( 2 記事  1 ページ )

2012.10.04     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2012 

   《奈良帰省日記2012》 (1) 大阪へ 奈良へ(2012.10.3)

関空 peachフロア

奈良帰省日記2012 (1) 奈良へ

深圳航空で
今回も、たぶんpeachの影響で大幅に値段の下がった深圳航空で深圳から福州を経て関空へ。
いつものように深圳から福州までの国内路線分は満員。いつものように福州からの国際路線はすいているかな、と思いきや、今までにない盛況ぶり。国慶節の盛況なんでしょうか?ほとんど満員。しかも中国人が多い。なんかニュースと雰囲気が違います。地域性なんでしょうかね。

機内食も少しよくなっていました。国内線分と国際線分、2回出てくるのでちょっと多い。お腹一杯。
食後に緑茶がほしいなと思い「りーちゃー」と言ったのですがCAにうまく伝わらない。「?」きょとんとする彼女に私の隣の席の2人が声を揃えて「緑茶!」と中国人の発音で言ってくれました。ちょっとびっくりしながらもにこっ。
でも今回の中国語の発音は緑と茶の鳥らの発音が悪かったのかな・・・
緑茶はピンインでlǜ chá、スーパーで「茶葉」と言っても通じにくかったこともあったしバスでも前にCHの発音で躓いているのでこちらかなと思うのですが緑も少しややこしい発音です。ドイツ語のǜと同じ発音みたいな気がしているのでそのように発音しているのですが・・どっちなんでしょうか、それとも両方?


久しぶりの関空
電車の駅の反対側にホテルとともにpeachのフロアができていました。窓から海が見えそうなのにつられて歩いていくと係員に「peachにご用でしょうか」と声をかけられてしまいました。すんまへん。
まだpeach専用の棟は完成してないのでしょうかね。

 

2012.10.04     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2012 

   《奈良帰省日記2012》 (2) いつものように市役所へ(2012.10.04)

私の田舎風景 葛城山と雲をかぶった金剛山を遠景に

《奈良帰省日記2012》 (2) いつものように市役所へ(2012.10.04)

去年びっくりするほどの鳥がいた家の裏の池に行ってみました。
ショック・・・これまでの大雨の影響でしょうか、池には水がたっぷり(防火用水)になっていました。おかげで浅瀬はなくなり「えさ場が消えて鳥は全くいませんでした。がっくり・・・でもこんなちょっとしたことで環境ががらっと変わってしまうのですね。

市役所へ
まずは国民健康保険証の再発行。4月ぐらいに今年度分の保険証が郵送されているはずなのですが見あたらないので再発行。
さらに日本での所得が0なので保険料が安くなります。これも6月ぐらいに所得申請のはがきが届いているはずなのですが返事を出せないため遅ればせながら申請を。その結果過剰徴収による払い戻しがあります。ふつうの保険料は年7万いくらで収入がない場合は2万9000円になります。
で払い戻しを。ふつうは何週間かかかるのだそうですが今年も事情を説明して即金で。あと」健康診断をするための案内を受けました。市が補助を出して健康診断ができます。以前よく行っていた市民病院はいつも予約で一杯のため違う所の情報を仕入れました。

墓参り
そして墓参り。私はけっこう縛られるのを苦痛としていて、何とかはいついつに・・墓参りはお彼岸に・・とか限定されるのを不得意とします・・
まあなくなった親(父)のことなら1年に数回は思い出すことがありますからそのときに何度でも行けばいいではないか、みたいな。要するに自由気ままでしょうかね。
神道なので色花はなぜか供えられません。榊を買ってお参り。少し掃除をして亡き父と。

金剛山、葛城山が近くにくっきり
墓参りにあとは山よりに散歩しながら帰ります。途中裏山の矢田丘陵、それに続く金剛山系の山々、信貴山、二上山から葛城山、金剛山が意外に近くにくっきり見えてちょっとびっくり。
それにしても日本の風景は電柱がじゃまになりますね。原発事故から電力会社の実態がよくわかりましたがやっぱり発電、送電を分離しないのも一つの原因でしょうかね。たとえばもし送電を自治体でも担当していれば地下に送電線を入れるのは比較的容易なのではないかと。

健康診断予約
家の近くの病院に寄ってみました。健康診断の予約。意外だったのは予約なしで大丈夫だとのこと。おまけに市民病院では結果は2週間後、と言われていたのが1週間ぐらいで結果がわかりますとのこと。すんなりいきすぎてずっこけるほどでした。まあ実際は血液検査など1時間もたたずに結果がわかるはずなのですが(病気で検査したときはすぐ結果が出ますから)、それはそれいろいろ事情があるのでしょう。

と言うことで明日は朝は病院、昼は免許更新としますかね。
適度な散歩になりました。1万3000歩。

 


道ばたに


郡山城跡に芙蓉の花


裏山を見ながら散歩。ここにも芙蓉の花


家の近くに戻って大納言塚。 豊臣秀吉の異父弟、秀長の塚です。和泉、紀伊、大和百万石で郡山城主でした


とある池に鳰(カイツブリ)




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by