( 1 記事  1 ページ )

2012.10.25     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2012 

   《奈良帰省日記2012》 (18) 深圳へ - 重い荷物に汗だく (2012.10.24)



《奈良帰省日記2012》 (18) 深圳へ - 重い荷物に汗だく (2012.10.24)

今回は少し長く奈良に滞在しましたので少し名残も多くなったようです。
まあ長いといえどいろいろな「仕事」があったわけで予定を少し変更、ブログで知り合った人たちとも会い充実していました。
来年は1ヶ月ぐらいにして奈良をじっくり歩いてみるかな。健康診断ももう少し充実させたいし。

重たい手荷物
深圳航空の手荷物の重量制限が20kgから30kgに変更されたのでいろいろ買いそろえさあ出発・・・
うわっ 重!大きい鞄を買ったにもかかわらず鞄の上に馬乗りになって鍵ロック。動かそうとするとひじょーに重い。30kg以内に収まっているのだろうか。
JRの駅まで鞄をごろごろ。20kgの時は何とも思わなかったのに、まあめっちゃ重たい。
駅はエスカレーターやエレベーターが充実しているので大きな問題もなく関空へ。チェックインで荷物を載せてみると28.2kgの表示。ほっとはしたものの28kgでこれだけ重いとは。荷物が30kgに制限UPされても実際持ち運ぶにはかなりの難があるでしょうから荷物の重量制限がなくてもいいのでは?と思うぐらいでした。

深圳空港の永ーく壊れているエスカレーター
中間空港の福州で携帯電話をONに。深圳の天気予報が入ってきました。明日の深圳は23℃から31℃だと。
そして深圳空港に到着。イミグレを通って地下鉄へ。
途中の陸橋への階段。段数は少しですが・・・え・・まだ壊れている?かなり前から、おそらく去年の帰省の時も動いていなかったはず・・まだ動いていませんでした。ならばエレベーターは・・なし。
イケメンの男性が壊れているエスカレーターに八つ当たり。
次のエスカレーターも壊れていましたがここはエレベーターがありました。イケメンの彼もエレベーターに乗ってきて二人きり。彼は私に
「あのエスカレーターは半年も壊れている。不思議だ(奇怪)」と。
「知ってる知ってる。ほんとに不思議」と私。

いろいろありながらも午後10時、わが家に戻ってきました。ああしんど。来年は荷物の重量をよく考えなければ。

 


関西空港


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by