( 26 記事  3 ページ )
► 次のページへ

2008.09.01     カテゴリ:  名所旧跡 

   深セン 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)


深圳 南山区赤湾探訪 左炮台へ(2)
2008年 09月 01日


左炮台














砲台がにらんでいた海も今は石油基地


アヘン戦争の雄、林則徐の像


入り口にあった「愛国主義教育基地」はこの林則徐のことを指しているので しょう。









まだ他にもあるかと少し行ってみましたが何もなく・・・


左炮台路を通って次の目的地に向かいます




小南山


2008.09.02     カテゴリ:  深圳地下鉄建設 

   深セン地下鉄建設記-地下鉄2号東延線から(8) 景田駅


深圳地下鉄建設記 - 地下鉄2号東延線から  景田駅(景田站)
2008年 09月 02日


深圳地下鉄建設記

景田駅
当初の名称「景田北」が「景田」に変更されました。
将来地下鉄9号線の乗換駅となり、上り下りのホームが分かれます。総建築面積16900㎡。

蓮花山公園の西端近く、少しずつ市中心部に近づいてきました。


全路線図  地下鉄2号線 



蓮花路 景新花園付近 きれいな街路樹だったのですがここも撤去






新築マンションもできています


ここも街路樹撤去




後に蓮花山公園の木々が美しく・・


ここから蓮花山公園につづきます


ショベルカーはKATO。ショベルカーは日本製以外見たことありません。


こんな中でも結婚式はあります


2008年9月撮影

2008.09.03     カテゴリ:  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【29】 2008年3月 春節1ヶ月間の休み


深圳新マンション建設物語 【29】 2008年3月 春節1ヶ月間の休み

2008年は2月7日がお正月。で、順調だった建設工事も2月は建設現場に人がいませんでした。出稼ぎの人たちも全部故郷 に帰ったのでしょう。
ふと思うのは出稼ぎの人たち、いい生活を夢見て立派なマンションを造る彼らにはこういうマンションを手に入れることができるのでしょうか・・・



建設現場付近を歩いてみました。(2008.3.24撮影)



本道は高架上、これは側道と言うことになるのでしょうか・・


歩道も作られ、街路樹植えられて


まだ工事の名残りが


一足お先にできたご近所の新築マンション


振り返れば建設中の僑香村マンション




ここもまだ時間がかかるかな・・


街路樹と共に植えられた草木も花が咲きました


木にはスズメたち


2008.09.04     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【84】 阿彪 (2006.1.3) / 深圳暫住証から居住証へ


深圳新生活日記 【84】 2006年1月3日 阿彪

今日も空気は蒙蒙、透明感がない。
今日は中国人・阿彪が家族でこちらを訪問するとのこと。
阿彪から午後3時半頃、電話がかかる。4時にこちらに着くと。
大幅に遅れて5時過ぎにやってきた。子供はかわいい。もう3才とのこと。物おじすることもない。鉄観音をおみやげにもらう。

深南路の南側へ彼らと食事に行く。通天閣、招商銀行大厦は深南大道の北側だが、南側に行くと町も古く庶民的な店屋が非常に多くて便利。東北料理を選ぶ。
彼は今の仕事の先が見えてきて心配している。彼は南山に新築マンションを買っているが、そのときのローンはすでに返却したと言うので問題なかろう。万一のことがあったら今ほどの給料は無理にしてもそこそこの給料なら再就職先はあるだろう。

食事はおとな3人子供一人で120元程度。阿彪が支払うと言ってきかなかった。


阿彪は東北出身、すでに深圳の戸籍を持っています。私たち外人にはぴんと来ないのですが、深圳の戸籍があるのとないのとではけっこうな違いがあるようです。
深圳の人口は1400万人を突破したらしいのですが戸籍を持っている人は200万人あまりしかいないという中国随一の特殊性があります。深圳に戸籍を持たない人は暫住証というものを持って働いています。
外人で言えばワーキングビザというところでしょうか。ただ戸籍がないと子供の学校の授業料など2倍ほど必要らしいのです。ちょっと驚きです。
以前には深圳戸籍を取るために本人と会社で必要なお金(数万元)を分担したという話も聞きました。

そして・・・
2008年8月1日から深圳市が居住証制度になりました。

詳しいことはわかりませんが、これは暫住証より「戸籍」に近づいたことのようです。少しずつ改善されていくのでしょうか。


世界之窗と深圳湾大橋 (2008.9.撮影)


2008.09.05     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【85】 電動歯ブラシ (2006.1.5)


深圳新生活日記 【85】 2006年1月5日 電動歯ブラシ

香港へ。
BRAUNの充電電動歯ブラシを買う。249HKD。他にうどん、ひげそりの歯などを買って帰る。
ネットで電動歯ブラシを調べてみると香港より日本の方が安い。ショック。ブラウンは日本でも製造しているのかな・・・

以前、試しに電池式のブラウン電動歯ブラシを香港で買ってみたのですが (99香港ドル)、半信半疑で使用してみると歯がツルツルのピッカピカになってその効果にびっくりしました。しばらく使ってみて電池式は面倒なので充電式のものを購入しました。

SAM'S CLUBなど中国の店でもあったのですが、輸入品だと値段が非常に高い上、種類が少ないと感じて香港に買いに行きました。




宝安区石岩・羊台山登山道で 鶏も登山? (2008.9.撮影)


2008.09.07     カテゴリ:  生活 

   《深圳生活》  深圳で浅漬け作りに挑戦

【食】深圳で浅漬け作りに挑戦

深圳生活 浅漬け


4月の帰省の時、日本のスーパーで「浅漬けの素」というタレを見つけ、ふと深圳で作ってみようと思って買いました。500cc入りで250円程度だったと思います。

そして深圳、「浅漬けの素」の説明書きのように材料を揃えます。困ったのがファスナー付きのポリ袋。
深圳のJUSCOへ行きゴミ袋、サランラップなどが並ぶコーナーでじっくり見てみます。なかなか見つからないでいると、そばにいた店員の小姐が



「何を探してますか?」
さあどう説明すればいいものか・・・
「・・・」
「これでしょう?」
と言って見せてくれたのがまさしくファスナー付きのポリ袋。
「!!」

全く絶句です。どうしてわかったのかなあ。

ほんとうにこちらの店員にはびっくりすることが多いのです。
以前同じJUSCOでタマゴを買う時に店員の小姐、おそらくキャンペーンで薦めるタマゴがあったのでしょう、あるメーカーのタマゴを薦めてきました。ところが製造日が古かったのでダメと断りました。
そしてある時タマゴを買おうとすると店員がよってきて「新しいタマゴがある」と指さしました。製造日は昨日の日付、すぐに買いました。
この時の小姐の顔、私は覚えていませんでしたがおそらく彼女は私のことを覚えていたのでしょうね。

まあ、こういう類の話はいくらでもあります。ちゃんと仕事をしているという感じですね。


試作と試食


と言うわけでなすびとキュウリを買い、材料をそろえてまず試作。
ただこちらのなすびとキュウリ、日本のに比べるとめちゃでかいのです。

お値段はキュウリが高い! 500g4元(60円)ぐらいしました。キャベツの2倍以上の値段。なすびはキュウリの比べるとめちゃ安。キュウリの1/3程度。

なすびとキュウリを斜め切りにして1本ずつファスナー付きポリ袋に入れて「浅漬けの素」に沈め、空気をよく抜いてファスナーを締めて冷蔵庫へ。
そして数時間後、ちょっとつまみ食い。
「・・・」
「うまっ!」
めちゃおいしい。どんどん食が進みます。野沢菜を食べた時みたいに、時々冷蔵庫を開けてはつまみ食い。
こんなおいしくできるものとは思いませんでした。あっという間に500ccの「浅漬けの素」はなくなってしまいました。



「浅漬けの素」を自分で作る

すぐに「浅漬けの素」のタレがなくなってしまいましたが深圳や香港のJUSCOにもこのタレを売っています。で、さっそくJUSCOへ。
「!」
うーん、高い、25元(400円)
と言うわけで小気(けち)な私は自分で作れないものかと、ネットで調べてみるとたくさんたくさんヒットしました。
そして結論として「何を入れてもいいのか・・」と思い、自分で適当にタレを調合してみることに。


塩、醤油(ヒガシマル薄口)、酢(中国の一般的な醤油色をした酢)、唐辛子、だしの素などを適当に調合、水を加えてほとんど無料に近いお値段で300ccほどの特製「浅漬けの素」ができあがりました。
これになすびとキュウリ1個ずつを1つのポリ袋に入れしっかり空気を抜いて冷蔵庫で一晩漬けておきました。

そして翌日試食・・・
「・・・」
「うまっ!」

いくつかバリエーションを換えてタレを作ってみましたがどれもうまい。最悪でもちゃんと食べられる味でした。
実に簡単にうまいタレができるものだと感激でした。

キュウリは高いものの安く簡単に試作できますので、外国にいて漬け物が恋しくなる時、作ってみてくださいね。
超おすすめです。

 

2008.09.08     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (1) 南側の展望・深圳西部と南山 | 2008.09 |


深圳の展望台 【5】 南山区塘朗山 (1) 南側の展望・深圳西部と南山 | 2008.09 |

塘朗山第一の展望スペースから桃源村

(2008.9.)



塘朗山


(2008.3.18)
福田区との区境に近いところにある塘朗山は標高430m、近年住宅建設が盛んで人口の急増に合わせて最近登山道が整備されたようです。
私が最初に登った2008年3月時点では登山道の整備中でした。おそらくもとあった登山道を整備しただけだと思いますが。

私が最初に桃源村を訪れたのは2004年5月。この頃は古い小さな団地が少しあるだけで、路線バスもまばら。ところがそれからしばらくして大規模なマンション建設が休みなく行われて現在は大きな街となり路線バスもひっきりなしに通るようになりました。現在も大型マンション建設は続いています。マンションの各部屋は小さめで庶民の町作りというところ。


2004.9
桃源村





この写真は2004年9月の桃源村。塘朗山はこの山の裏側にそびえます。
この頃の写真を拡大してみるとこの山の山頂に向かう道路が見えますので山頂への車道はこの頃からあったようです。


塘朗山
塘朗山公園は塘朗山を中心としていて、小さな嶺をいくつか越えると福田区の梅林山公園につながります。






地図 →  地図塘朗山 
アクセスは バス・桃源村下車 →  バス桃源村 

塘朗山公園龍珠門から荔雲登山道で10分あまりで第一の展望スペース、さらに40分ほどで山頂へ
山頂近くまで車で行くことも可能。下車後5分ちょっと登ると山頂



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。4200ピクセル)



塘朗山頂のアンテナ


深圳・秋の雲



地王大厦と賽格広場


おなじみ香港大帽山と紅樹林(マングローブ)


南山区桃源のまだまだ続くマンション建設と深圳湾と香港


変貌した桃源 右上に世界之窗のエッフェル塔が見えます


深圳湾大橋と世界之窗と香港の山々


大南山と小南山


そろそろ夕餉


2008年9月撮影
つづく

2008.09.08     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (3) 夕景から黄昏 | 2008.09 |


深圳の展望台 【5】 南山区桃源 塘朗山 (3) 夕景から黄昏 | 2008.09 |

夕日に映える南山・前海とトンボ (2008.9.)



塘朗山の夕景です。いろいろな日の夕景


(2008.8.-1)
















(2008.8.-2)


(2008.9.)












2008年9月撮影
「塘朗山」 おわり

2008.09.09     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  深圳の展望台 

   深圳の展望台2008 【5】 南山区 塘朗山 (2) 北面の展望 | 2008.09 |


深圳の展望台 【5】 南山区 塘朗山 (2) 北面の展望 | 2008.09 |

塘朗山頂北面 パラボラアンテナの残骸?




塘朗山は360度近い展望があります。南面は一般的な深圳の展望、北面は経済特区外に続く北の展望。そして深圳北西部の高峰、宝安区と南山区の区境にある 羊台山587mを近くに望めます。



パノラマ展望 (クリックすると大きくなります。1200ピクセル)



北側でも建設工事は盛ん 地下鉄5号線の建設




地下鉄5号線工事


道路と地下鉄工事


一番高い山が羊台山(587m) 
羊台山をバックに西麗湖(西麗水庫、貯水湖)、野生動物園、西麗ゴルフ場と続きます


平湖と南山を結ぶ平南鉄路


平南鉄路を走る


はるか東を見ると梧桐山(かすれてます)


北西には西麗湖(西麗水庫)


(2008.6.撮影)


西麗湖に続いて鉄崗水庫が続きます。鉄崗水庫奥には鳳凰山最高峰の大茅山(376m)


塘朗山登山道


登山道付近から桃源を


2008年9月撮影
さらにつづきます

2008.09.11     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【86】 電動ディスペンサー (2006.1.14)/マイカー族になった中国人


深圳新生活日記 【86】 2006年1月14日 電動ディスペンサー

近くの内装材料店「好又美」へ。電動ディスペンサー、風呂用の鏡、それに台所の整理のため、鍋をつり下げるように金具を買う。
久しぶりに順電を覗く。鍋を買おうとしたがいいのがなく買わなかった。JUSCOでも見てみよう。
運動のため、好又美、順電へ歩く。
明日はNと香港へ。

7,900歩

風呂場も少しずつ充実

電動ディスペンサー。手を下にかざすと1階分の手洗い石けんが出てきま す。



マイカー族になった中国人

2008年9月の今日、かつての同僚、中国人と日本人と食事を共にしました。
中国人の彼は今年1月にマイカー族に仲間入りしたというので食事のあと車を駐車場へ見に行きました。
中国製で保険やら税金やらを含めて全部で8万5000元かかった模様。まあ、まだ若いし少し無理してでも車を運転したいのでしょうね。

ナビも持っていました。私をマンションまで送ると言いナビを実演。音声付きでちゃんとマンションに着きました。立派なもんでした。
ナビは700元(1万円)で買ったそうです。




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by