( 1 記事  1 ページ )

2017.08.09     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   《陝西省・漢中》 二度目の漢中へ (6) 彼らの旧居付近と学校

二度目の漢中へ (6) 彼らの旧居付近と学校 (2017.8.6)


星星はテコンドーの服を着て練習に、燕燕は塾へ。
燕燕は塾、星星はテコンドーの練習というのでこの時間を利用して行ってみたいと思っていた以前彼らが住んでいた所と燕燕と星星が通っていた学校へ一人でバスに乗っていくことにしました。

燕燕と星星はAが大阪のおかあちゃんのように電動自転車の前、後ろに乗せて送っていきました。

燕燕が通っていた中学校は鋪鎮中学校です。あと、星星の小学校の名前と住んでいた地方を聞いて地図アプリで調べて出かけました。

バスは115番。前回(2014年)来たときに比べてバスもきれいになってます。中国もだんだん田舎がなくなっていくのでしょうかね。あとは漢中通とかのICカードを作って欲しいですね。毎回バスで現金を払うのが面倒です。カードなら割引もあるでしょうし。

彼らのいた鋪鎮は今のマンションから12km。ほんの12kmですがそんなに都会ではないこの町、十分田舎の雰囲気です。以前香港に住んでいた時、仕事の関係で深圳の田舎の方のアパートに住んだことがありますのでその雰囲気の家屋を想像してたのですが想像よりも雰囲気はよろしい。なんか清潔感のある田舎です。

 


適当なところでバスを降り歩きます。鋪鎮にでました。それにしても暑い。


すぐに見つかりました、燕燕のいた中学です。全寮制。懐かしい。
懐かしいと言っても見るのは初めてです。燕燕とのメールで名前はよく知っていましたので・・


鋪鎮初中。中学は初級中学と高級中学があります。初中は中学校、高中は高校。




このあたりに彼らは住んでいたとのこと。
赤い屋根がアパートのようでこういう所に住んでいたと。きれいな感じなのですが中は汚いとか・・・
いずれにしても想像していたよりもいい観じ。






星星の小学校も見つけました。引っ越し前まで通っていました


近くにはキリスト教の教会らしきものも・・・




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by