( 30 記事  3 ページ )
► 次のページへ

2008.06.01     カテゴリ:  深圳深南大道25km 

   深圳幹線道路 深南大道25kmを歩く (8) 車公廟へ (2008.3.29)


深圳八景 深南溢彩散歩(8)  車公廟へ


招商銀行大厦 (深南大道6km地点、起点から12.8km)




第一のクライマックス、新市政府・市民センターを過ぎてさらに西へ。
目指すは西の高層ビル、50階建ての招商銀行大厦です。大阪の通天閣に似たデザインで善し悪しはそれぞれの判断に任せて、とにかく印象に残るビルではないでしょうか。地下鉄車公廟駅があります。

深南大道を深南東路(3km)、深南中路(3.8km)、深南大道(18km)の3ブロックに分けています。(距離は電子地図を測定したもので正確でないかも知れません)
今回の行程は市民センターから招商銀行大厦まで3kmあまり。

 深南大道 地図 



西へ


東を振り返ると・・・




招商銀行の夕日


香蜜湖休暇村




Uターン用の路線もあります


地下鉄車公廟駅のバス停 路線が多いのでホームが二つ。


歩道橋はどこでも商売繁盛




道ばたの花








2008.06.02     カテゴリ:  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【20】 2007年5月


深圳新マンション建設物語 【20】 2007年5月

地下駐車場ができて地上の建物の基礎工事・・


















2008.06.03     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(181) 自分の送別会 - 中国東莞工場で (1998.2.18)

【181】  1998年2月18日(水)  自分の送別会-東莞工場で
東莞工場の花に囲まれて

開発部の技術者と
中国東莞工場へ。張に段取りを頼んでいた。今日は僕の送別会。退職日はあさっての20日。
香港人、中国人、日本人併せて30人程度だろうか、集まってくれた。

中国での送別会ってもちろん初めて。普通のパーティーのような感じ。
数人が記念品をくれた。工芸の額とかVCD、ネクタイなど。
テーブルを一つ一つ巡り写真を撮ったりけっこう盛り上がって楽しかった。
費用は2000元だった。


終了後、香港人が二次会にカラオケを手配してくれていたので香港人と日本人、それに中国人2人が参加する。
香港人に誘われてよく行ったカラオケ屋だった。中国式のカラオケ屋。ナイトクラブみたいに女性が付いて一緒にカラオケを楽しむスタイル。
で、前に前行った時と同じ小姐にした。でも人それぞれ家庭の事情もあったりいろいろ。
ある香港人はいつもの小姐が休みと言うことで一人で歌っていた。寂しそう。


この頃、私が聞いていたのは送別会をする時は参加者でなく送別される方が送別会を手配して費用を負担すると言うことでした。つまり出て行く人が残るみんなを招待すると言うことでしょうか・・・
お金は別として手配はちょっとできそうにないので日本語の流暢な中国人に頼みました。

2008.06.04     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(182) 退職 - 最後の給料は差し止めか・・? (1998.2.20)

【182】  1998年2月20日(金)  辞職

今日は退職日。
会社に出て税金や給料などの精算をする。
いろんな人に挨拶。そしていろんな情報が入ってきた。
日本時代の会社で関わりのあった香港人も来週辞めるとのこと。

日本時代の同僚に電話、今日会う約束をする。
7時に約束して向かったが、待ち合わせ場所のホテルがどこにあるかを忘れ大いに迷った。大方向音痴のせいなのか・・・
韓国料理屋へ行く。うまかった。200ドルずつ、割り勘。


香港では外人が税金を払わずに本国に帰ると就業ビザの保証人である会社が香港政府に対してその税金を支払わなければならないので、会社は最後の給料の支払いを差し止め、退職者が税務署へ行って税金を払い、その証明が会社に提出されると最後の給料を支払う、と言うシステムが多いのです。少し心配していたのですが給料を差し止められることなく支払ってもらえました。


私は語学がさっぱりでしたので香港での求職活動もあまり自信がないので辞職したあと日本へ帰ろうか、と思っていた時期がありました。

でも香港人から香港にいる方がいいと言って求人広告を持ってきてくれたりしてちょっと情にほだされたのがきっかけで言葉のわからないまま、求職活動に挑戦したのです。
(写真は当時持ってきてくれた求人資料の一部分)

→  雑感香港人(1) - 香港人気質 

次回からは求職活動、休暇、就職という話題で少し日記を続けます。
2008年6月4日の深圳

雨模様からやっと夕方になって太陽が。深南大道から園博園の塔を遠望<


2008.06.05     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【58】 香港へ 太古城JUSCO (2005.10.29)


深圳新生活日記 【58】 2005年10月29日 香港へ 太古城JUSCO

昨日、Nから電話があり、今日午後3時に香港・太古城のJUSCOで会うことになっている。

午後12時半深圳の家を出る。皇崗から香港に入る。KCRの大学駅あたりでNから電話、すでに太古のJUSCOにいるとのこと。太古にぴったり3時に着く。彼の取引先の小姐と一緒だった。
お好み焼き粉を探すがなかった。うどんスープ、ホットケーキなど、日本食材を買う。

深水埗の電脳街へ。新しく買ったカメラのケースを買う。彼はDVDを買った。
モンコックへ。ここにはNikonのロゴの入ったカメラケースがあったのでこれも買う。模造品かも知れないが。
近くの「DVDビル」で彼がDVDをシェアで買おうと言う。8枚いくらのDVD、4枚ずつを。

帰ってDVDを見るとジャケットと内容が異なっている。こんなことは初めて。
電話でNは、深水埗のもモンコックのも両方だまされていると言ってきた。
何があったのだろう。店を構えて商いをしているところがどうしてこういうことをするのだろう...しかも雰囲気的に全域かもしれない。

12,600歩




2008年6月深圳


2008.06.06     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【59】 深圳ぶらぶらショッピング (2005.10.30)


深圳新生活日記 【59】 2005年10月30日 深圳ぶらぶらショッピング

昼頃、Nから電話。2時頃華強路へ行くので3時頃上海賓館近くにある時計ビルで落ち合うことになった。

時計ビル(深圳表城)はどんどん衰退しているような感じ。
懐中時計とLEDの灯りと方角磁石のついた時計を買う。
電気街の華強路へ。深南路から入る。
僕がSDカードを買ったところから見学。彼はあの隣の店でPS2のソフトを何枚か買い求め、別の店で別のゲームソフトを買った。これは子供へのおみやげだとか。あと、携帯ストラップなどを見る。彼は携帯電話に関わらず、こういうアクセサリー物が好きだな。

さらに北へ進み、万商電器城へ。ここで僕は中国語のXPソフトを、彼は再びゲームソフトを買った。彼はSkypeのマイクの調子が悪いのを気にしているのか、Skypeの携帯型電話をしきりに探していたが、値段が高くてあきらめた。

回転寿司屋で食事。その後近くの万佳百貨で靴を買う。182元。
僕は411のミニバスで帰途。彼はまず地下鉄。

夜、彼から電話。マイクの調子がよくなったと。いじくっているうち、直ったらしい。よく聞こえる。
夜はかなり温度が下がるようになった。

12,500歩



2008年6月 深圳筆架山公園で

2008.06.07     カテゴリ:  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【21】 2007年6月


深圳新マンション建設物語 【21】 2007年6月


僑香村マンションと北環大道の拡幅工事


採掘で極端に小さくなった安托山 背後のマンションが見えてきました。


クレーンを使って生コンミキサー車から生コンを流し込みます




左奥に会員制ウォルマートに併設されるショッピングセンターを建設中


向こうでも新マンションの建設中

2008.06.08     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   福田区 筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感


筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感
2008年 06月 08日

最近は天気が悪くてちょっと運動不足気味。
昨日の強い雨もおさまり、今日は雨が上がったので久しぶりに福田区の筆架山に登ってきました。
冬の間は肉眼でうっすらとしか見えていなかった梧桐山が筆架山頂上から曇り空ながらもはっきりくっきり見えていました。
そろそろ空気の透明感が出て山からのながめが美しくなるシーズンを感じさせました。

さすがアウト・ドア派の多い深圳、雨がとぎれると人の出が多くなりますね。



筆架山公園


公園の池 昨日の豪雨で水の色が黄色く・・




筆架山山頂からの梧桐山には雲が 雨かな






どこでもマンゴ


2008.06.09     カテゴリ: 香港の山と公園 >  大帽山郊野公園-大帽山 

   香港 荃湾(Tsuen Wan)へ - 大帽山のある風景 (2008.6.9)


| 2008.6.9 | 香港 荃湾(Tsuen Wan)へ - 大帽山のある風景



端午節の振り替え休日となった9日の月曜日、ビザ調整の意味もあって香港へでかけました。
最近の自分のブームとなっている福田口岸からミニバスで元朗へ(6香港ドル)。元朗では買い物をするつもりだったのですがいいのがなく買わず。
そのあと、二階バス68Mに乗り荃湾へ(8.8ドル)。福田口岸からは合計14.8ドルとはけっこう安く、両方ともほとんど直通バス状態で時間的にも速い のです。
皇崗から直通バスだと30ドル以上したはずです。ミニバスと二階バスのこのコースが気に入りました。


さて香港に大帽山という山があります。この山は香港最高峰、957mの高さを持っています。そしてネットで荃湾から登山口へ行くバスが出ているという情報を得ましたのでちょっと調査するつもりで荃湾に来たのです。
大帽山の957mというと奈良・大阪の葛城山960mとほとんど同じでちょっと親近感。

まず大帽山の一つのルート、川龍村からのコースを見てみようと、80番のミニバスを探しますが、なかなか見つからず、あきらめかけたところでやっと発見。店屋さんをいろいろ見ながらですので時間もすでに5時近くになっていました。
迷わず80番のミニバスに乗り込みます。5ドルというバス代からするとそんなに遠くでもなさそう。

ミニバスはどんどん坂道を登っていきます。登る楽しみがなくなるのであまり登らない方がいいけど。大帽山とは関係ない坂道を登っていくのだと言い聞かせながら15分ほどで終点の川龍村へ。残念ながらバスでかなりの高さまで登ってきたような感じ。




時間を気にしながら少し歩いてみます。それにしても荃湾の雑踏から少しの距離で信じられないくらいのどかなところに出てきたものです。
あちこち歩いてみましたが、時間的に制約もあって登山口らしいところは発見できず。
でも目の前のこの山が大帽山だろうかと思いながら歩きます。おばさんが来たのでちょっと聞いてみました。
でも・・
情けないことに香港の永住権を持ちながら広東語はほとんどだめな私、広東語混じりの北京語で聞きました。
私の大帽山というつもりの「タイモーサン」というのは通じました。でも彼女はどれが大帽山なのか詳しくないとのことで「ムゴイサイ」と言って別れます。

少し写真を撮っているとリュックを担いだおじいちゃんが。
ちょっと聞いてみました。
こちらは広東語混じりの北京語、おじいちゃんは広東語で返してくれます。
それによると・・・
大帽山は私の思っていた山で間違いないとのこと。登山口は左右に2つあるようで、左は車道の様子、僕が探していた右方面は手でたたくようなポーズをして「コッコッ△□○・・」とよくわかりません。おじいちゃんも根気よく話してくれますし、私も根気よく考えるのですが・・くそ、残念、自分が情けないですね。

時間的にも暗くなりかけ、今日は引き上げることにしました。
もとのミニバスのりばへ行ってみると、さっきのおばさんが並んでいました。私に気づくとにっこり笑顔をくれました。
並んでいる人を見るとリュックを背負った人が意外に多く、登山帰りを感じさせます。登山道を知らなくても朝早くに来たら登山をする人もたくさんいて大丈夫かも知れないと思えました。

まあ、この次は荃湾から51番のバスに乗って大帽山郊野公園の方に行ってみるかな・・そろそろ空気の透明感が出て来る季節だし、早く登頂したいものです。



荃湾へ


荃湾


荃湾 荃湾は元朗よりずっと都会でした


やっと見つけた80番 お、レジ袋。そうか、香港はレジ袋OK


川龍村


川の流れはすごく速い




これが大帽山でした


2008.06.09     カテゴリ:  生活 

   《深圳生活》  レジ袋と買い物バッグ


【深圳生活】 レジ袋と買い物バッグ
2008年 06月 09日

深圳生活 レジ袋と買い物バッグ

今月6月1日(2008年)から「限塑令」が施行されてレジ袋の有料化が始まりました。目的は環境保全ですので協力しなければなりません。

この前JUSCOに行った時。
「レジ袋は必要ですか?」
とレジの小姐。
「?」
と思いながら6月1日であることに感づきました。そして前方にレジ袋の大きさと値段の書かれたポスター。
「今日から始まったの?」
「はい」
というわけで全く準備をしていませんでしたのでこの日は0.3元の大きいレジ袋を購入。レジ袋の厚みが少し増したような肌ざわりでした。


さあどうしようか。ほとんど忘れていたのでアイデアを準備していません。
台所を片づけていると引き出しから以前SAM’SCLUB(ウォルマートの会員店)でアイスクリームを買った時にもらった簡単な保冷付き(裏側にアルミを張っただけの物)のバッグが出てきました。
私はけっこう冷凍物を買います。餃子とかカトキチのたこ焼き、うどん、ラーメンなど。保冷付きだとJUSCOで氷をもらってバッグに入れておけば家に着くまで精神的に安心かも・・
バッグは折りたたむと結構小さくなるので試しにこれを使ってみる気になりました。なにしろ無料、ただです。

 

使ってみました。使ってみると意外に使い心地は上々。レジ袋だと冷凍物を入れていた場合、袋に水滴が付いて気持ちが悪かったのですが、バッグにするとバスの中でひざに置いても爽快です。もっと早くに気が付いていたらなあと思ったほどでした。

まあそれでも持ち物としてはカサをとるので大きな鞄に換えないとだめかなあ・・
それにしてもレジ袋有料化の効果は絶大、バッグ持参の人の多いこと・・



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by