( 1 記事  1 ページ )

2017.04.05     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2017-2 

   《奈良帰省日記2017(2)》 春ですね 郡山城の桜はあと少しで満開

《奈良帰省日記2017(2)- 16 》 春ですね 郡山城の桜はあと少しで満開 (2017.4.4)

小学校の同窓生たちとお城まつりの郡山城へ桜の見物、そのあとイオンモールで食事をしました。
4月も4日だというのに桜がなかなか満開になりませんがそれでもいい陽気。


石垣になったお地蔵さんです。
頭を奥にして下向になっています。
郡山城は豊臣秀長の築城時、石垣にお地蔵さんとか多くの転用石材を使いましたのでその供養のために大きな数珠を作ったのが始まりのようです。石垣を見ていくとあちこちに転用石材を見つけることができます。



天守台は4年をかけて発掘調査と整備がされ展望台として整備されました。発掘調査では金箔瓦が出土して豊臣時代の天守閣のあったことが証明されました。
天守台からの展望は奈良盆地が一望。奈良若草山から興福寺、大仏殿が見えますが、大仏殿は野球ネットか、ゴルフネットとかにじゃまをされているのが残念。
薬師寺は近くに見えます。

 







桜は咲き始め






山の木の生えていないところは若草山。山のふもとに大仏殿、興福寺が見えます。


薬師寺がよく見えます。東塔は現在解体修理中。しばらくは西塔だけ。


近鉄線路越しに


ひよどり




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by