかありません
今は石垣だけですが明治まで建築が残っていたので資料はたくさんあるようでCGを作ることができるようです。
→ 高取城CG (奈良産業大学)



明治20年頃の高取城の写真


つづく

 


土佐街道


さてここから登りになります


史跡高取城跡の碑。どんどん登ります


飛鳥に近いので猿石が・・・ 飛鳥に続く分岐点です。この道を行くと飛鳥。下山はこのルートを行きました。


もうすぐ本丸です




そこに本丸・・・


2017.10.05     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (10) 日本三大山城・高取城へ 帰りは飛鳥ルート②

《奈良帰省日記2017③》 (10) 日本三大山城・高取城へ 帰りは飛鳥ルート② (2017.10.1)

高取城と下山、飛鳥の写真です。

 


高取城跡




天守台




吉野山方面




下山
この飛鳥へ向かうルートは竹林がとても多い。






飛鳥・稲渕の棚田と案山子道
明日香村でも案山子道(かかしみち)と書かれて畦に並んでいました。創作案山子ですね、作者の名前も書かれていました。


二上山がきれいです


高松塚古墳。極彩色の壁画を持つ古墳


飛鳥駅に来るとまあたくさんの帰り支度の観光客。


高取城 おわり

2017.10.06     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (11) 日本で中国のネットショッピングとネットバンキング

《奈良帰省日記2017③》 日本で中国のネットショッピングとネットバンキング

中国は9月から新学年、陝西省・漢中の燕燕も高校三年生になって学校では大学受験のための猛特訓が始まり、10月の国慶節のゴールデンウィークも3日休んだだけで学校へ。ですが実際は1日だけ休み、あとは塾でした。来年6月の高考(大学入学共通試験)まであとひとがんばりです。

そんなわけで私が日本にいてもいろいろ要求されます。このまえは学校からこれから教材費とか必要になるので多くの出費を覚悟して欲しい・・との連絡。で、毎月の燕燕の生活費を急遽アップの処置・・
西安にも試験のためによく出かけて行きます。現在西安に行くのには片道4時間以上かかりますので日帰りでは無理、宿泊費などが必要になります。
ただ今年末(2017年12月26日)には西成高速鉄道が開通します。これは西安から成都をつなぐ新幹線で漢中を通ります。ですのでこれを使えば西安までは1時間ちょっとで行けるようになるはずなので日帰りができるかもしれません。しかも西安-漢中間はバスで行くより安い75元のチケット代、期待しましょう。


ネットバンキング
こんな出費は銀行のスマホアプリを使えば日本にいても彼女らの口座に振り込みができるのです。もちろんPCを使ってもOK。しかも振り込み手数料は無料。
以前たしか金額の大きい場合は登録電話番号へのSMSで第二のパスワードが送られてきてそれを入力しないと振り込みできなかったと思ったのですが・・今回試してみると・・USB盾というものを使えば大丈夫でした。
世の中便利になったものです。おかげで日本にいてものんびりできません。とほほ・・・


工商銀行のUSB盾。PCの場合USBポートに挿入。

PCで振り込み手続きをすると最終段階でUSB盾のディスプレイに振り込み概要が表示されてUSB盾のスイッチをON、ON、で振り込み完成です。

スマホアプリで使うときはプラグを出してイヤホンジャックに差し込みます。



ネット ショッピング
燕燕の学校の寮にはコンセントがありません。そして消灯時刻が過ぎると照明はOFF。でも彼女ら生徒にとっては勉強不足なことも多いので消灯時刻以後も学習をしたいためにそれぞれ充電タイプのLEDデスクスタンドを準備しています。週末家に帰ったときに充電してまた学校に持って行く、と言う段取り。
私も燕燕にUSB入力のスタンドとモバイルバッテリーの組み合わせを買って送りましたが、特殊形状のUSBコードが断線、現在コードをネットで手配中。

で、Aが言うのには、「漢中で買うスタンドは品質が悪いので私が買ったのはすぐ壊れた。他の生徒たちは予備を入れて2つのスタンドを寮に置いている」と。今、燕燕はスタンドが使えないので予備を借りているらしい。
で、私が送ったのは品質がいいので問題ないが、コードが悪くなることもあるのでもう一つ予備が欲しい・・とAからの連絡。漢中で買うと品質が悪いのでネットで買ってくれとのこと。

で、またまた ネットが登場します。送り先を漢中にして私が手配、支払いをします。支払いはネットバンキング。

淘宝で手配し、支払いを銀行のネットバンキングに指定すると中国の銀行のネットが現れて・・・中国の電話番号は使えないのでUSB盾を用いて支払い完了。


これって便利なんでしょうかねえ・・・

 

2017.10.10     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (12) 当麻寺(たいまでら)から二上山(にじょうざん)を登る①

《奈良帰省日記2017③》 (12) 当麻寺から二上山を登る① (2017.10.8)

高取山で二上山(にじょうざん)を見て久しぶりに登ってみようかな・・と言うことで二上山へ。
登山口へのルートはと・・・近鉄当麻寺(たいまでら)駅で降りて当麻寺へ、そこから二上山に登るルートにしました。雄岳(517m)と雌岳(474m)の双峰なので下山ルートは登った次第で、と言うことで出発です。

家を出るときから感じていたのですが当麻寺の駅を出て歩き始めるとなんか身体がだるい。あまり体調がよくないようです。まあ、今日は無理をせず、行けるところまででいいか・・・
当麻寺から二上山へのルートは初めてですがなかなかいいですね。何十年ぶりかで当麻寺に立ち寄ることもできましたし。駅は標高80mぐらいですので雄岳までは430mあまりの標高差。当麻寺に近くなってくると少しずつ上っています。


当麻寺(たいまでら)

当麻寺 後ろには二上山が控えます
当麻寺は用明天皇の皇子が612年、万法蔵院を建立したのが始まりとされていて当麻寺としての創建は681年のようです。

私が訪れたのはまだ学生の頃だったと思います。ですので何十年ぶりなんでしょうかね。塔巡礼の一環ですね。
東西双塔があるのですが形は違います。今、西塔が修理中のようです。共に国宝。




傘堂
当麻寺を出ると傘堂という珍しい建築があります。柱一本で瓦屋根を支えています。どうやら柱を地下に60cmほど押し込んでいるようです。
北側軒下には梵鐘がつり下げられていたとか。江戸時代の建造。
それにしても木材と言うのは強いですね。まあ、もともとは枝や葉っぱをあんなに高く持ち上げていたのですが・・




二上山(にじょうざん)へ
さて少し観光巡りをしたあと、登山道へ。迷うことはありません。木立で光の届かない山道ですが道なりに登っていけばよろしい。

雌岳山頂へ
視界のとおる第一の場所へ出ます。ここからまずは雌岳へ。ところがやっぱり身体がだるい。でもここまで来たら雄岳か雌岳に登らないと・・と言うことで無理をせずに。雌岳の頂上へは折り返しながら階段が続きます。初めて座り込んで休憩を取りながら進みました。普段は山頂に着くまでは座らないのですがしょうがないですね。15分あまり登って雌岳山頂へ。

雄岳山頂は狭いし展望もありませんが雌岳山頂は広く、展望がよいのでくつろげる場所。山頂の東は奈良県、西側は木立に遮られるところが多いですが大阪府が見渡せます。
ここは奈良県と大阪府の府県境、奈良県の案内と大阪府の案内が乱れてます。あとダイトレもあるし。

山頂でなにやら救助隊が駆けつけてきました。よく見るとベンチの上で人が仰向けに。治療が始まり点滴も・・心筋梗塞とか言う声が聞こえます。
私も体調が万全ではないので無理せず帰ろかな・・

ということで十分くつろいだあと下山のため「馬ノ背」へ。雄岳、雌岳の双山なのでその間の部分、鞍部です。と・・・「雄岳山頂0.6km」の案内板に誘われて雄岳も行くことに決断しました。やっぱり二上山に登ったら雄岳山頂の大津皇子のお墓にお参りしとかないとね。誘惑に弱いです。

雄岳にはこのようなトレールを10分ほど歩けば到着。昔は(数十年前)整備されていなくてむき出しの石ころ道とか崖のような道を滑りながら歩いたのですが楽になりました。

雄岳山頂では大津皇子の墓に参ってから下山。
50分たらずで二上神社、さらに10分あまりで近鉄二上神社口駅。そして帰宅。

体長不全でちょっと疲れましたがやっぱり山歩きはいいものです。


帰りの近鉄電車から見た二上山。雌岳と雄岳。









相撲の発祥地
ところで当麻あたりは相撲の発祥地と言われていて当麻(葛城市)や桜井、香芝市が主張しています。日本書紀に書かれているようです。

左ののぼり旗は裏返しになってますが「相撲発祥の地」と書かれています。隣は「相撲館」になっていました。

 

2017.10.11     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017③ 

   《奈良帰省日記2017③》 (13) 当麻寺(たいまでら)から二上山(にじょうざん)を登る②

《奈良帰省日記2017③》 (13) 当麻寺から二上山を登る② (2017.10.8)
当麻寺 門前の通り


当麻寺


東塔


二上山





二上山登山口への道から 奈良盆地、大和青垣を
すでに標高が高いかな・・


池にはヒドリガモとキンクロハジロ


二上山へ


雌岳山頂 救助隊・・


雌岳山頂


雌岳から奈良盆地


大和三山・畝傍山(うねびやま)


雄岳山頂 殺風景な神社。雌岳に比べてちょっと・・  100m東に大津皇子の墓


下山




帰りの近鉄電車から二上山を 雌岳(左)と雄岳(右)


二上山 おわり

2017.10.16     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   《陝西省・漢中》 漢中便り - 高校三年生になった燕燕の教室風景

漢中便り - 高校三年生になった燕燕の教室風景 (2017.10.16)

このところ雨が降ったりやんだりとうっとうしい天気、おまけに寒くなって・・・で外出がおっくうになっています。
中山に戻る日も近づいています。あと何度か外出したいですね。



漢中は雨が降り続いていて気温もかなり下がっているようで星星が 寒い寒いと言って電暖気机(电暖气桌子)が欲しいと・・・


日本人にはぴんと来ないと思いますが写真のような暖房机のようです。机の脚からも温風が出て足を温めるように見えますし机の上の手も温めるようです。
机上のタッチパネルを見るといろいろなところにヒーターがあるような感じ。
なかなかおもしろいものですね。日本だと電気ごたつ、と言ったものでしょうか。


燕燕の高校の教室風景
ところで燕燕も9月から高校三年生になりまして大学受験の為の勉強が最高潮です。漢中・進学校の三年生は生徒数1500人あまり、1クラス70人ほどで22クラスあります。
全寮制なので昼間の授業、夜の自習時間と生徒の日課が厳しく設定されています。


夜の教室での自習風景、冷暖房完備です。夕食後の自習も日課表に組み入れられています。夜は2時限の自習時間、19:00-20:40、それに20:50-22:30までの各100分。先生もやってきます。この写真は先生から父兄に送られてきたものです。 


すごいスローガンが書かれていますね。生徒にハッパをかけています。
「不苦不累 高三无味 不拼不搏 一生白活」
苦しまず疲れず高三悪成績、進学しないのは一生つまらない、と言う意味のようですね。

来年6月の高考(大学共通試験)まであと8ヶ月、健康で頑張って欲しいと願うばかりです。
燕燕も高校に入ってめがねをかけ始めさらに進行しているようですが写真を見るとめがねをかけている人がいっぱい。複雑な気持ちです。

 



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by