( 1 記事  1 ページ )

2017.08.12     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   《陝西省・漢中》 二度目の漢中へ (7) 中山へ またまたハプニング、大騒動の飛行機遅れ

二度目の漢中へ (7) 中山へ またまたハプニング (2017.8.10)

さて9日に予定していた80kmほど離れた森林公園へみんなでミニ旅行するはずだったのが地震騒動でちょっと怖いというので中止となりました。で外食と買い物に変わりました。

中山へ
そしていよいよ中山に帰る日となりました。
西安の空港行きのバス、その場でチケットが買えると思っていたら前もって買っておかないとなくなるみたいで・・・
朝起きてバスの時刻確認のためタブレット(漢中に来て次の日に修理しました)でネットを調べてみると・・・
予定していた12時のバスが売り切れ・・・13時も売り切れ・・やばい。11時が残っている模様で大急ぎで用意してバスターミナルに。どうやら切符がまだ残っていたのでめでたしです。おかげで飛行機時刻の3時間半前に空港に到着予定となり時間をもてあましそう。

バスに乗り込みます。14時半、3時間半走ってあと1時間となったとき音楽を聞きオセロをしていると・・・あるSMSが入ってきました。「尊敬的XXXX旅客・・・」乗る予定の飛行機の東方航空からでした。「『流控』の影響で飛行機は出発が1時間遅れる、もし飛行機を変更、キャンセルする場合は無料で処理しますのでこちらのページへ・・・」との内容。

さて困りましたねえ。午後8時の出発だと広州10時50分頃着、中山行きの最終バス11時30分に間に合いますが1時間遅れでちゃんと出発できるのかどうか疑問です。
この漢中から西安空港へのバスは110元程度、日を改めると往復分220元の費用がよけいにかかりますし、うまく次に便がとれなければビザが切れて・・・

ネットでもいろいろ調べまして遅れた飛行機に乗り万一の場合はタクシーという結論に。ネットによるとタクシー代は300、とか400と書いていました。(でもこれは間違いでした)

西安・咸陽空港
さて空港バスは定刻の15時半に西安の空港に到着。時間が十分あるので空港の外に出て撮影。ただ暑い!!!
西安は2001年に観光で来たのですがそのときの空港はどんなだったかまるっきり覚えていません。その前年に10日間の有休を取って旅行した杭州の空港は写真も残っていて覚えているのですが・・・
杭州は一人旅だったのでよく覚えているのかも。







1階


2階チェックインカウンター


広いように見えてそんなに大きくない西安の咸陽空港、少し見学すれば見るところもなくなってしまいます。まあ、まだまだ工事中ですし、もっと大きくなるのでしょうが。
椅子に腰掛けていると向かいの小さな子供の「爷爷!」と言う叫び声が星星のものみたいでつい反応してしまいそうになります。

案内板を見るとチェックインが始まった様子。自動チェックイン機ばかりで殿が人のいるチェックインカウンターなのか・・・あちこちうろうろしてやっとチェックイン。
チェックインしてのんびりするのも手持ちぶさた、とりあえずあのうっとうしい安全検査を受けてゲートに行きましょうかね。こちらはおそらくテロを気にしているのでしょうね、とっても厳重な検査で毎回ストレスがたまります。
検査を終えゲートに行って時間をつぶします・・・

で、搭乗口へ行ってわい確認・・東方航空の便は軒並み遅れています。中には取りやめになった便も・・・
私の乗る予定の便も どうやら出発時刻がまた延びた様子・・20:30となっています。
SMSも入ってきました。「さらに変更がでたのでメールをチェックしろ」と。
EmailをチェックするとC-tripから。変更後の出発時刻は20:30で到着予定は22:56だと・・・
なんか嘘くさいですね。オリジナルの時刻は19:00-21:55でした。2時間55分かかっています。変更後は2時間26分。広州からタクシーかな・・・
C-tripは日本語のページがあって今回は日本語で予約していたのでEmailは全部日本語できました。これが小さな小さな慰め。

東方航空の飛行機はたくさんあるのですが・・・


やっと搭乗、でも・・
搭乗は20時30分から始まりました。でもなかなか出発しません。もうだめでしょう。広州に着くまで時計を見るのをやめてのんびり行きましょうかね。それにしてもいっぱいの人。キャンセルした人はいなかったのでしょうかね。
結局広州には23:50に到着。最終23:30の中山行きバスには乗れませんでした。

結局タクシーで中山へ
地図アプリで確認しながらタクシーに乗りチェックしていて思い出しました。地図アプリでタクシーの大まかな料金が表示されることを。で、広州白雲空港から私のマンションまでを見ると・・・
127.7km、タクシー料金は高速料金なども含めて457元だと。
結果はほぼその通りでした。読みが甘かった。
まあ、日本のタクシーからすると130kmの道のりで高速料金込み8000円程度というのは破格の価格でしょうがこの次日本に帰省する時のLCC、HKエクスプレスの香港--関空便の方がこれより安いのですから・・・


反省と検討
これを振り返って考えてみると検討が足りなかったですね。あんなに早く空港に着くのですから漢中から西安のバスに乗っている間に東方航空のチケットをキャンセルして他会社の代替線を見つけられなかったか・・・というのは思いました。飛行機の出発が1時間遅れる、と言うメールが来たとき、こ1時間ですまないだろうなと感じていたので・・・

いずれにしろ経験がなければいろんな対策も不安がじゃまをするわけで・・・結局のところ面倒。
まあ、時間的に十分余裕のある予定を組むのが一番でしょうかね。
中山到着は午前2時、疲れました。


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by