( 27 記事  3 ページ )
► 次のページへ

2008.07.01     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(189) 税金支払い奮闘記(2) Very麻煩 - 香港税務署 (1998.3.4)

【189】  1998年3月4日(水)  税金支払い奮闘記(2) Very麻煩 - 香港税務署

再び税務署へ。今日は一人だ。
午後2時のアポ(予約)に間に合うよう税務署にでかける。
まず24階へ。少し待つと昨日の小姐が顔を見せる。税金の勘定書を受け取り2階へ。
一つ問題が持ち上がる。EPS(キャッシュカード振り込み)での支払い可能金額は最高5万香港ドル。税金額が多いのでEPSではできないと言う。ただし、初年分の支払いは可能。したがって初年度分だけ支払い、とりあえず領収書を取りに7階へ。

2つ(2年分)まとめて支払って欲しいと言われる。どうすればいいか聞く。まず銀行へ行ってCash orderをしろという。
Cash orderがよくわからない。銀行発行の小切手のようなものらしい。とりあえず、近くのHongkong Bankの場所を聞き、銀行へでかける。
退職した会社の日本語のできる香港人、Ms.Oに電話してCash orderの意味を聞く。

銀行窓口で「Cash order please」と言う。35ドルの手数料が必要らしい。しょうがない、OKする。10分待つことなくできあがる。
再び税務署の2階へ支払いに行く。「閉店」時刻の4時までに間に合った。再び7階へ。さっきの小姐。僕の顔を見て「好了」と言う。さっきは英語だったが今度は北京語になっている。僕の英語力よりも北京語がましと言うことだろうか。すぐに手続きをしてくれて番号札を受け取る。
別の兄ちゃんの「Twelve!」と言う声に窓口へ。領収書を受け取る。
これで気の重い仕事が一つ終わった。

夜、日本のMから電話。
久しぶりだ。辞職の話をする。彼も辞職するつもりだということで求職情報がすぐ飛び出す。香港での話もあるらしくあとでHにFAXを送ると言う。
長い電話となる。一旦電話を切りこちらからかけ直す。1時間半ぐらいの電話だった。


ビクトリアピークからの香港 (2000.3.撮影)



EPSとは、銀行のキャッシュカードで振り込みをする支払い方法で即時振り込まれますので現金扱いです。支払い方法は他に小切手でもいいのですが、小切手だと銀行のチェックが入り税務署の現金受取が数日遅れるため、領収書の発行も遅れます。この時は1回で決めたかったので現金払いを希望したため、やっかいなことになってしまいました。
Cash orderは銀行が発行する小切手で現金扱いです。結婚のお祝いとかに多く利用されるようでデザインにはいろいろなバリエーションがありました。


私はいつものようによれよれジーンズ姿で行きましたが・・・
その格好からかそんなに愛想のよくない係員、書類の税額を見たとたん明らかに態度が変わり愛想がよくなりました。
そんなに多い給料ではないのですが、まじめに払うとけっこうな税額になるようです。「あなたに関係ないでしょう?」と言いたいような。ちょっと不思議な反応でした。


日本への電話代、調べてみると・・・
ありました。0060、Hongkong TelecomのIP電話で電話しています。53.2分 212.27香港ドル、3000円あまりというところでしょうか。

2008.07.02     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(190) かつての同僚と出会う - Pasonaを知る (1998.3.5)

【190】  1998年3月5日(木)  かつての同僚と出会う - Pasonaを知る

友人が日本へ一時帰国する。
たまには見送りと言うことで今日初めて見送りに空港へ行くことにした。
12時頃、彼から電話がある。タクシーで空港へ。
二階の中華料理屋で共に食事をしたあとセルフサービスの店でコーヒーを飲む。
彼は4時の便、2時頃別れる。
シャトルバスに乗ってみることにした。香港島の銅鑼湾(コースウエイベイ)まで買う。

適当なところでバスを降りて歩き始める。
ふと見たような顔とすれ違う。退職した会社の同僚の日本人女性だった。
喫茶店に誘って話をする。
彼女は太古に住んでいて去年の10月からプーをやっているらしい。
リクルート会社のパソナがこの近くにあるそうで今日はそこへ寄ってきたと言う。何か楽な仕事を探しているという。
でも4ヶ月、どういう生活をしているのだろう。観光している風でもないし。彼女は広東語もできるしそれなりにあるのだろう。
(写真はPasonaの登録票)



おそらくこの時初めてパソナを知ったと思います。後日、登録に行きました。でも技術系の求人話はありませんでした。
担当者も「技術系の人は何か他に情報網を持っているみたいで・・・」と。

2008.07.03     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【66】 香港の携帯電話の充値/香港と中国両用の携帯電話カード (2005.11.18)


深圳新生活日記 【66】 2005年11月18日 香港の携帯電話の充値

香港へ。電話の期限が迫っているので充値するため。
「I want to recharge...」100HKDを払って手続きを全部やってもらう。これであと半年間、香港の携帯電話をキープできる。

電動歯ブラシの換えブラシを買おうとして唖然。恐ろしく高い。70HKDで1セット買ったのに換えブラシが4つで140HKD、1つならば45HKD。ちょっと..冗談みたい・・・買うのをやめる。
スーパー「Welcome」で買い物をして帰る。

6時頃、深圳・皇崗から325のバスで帰る。渋滞続き。いつもの倍の時間がかかる。

11,000歩


香港と中国両用の携帯電話SIMカード

香港にいる時はSIMカードを香港のものと中国のものの2枚買ってイミグレ付近で携帯電話のSIMカードを交換していました。
深圳に引っ越してからは香港のカードを電話番号を変えずにプリペイドカードに変更して継続して使用していました。
半年に一度、100香港ドルの充値をしなければなりません。この日はそのための充値です。

始めは安いものだと思っていたのですが、香港で電話をそんなに使うわけでなくいつもほとんどお金が残ったままなのであまり継続して使うメリットを感じなくなりました。で、その後、香港の携帯電話はやめてしまいました。

でもたまに香港で待ち合わせとかいうことになるとやっぱり不便なので現在 は「如意中港通」という一卡两号、1枚のカードに中国と香港の電話番号が入ったSIMカードを購入しています。
これは香港のイミグレを越えると自動的に電話番号が中国と香港に入れ替わりますのでSIMカードを交換する手間が省けるのと、交互にローミングをやってくれますので中国にいても香港にかかってきた電話を受けることもできますし、携帯メールもローミングされますのでけっこう便利です。

カードは香港で買いました。120香港ドル。50ドルの通話料が含まれていますので登録費が70ドルと言うことでしょうか。


中国移動通信社も「神州行」と香港の電話を組み合わせたカードを発行しているようです。詳しくは知りませんが初期費用が高かたっと思うのですが通話料が安いようなことが書いてあるのでこちらの方がよかったのかな。

2008.07.04     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【67】 ディスペンサー (2005.11.19)


深圳新生活日記 【67】 2005年11月19日 ディスペンサー

「好又美」へ行く。マンションから歩いて10分ぐらいの所に新しくできた内装材料センター。
内容が充実してきたのと有名ブランドのようなものも入ってきている。
畳を取り扱っているところが2カ所になっていて少しびっくり。需要があるのだろうか...日本料理屋?でも日本料理屋で畳のあるところを見かけないけどなあ・・

前に台所用にタオル掛けを買った所で、シャンプー入れ(ディスペンサー) のあることがわかる。3連のもので60元と68元のもの。
68元のものを注文する。どうやら明日になるらしい。電話番号を告げておく。


ミニバス411と434を乗り継いで楽安居へ。座椅子を探すが見つから ず。大バス103Bで崗厦の内装材料センター「世紀中心」へ。ここの畳を売っているところで座椅子を見るが280元といわれてパス。6掛け値切れたとしても170元、JUSCOの198元の方がいい。ここでもシャンプー入れを見つけた。ある時はあるものだ。でも好又美の一番高いものがおいていなかった。でも好又美で60元と言われたものが55元。明日ちょっと言ってみようかな。

ここで手洗いに使用する石けん入れ、手をかざすと自動で石けん液の出るや つ、Soap Dispenserを買う。80元。「SVAVO」ブランド。手動のと同じブランドだった。インターネットでも簡単に検索(百度)できたところを見るとまあまあのブランドなのか...
スーパー「新一佳」に寄って下着と靴下を買って帰る。338のバスのなんとゆっくり走ることか...途中あきらめて104に乗り換え。

12,300歩


前日に撮影したマンション前の夜景



「好又美」はその後間もなく消失(なくなりました)、そのあとに別の名前で内装材料センターができましたが営業するかしないかのうちにこれまた消失。ちょっと訳が分からず・・・
そして崗厦の内装材料センター「世紀中心」は福田区新都心の建設のため立ち退き、引っ越しと、あれからわずかの間にもどんどん姿を変えていく深圳。

ディスペンサーカタログ


2008.07.06     カテゴリ:  深圳深南大道25km 

   深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (11) 科技園から第二ボーダー、終点へ (2008.7.3)


深圳八景 深南溢彩散歩(11) 科技園から第二ボーダー、終点へ


深南大道 南頭・関帝廟付近 深南大道16.7km、起点から22.5km地点






南頭商業城
ハイテク企業の集まる科技園を過ぎてさらに西へ向かい南頭(南头)に入ります。ここは西暦331年、深圳の前身である宝安県が誕生してその中心地となったところ。


関帝廟
そしてすぐに新安古城(深圳市は1368年-1911年の間、新安県と呼ばれていました。
関帝廟があります。
関帝廟は、関羽をまつります。関羽はいまから約1800年前(西暦200年前後)の後漢、三国時代にかけて活躍した実在の武将で関帝廟は文廟と呼ばれる孔子廟に対して武廟と呼ばれます。





中山公園
そしてこれを抜けると深南大道最後のモニュメント中山公園です。中山とは孫文のことであちこちにこの公園はありますが、深圳の中山公園は1925年に創設された深圳でも最も古い公園。
最後は南頭検査站。深圳の経済特区の境界線です。今ではほとんど形骸化してしまったような感がありますが以前は経済特区へ入る許可証を乗ってない人をきびしく罰していました。私自身、羅湖駅前で不正に進入した人を警察の護送車のようなものに入れ人目に立つところに放置されていたのを目撃したことがあります。

何はともあれ南頭検査站は今回深南大道を歩着始める時に定めた深南大道約25キロの終点です。何回かに分けてようやくゴールにたどり着きました。
一日で歩ききることも考えたのですが、先だって試行した時、いつもの癖で大量撮影によるデジカメの電池、メモリー容量が足らないことが判明、とりあえずは数回に分けて歩くこととしました。でも一日で歩ききりたいという気持ちはありますので又ご報告できることになるかも知れません。
とりあえず深南大道第一回目の連載は終了です。


深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)

 深南大道 地図 





科技園をあとに


先へ進みます


蛇口へ向かう道、南海大道


歩道を歩くと街路樹で直射日光は当たらないのですが・・


中央分離帯を行きます


関帝廟


関帝廟


関帝廟 新安城 (マンションは関係ありません)


新安城


日本で言えばお地蔵様かな


おいぬさま




南頭古城博物館


東方新地


さらに進んで・・・


中山公園


孫文像


中山公園で


終点 深圳経済特区南頭検査站


検査站のバスターミナル


深圳八景 深南溢彩散歩
おわり

2008.07.08     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(191) 求職活動を開始 (1998.3.6)

【191】  1998年3月6日(金)  求職活動を開始

以前日本の友人と電話していた時に聞いた会社を探ってみる。
聞いたことのない名前の会社だったので事前に知人数人に問い合わせてみている。
ある人は名前ぐらいしか知らないと言い、そのほかの人は知らなかった。

とにかく電話してみる。
この会社は深圳に2つ工場を持ち、現在OEM生産のみをやっているらしい。したがって技術というと生産技術部門しかないようだ。
今度、設計も手がけると言う方針になって技術者を募集しているとのこと。その募集広告を日本で出したと言うことだそうだ。

設計と言うことになると僕に向いているような気がする。
とりあえず履歴書をFAXするか持参してくださいと言う。


OEM(Original Equipment Manufacturer)というのはカスタマーが行なった設計に基づいて生産を請け負うことで、他社ブランド製品を製造します。
設計から生産までですとODM(Original Design Manufacturer)と言います。
この会社は日本大手のS社、J社などの製品を製造していました。


香港・荃湾

2008.07.09     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(192) 人材登録に行く (1998.3.10)

【192】  1998年3月10日(火)  人材登録に行く

人に聞いたり日系情報誌などで見てみると日系のリクルート会社ではPasonaが香港で一番有名らしい。
昨日、電話して概要を聞き今日の2時のアポをとっている。道順も聞いたが銅鑼湾の道はややこしくまず分からないような気がする。地図も調べて当たりをつけておく。

余裕を見て1時前に出る。銅鑼湾駅には予想以上に早くつく。MTRで20分弱と言うところか。ややこしいと思っていたPasonaも迷うことなくすぐ見つかる。時間はまだ30分以上もある。ぶらぶらして時間をつぶすことにした。お陰で付近の様子にだいたいの感ができた。
それにしてもここはわかりにくい。ここは初めてくるわけではないが何度来ても方向音痴の僕にはつらいものがある。
道が碁盤の目になっていないし方向もめちゃくちゃ。金沢のようなものだ。

2時10分前にPasonaを訪れる。すぐ用紙を渡される。履歴書。どう書けばいいか分からないところが多いまま提出。しばらくして桑島小姐と面接をしながら資料に書き込んでいく。最後に英語と北京語の実力判定のための面接。香港人。これがやっかい。ほとんど初級程度の実力。まあいい経験か。

三越に寄る。日本式の履歴書があったので買う。ついでにMTRの駅で証明写真も撮る。
夜に1セット履歴書を書いておく。


Pasonaはきれいな事務所でした。こんな事務所を借りていて採算がとれるのかな、と思ってしまいました。まあ求職者には関係ないことですが。

こちらで人材登録と言えば必ずあるのがこの言語レベル確認。試験と言うほど大げさなものではないのですが、試験というものから長ーい間、遠ざかっている僕にとってはいつも緊張すると同時に情ない気分にもなります。
FAXで履歴書を送り、語学テストは電話で、という事務所もありました。これなんかも緊張しますね。どっちにしても自分の意に沿わないテストというものは・・・・疲れます。

でも結局Pasonaからは仕事の斡旋はありませんでした。技術者というのは難しいようですね。
紹介された企業はPasonaに数ヶ月分の給料分の金額を払うわけですからおいそれとは登録しない?

2008.07.10     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【68】 宝安で新築マンション見学-畳の部屋 (2005.11.20)


深圳新生活日記 【68】 2005年11月20日 宝安で新築マンション見学

宝安へ行く。Gパン、DVDなどを買う。

特区からはずれたここでも街の姿に大きな変化がある。また新しいマンションができあがりつつある。見学する。
すでにほとんどが売り切れ、のこり4室だという。まだ建設中の覆いもとれていないのに。地下鉄ができるので値上がりを見込んだ先行投資なのか..
モデルルームを見学する。結構たくさんある。それぞれの広さのものが集まっているのかな。驚いたことに畳の部屋のあるモデルルームがあった。内装材料センター「好又美」にも畳を扱う店が2つできてたが、深圳で畳も市民権を取りつつあるのだろうか。

回転寿司で食事、あとマッサージをして帰る。

11,300歩



宝安は経済特区をはずれているとはいえ、経済特区と境をなしていますし、工場も多く日本人も多いのです。都之都酒店というホテルは日本人が多く宿泊していますし、その付近には4、5軒にの日本料理屋があります。

私も仕事を通じてこの地域を知ったのですが、それまでは中国工場と言えばまわりに何もない全くの中国の田舎でしたので、この地域に初めて訪れた時は何と都会だろうと思ったものでした。まあ、そういうことがあって以後も時々訪れるようになったのです。

一番最初に中国でモデルルームをひやかしというか、体験してもようと思って見学したのも宝安でした。ちょっと懐かしくて見学してみました。
まあ、畳の部屋のモデルルームはびっくりでしたが・・

2008.07.11     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【69】 花卉世界、中心公園の夕日 (2005.11.26)


深圳新生活日記 【69】 2005年11月26日 花卉世界、中心公園の夕日

植木街の花卉世界へ。

バラの花の大きな植木鉢があった。花は何十となく咲くようだ。値段は130元。これを3つ買えば400元、値切って250ぐらいにならないかな。
蜂がたくさん集まってくる。ちょっと怖い。売っている小姐は怖くない蜂を払うそぶりをする。でもやっぱり怖い。

サザンカ(たぶん)が結構値段が高い。何の木か定かではないが、茶という発音が聞き取れてサザンカを連想した。自分の背丈より少し高いめの値段を聞いてびっくり。はじめのところでは900元と言われここでは1800元だと。ほかに1400元と言うのもあったけど。何でも花の大きさが違うとのこと。咲いてみないとわからないけどなあ。ともあれ、こんな値段が高いのには興味はない。
初めてだから様子見に安いのを買ってみようかと思っているけど今日は見学だけ。

北側の笋崗路まで歩いて行った。途中街中と思えない田舎の風景がいい。
357路で崗厦へ。新一佳でワイシャツと下着を。おっと漂白剤も買う。
歩いて深南路の崗厦バス停へ。325のバスで帰る。

12,600歩

中国のイメージは赤。春節の時期に赤い実をつける木は貴重です。ミカンとか。で、春節前にはオレンジ色の実をたくさんつけたミカンの木がよく売られています。ただ春節前は植木屋さんにはかき入れ時、値段も相応に高いのです。
したがってまだどんな実や花をつけるか分からないこの時期に買っておくと安いというわけでしょうね。

この日は夏も過ぎ、空気の透明感も悪くなってきました。この日の笋崗路の写真です。

笋崗路の陸橋で


中心公園


笋崗路


2008.07.13     カテゴリ:  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【24】 2007年9月  (コラム : 電線地中化)


深圳新マンション建設物語 【24】 2007年9月 []

電線地中化






深圳各地で電柱をほとんど見かけることがありません。時たま思い出したように少しの区間で見ることはありますが、ぐっと田舎へ行かないとお 目にかかれません。本格的にはどう作るのか知りませんが、深圳の場合は水道管を埋めるような手軽さでどんどん電線を埋設しています。

歩道の下を溝のように掘り下げて四角いマンホールの蓋みたいなのを乗せます。蓋はコンクリート製。鉄製だと盗まれる?
これはどこにでもあるのですぐ見ることができます。


写真
(上) 電線を新設するため新しい電線をワイヤーで引っ張っています

(中) 地中部分。電線をコンクリートの爪に置いています。ただこの爪、けっこうもろいみたいで時々折れているのを見かけます。

(下) 電線を巻いたローラー




層を造りだすと早いですね。とんとん拍子に階が増えていきます。









Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by