( 30 記事  3 ページ )
► 次のページへ

2008.02.01     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【30】 中国ノービザ (2005.8.25)


深圳新生活日記 【30】 2005年8月25日 中国ノービザ

香港へ行く。ビザをとっていないのでノービザの15日間の期限が来たため。
羅湖のイミグレから香港に入る。古巣の粉嶺へ。スーパーで電球、手洗いシャンプーなどを買う。

帰りの羅湖のイミグレがいつになく混んでいてびっくり。これだけならんでいるのは近頃なかった。いつものように1人1人時間をかけている。
でもどういう訳か、僕の場合はいつも早い。僕の前の日本人はかなり時間がかかっていたけど僕の場合はすぐ。

僕は頻繁に香港と深圳の往復を繰り返しているためパスポートははんこだらけ。だからだろうか・・そ れとも香港のパーマネントビザがあるのでパスポートに香港のはんこがないから?わからん

深圳に入ってから104路のバスに乗る。通勤時間帯に引っかかってめちゃ時間がかかる。信号の問題も多い。信号で合計20-30分費やしたような気がする。かなりいらいら。
羅湖駅に着いたのが5時ぐらいだったのにイミグレとバスのため、家に着くと7時をすぎていた。どっと疲れた。

今後は羅湖からの場合地下鉄の方がいいかも知れない。でも地下鉄駅からマンションまで距離があるので、それよりも皇崗のイミグレの方がいいかも知れない。皇崗ならバス1本だ。
それに皇崗から香港・上水だとイエローバス7香港ドル、ミニバス5香港ドルの12香港ドルで羅湖からのKCR 20香港ドルと比較しても差は大きい。
早く上水でスーパーを見つけなければ。


2003年9月から日本人は中国に15日間だけノービザで入国できるようになりましたが、それ以後、香港でのマルチビザの値段が少し上がりました。頻繁に香港に行くつもりだったのでこのころはビザを手配していませんでした。

中国のマルチビザには2種類あって外交部発行のものと公安発行のもの。前者は1回の滞在が1ヶ月間に限定されていて1ヶ月ごとに入出国を繰り返さなければならないのに対し、公安発行のものにはこの制限がありません。従って6ヶ月のビザであれば6ヶ月連続滞在可能です。
写真はこのあと香港で手配した公安発行の半年のマルチFビザ。外交部発行のものは備考欄に1回の滞在が1ヶ月間という注釈が入ります。



香港の代理店はほとんどが公安発行のものを扱っています。香港のパーマネントビザを持っている場合は3年のビザを発行してくれますが、外交部発行なので1回の滞在は1ヶ月間という制約がつくのであまり意味がありません。

仕事用びはZビザがあります。

ちなみにFビザのFは「訪問; Fang wen」の頭文字、Zは仕事を意味する「工作; gong Zuo」のZです。

2008.02.02     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  梧桐山 

   梧桐山煙雲への道Ⅱ 【登山道7】 古道をさがして (3)

梧桐山煙雲への道Ⅱ 【登山道7】 古道をさがして (3)

2008年 02月 02日


霧の流れる小梧桐山 ( 2008年1月19日 )






山頂の子犬
まず食事。鮭とウナギの巻きに梧桐山村で買ったサンドイッチ。お茶はペットボトルのレモンティー。
食後、山頂へ。風が強く霧が流れてなかなか景色が見えない。子犬が頂上にやってきた。
しばらく待って霧の晴れるのを待つがなかなか晴れないので景色を見ながら下山ルートを考える。胡蝶谷の方に僕がまだ通っていない道が見える。おそらく蓮塘か沙頭角へ抜ける道だと思える。あれにしようかと。


まずは泰山間を下って好漢坡の駐車場に向かう。石段を下り迂回路との分岐点へ。
と・・・ここにも下る小径がある。行くかどうしようかと考えているとここから登ってきた人がいた。
「これはどこに着くのですか?」
聞いてみた。
「XXXXX」
聞き取れない。でもまあ、下れるのだろう。ルートをこちらに変更。さらに何組か登って来た。

下り始めるとけっこうきつい地肌道。岩がごろごろ、生えている小さな木などをつかみながら下りないと滑ってしまう。でも開放的で景色はいい。


撮影に来たのか、三脚にカメラをつけたまま手に持って登ってくる人もいた。ちょっと驚き。三 脚を抱えてこんなところを登ってくるとは・・
でもこれから楽になるのかも・・と思いきや全く変わらず怖い坂が続く。
岩場で滑ったら手をさしのべてくれる人もいるし、前回のように一見登山とは無縁のような兄ちゃんもいる。でもまあこういう兄ちゃんは話してみるとけっこうざっくばらん。


そして分岐点から50分ほど歩いて、あるかないかわからないような径を経由して石畳に出た。やっと整備された登山道になったと思ったら・・「泰山澗2800m海抜469m」の標石があった。泰山澗に続いていたのだ。
知らない道を、と思っていたのでちょっと期待はずれ。でもまあ、泰山澗を下るのは初めてだからいいか。
下ってみると怖いところが数カ所あった。

途中、気を抜いていたら道を間違えて車道に出てきてしまった。これもまあいいか。
泰山澗に出てから1時間15分で泰山澗登山口へ。
北大門15時50分到着。


17時20分に羅湖へつくと今日も昼の月が見えた。

古道をさがして 終わり





霧の頂上


泰山澗を下る


泰山澗から古道へ






古道から小梧桐山












泰山澗に入る


泰山澗


梧桐山北大門へ到着

2008.02.03     カテゴリ:  名所旧跡 

   龍崗区 大万世居客家村 -- 深圳ベストツアールート


龍崗区 大万世居客家村 -- 深圳・ベストツアールート
2008年 02月 03日


大万世居客家村





2007年の8月に深圳市旅游局から短期ツアー(2~3日)で深圳を観光する外国人の訪問者のためのベストツアールートが発表されています。

・蓮花山公園
・深圳博物館
・仙湖植物園
・大万世居客家村
・大芬油画村
・錦繍中華
・中国民俗文化村

ですが、このうち大万世居というのを知りませんでした。で、WEBで場所を探り地図で大まかな場所を確認してバス停の路線図から降りる停留所を決めて365路の路線バスに乗り込みました。


バスの車掌に大万世居の場所を聞いたのですがわからないと言うので予定通り「坪山中学」で下車。適当に当たりを付けて歩いていくとここにも新しくきれいなマンションの建設が盛ん。






10分ほど歩くと大万世居客家村の道標が見えてきました。矢印に従ってさらに10分ほど歩くと大万 世居客家村に到着。じっくり探すつもりでいたのがすぐに見つかって少々感激。





大万世居は龍崗区にあり福田区香蜜湖からは365路の路線バスで1時間あまり。
客家の囲屋のひとつで清時代の建物(1736-1795年)で広東省文物保護単位となっています。面積は1万5000平方メートル。
(囲屋については 客家民俗博物館 を参照してください)

ただこの大万世居客家村よりも、この近くにある客家民族博物館の方が規模も大きく設備もより揃っていて街にも近くて便利なのにどうして大万世居の方が選ばれたのか不思議です。

しかしながら双方ともガイドなしで観光するには説明板などが不十分なのである程度の予備知識が必要かも。

























客家村付近の民家




バス停で - 新築物件の広告 3LDKで11.8万、200万円たらず、安いですねえ


少しバスに乗って龍崗に出ました。地下鉄工事がたけなわ


JUSCOもあります

2008.02.04     カテゴリ:  深圳新マンション建設記2005-2009 

   深圳新マンション建設物語【11】 2007年1月(1) クレーン組立 (コラム : マンション購入と弁護士)


深圳新マンション建設物語 【11】 2007年1月(1) クレーン組み立て

マンション購入と弁護士

深圳(中国)でマンションを購入するというのは内装していない物件を買うスケルトン渡しです。
2004年当時深圳でマンションを買った手続きは購入決意後、まず手付け金を払い(5万元程度)売買契約をしてその後1ヶ月以内の間に全額支払うというも のでした。マンション完成まではあと半年ほどありました。

日本の場合も完成前に売買契約をするということですが、決済は購入者に所有権が移転してから開始するとのこと。
深圳の場合(たぶん中国全土)は所有権が移転する前に全額払い込むのでちょっとリスクがあります。
今は聞きませんが、以前はマンション建設途中で開発業者が建設を放棄したことがよくあったようで、私の知り合いにもこれにかかった人がいます。ただこの人 の場合は契約で追加の一筆をとったらしく、このおかげでお金は返ってきたらしいのですが一筆がなければ泣き寝入りでした。

こういうリスクがあるので建設途中で買うのは安いという「常識」があったようです。今は建設放棄という話は聞きませんのでもっぱらマンションの高騰のため に建設途中で買う方が安いということでしょうか。
ただ、今は政府の対策により高騰は抑えられたようです。

そしてマンション購入後、初めての経験でよくわからないまま購入手続きは進んでいきました。そんな中、ローン手続きなどに時々登場してくるのが弁護士事務 所でした。
どうやらマンション開発業者と銀行の間を取り持つのが弁護士事務所というもののようでした。



代収
抵押合同委託書公証費 400元 (抵当契約委託書) 
売買合同公証費 1145元 (売買契約)
抵押登記費 100元 (抵当登記費)
印花税 20元
銀行 ・・費 2000元

と書かれています。




2007年1月7日


クレーン組み立て


2007年1月2日


2007年1月9日



2008.02.05     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(157) 雑談 -- 東莞工場で (1997.11.28)

【157】  1997年11月28日(金)  雑談 -- 東莞工場で

香港に来てからちょうど16ヶ月が経った。今日で4冊目の日記も終わり。計640ページだから1ヶ月40ページと言うことになる。

残業時間に中国人事務員たちとお互いの勉強を兼ねて中国語と日本語で会話をする。
僕はそんなに笑わせるつもりはないのだが彼女たちは僕の話を聞いてよく笑う。
一人は僕に太好玩と言う。意味がよくわからない。
日本語のできる阿梅に聞くと「よく遊ぶ」と言うことらしい。ほかにも僕をいろいろ評価してくれるが僕の単語量の乏しさを痛感させられる。
僕の知っている単語は歌で覚えるものが多いので詩的な表現になるのか、よく知っていると感心されもするが、結局は日常会話の単語量に乏しいのではないのだろうか。どう勉強すればよいだろう。何か本を読めばいいのか。

「星の金貨」のVCDは2枚を貸してからよく催促される。

私は中学校の英語以来、才能的にも語学センスも乏しくなかなか上達しません。たぶん要領がわからないのです。
はじめは試行錯誤、いろいろな方法を試すのですが、面倒だという気持ちが出てきてしまいます。
漢字を見ていると意味がわかるような気になったりして。
2008年の春節はもうすぐ

2008年、2月7日の春節まであと2日。JUSCOへ買い物に行きました。

深圳は深圳に戸籍を持つ住民が200万人足らずですが、深圳から各地に帰省をするする人は600万人と言われています。
ところが異常気象の大雪で交通が麻痺して帰省が遅れ、年末に帰省者が殺到するのを避けるため深圳市が帰省しないよう呼びかけを行なったためか、帰省しない人も多いのでしょう。JUSCOには満員盛況の人だかり。去年は客もぱらぱらだったのに。
店内は普段よりも広東語が多く聞こえてきます。

人混みが好きでない私、早々に帰ってきました。


2008年2月5日撮影


2008.02.06     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(158) 香港12月 (1997.12.1)

【158】  1997年12月1日(月)  香港12月

今日から12月。
朝寝坊する。8時20分あわてて起き出す。タイマーをセットしておいた粥を食べて9時前タクシーで出勤する。
ほんとうに香港のタクシーは安い。年々値上げをしているがそれでも2kmの初乗り14香港ドルなので1km7香港ドルの勘定。今の為替レートで120円弱。日本だと都会地区の2km660円で1km330円なので日本に比べて三分の一。深圳ならさらにその三分の一で日本のほぼ十分の一。
で、マンションから会社までは5km程度だと思うが40香港ドル、650円程度。遅刻しそうになるとタクシー通勤が癖になってしまった。
タクシーはバス、地下鉄の10倍の料金がかかる。気をつけなければ。

朝、新しい基板の手配をしたり打ち合わせをして午後中国へ出発。深圳のイミグレは込んでいた。
久しぶりにバスに乗る。バスはミニバスだが、東莞・太平までの直行便、途中停車なしなので安全性がよい。そのかわり30元と高い。
「太平」からのタクシーは前に一度乗ったことのある兄ちゃんの運転。工場には5時過ぎに着く。

頼まれていた酒井法子主演「星の金貨」のビデオCDを開発部の女性、阿梅に渡す。
彼女が日本語の勉強をするので日本のドラマのVCDを貸して欲しいというので以前に2回分のVCDを貸した。寮で4人で見ていたそうだが皆からの希望があって続きを見たいということだった。
してみると当初の日本語の勉強という目的は吹っ飛んでいるような感じ。

太平へのミニバスのチケット


この酒井法子主演ドラマ「星の金貨」をきっかけに以後もいろいろなドラマを持って行くことになりました。星の金貨では主題歌の「碧いうさぎ」も人気がありました。
2008年2月6日

今日、2008年2月6日は陰暦大晦日です。明日の2月7日は新年。深圳も香港も飾りが華やか。

香港・屯門 ショッピングセンター 新春の飾りもの 2008.2.6. 大晦日

2008.02.07     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【31】 プラズマテレビを購入 (2005.8.26)


深圳新生活日記 【31】 2005年8月26日 プラズマテレビを購入

久しぶりに内装センター「楽安居」へ。リビング用のダウンライト、スリムランプ、電球を買う。当初買ったものの品質が悪いため。
山姆へ行き懸案だった薄型TVを買う。考えていた日立の42型プラズマテレビ、42PD5000。待った甲斐あって当初3万元以上していたのが22,690元。その上、ほかに2300元の買い物をすることができるとのこと。商品で1割引にするということかな。するとTVは2万元。チェーン店「順電」では22,900元だったので結構安く買えることになる。

2300元からTVホルダー500元、PanasonicのDVDを880元、ほかコーヒーメーカー、来客用布団、脚立などを買いそろえる。
全部配達してくれるのかと思ったら配達はTVとDVDだけ、なんや。ほかのものはどうして持って帰る・・
大きな買い物なので店員が一人付いて店の外の駐車場まで送ってくれて何かを探している。
運び屋を探していたのだった。ここにも運び屋がいた。香蜜山までなら10元だと。それならタクシーより安いから、今後も利用するかな...

内装工事時、照明器具など安く買えるのはいいのですが、けっこう不具合があります。分解して不具合を調べると品質以前に元々の設計の悪いものも多くありました。おかげで品物を選ぶこつのが少しずつ見えてきました。で、いいものに換えるべく再び買いに行ったのです。
ほかにもいろいろいいものに買い直しました。それでも日本で買うよりは桁違いでしたけど。


2008年2月7日、今日は正月第一日目、あいにくの天気の中、小平の像のある蓮花山公園へ行ってみました。頂上広場は動く隙間もないほどの人だかり。



山頂は人でいっぱい

2008.02.08     カテゴリ:  深圳新生活日記2005-2006 

   深圳新生活日記【32】 プラズマテレビ設置のトラブル (2005.8.27)


深圳新生活日記 【32】 2005年8月27日 プラズマテレビ設置のトラブル

午後TVとDVDを配達してきた。配達だけで設置は後で来ると言う。こちらから電話をかける必要があるとも言った。洗濯機と同じか・・

彼らが帰った後、指定された電話番号に電話する。いくつか質問をしてきた。壁面に取り付ける、壁面は大理石だと答える。大理石だと追加で200元程度の安装費が必要だということだった。
折り返し電話がかかり、安装は4時半頃とのこと。あと1時間半ぐらい。どっちみち遅れてくるだろうけど、時間的に外出は無理だろう。4時頃電話があり遅くなると。5時半から6時かなと言うがはっきりしない模様。夕食を食べておくことにしてカレーの残りを平らげようと調理が終わって食べかけた時に呼び鈴。なんとマンの悪い。7時過ぎだった。

二人でやってきた。穴あけも結構面倒なのか、思った以上に時間をかけている。穴あけの最後の一つとなった時、管理所から人がやってきた。14階のB室がうるさいと苦情を言っているらしい。確かにやかましいがまだ8時過ぎ、内装をしているわけではないのでいいではないか、と思うが以前に僕が頭が痛くて寝ているにもかかわらず、9時近くまで内装工事をやっているところがあり管理所を通じて文句を言った経験がある。

孔あけにあと10分かかるというので管理所に後10分待ってくれるよう交渉を依頼したが、寝ているのでだめだと言っているとのこと。業を煮やした孔あけの 人が強引に穴を開けた。
はじめに10分というのが何だったかと思うほど簡単に開いた。200元を払うと一人は帰っていった。

50kg近くあるTVを残った一人で取付ができるのかと思っていたらもう一人来るという。程なくやってきた彼と設置を終えた。
後からやってきた彼はAV(音質対策)の担当のようだった。何でも知っているような口ぶりで話す。アンテナ線やオーディオケーブルのいいのがある、性能が全然違う、試してみては?どか...でも材質などつっこんで話をすると彼は適当にごまかしてしまう・・・
自分もAVの設計者なので後は自分で考えると答えてもまだ何か言ってくるので少しうざったい。

結局終わったのは9時半近くになっていた。テレビの設置に丸1日かかったような気分。いつものことながら...
自分で確認する。画質が悪い。店員がモデル7900の値段が高いのは画質のせいだと言っていたがこういうことなのか...もの足らないけど仕方ない。「国盗り物語」はまあまあ見られる。音響もさほど悪くはない。おそらくスピーカーを大理石に固定しているためだろう。
5.1を検討してもよいかも。リアスピーカーの埋め込み配管工事もしてあることだし。



2005.8.30.

2008.02.09     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   深圳 春節2008 寒気もよう


春節2008 寒気もよう
2008年 02月 09日

深圳2008年 春節の筆架山公園




今季の中国は30年、50年ぶりといういつ終わるか知れない大寒波。
大雪害の影響で今年は春雪の国内旅行市場に70%の損失があったらしいですね。
→ 人民網

今日は大阪でも11年ぶりに5cmの積雪とか。奈良も11cm、風情があって良さそうですね。おそらく絶好の撮影チャンス。

深圳のマンションにやぐらごたつを用意しています。上海では日系企業が220V電圧仕様のやぐらこたつを製造していますが、私は数年前、日本から送ったこたつなので変圧器を使用しています。
いつもなら冬季に数度こたつの出番があるだけなのですが、今年はすでに2週間ほど連続で重宝しています。エアコンの暖房ももちろん活躍していますが、こたつがあると寒さ感がまるで違います。
いつになったら暖かくなることやら。

新春3日目の深圳は久しぶりの青空。
筆架山公園へ行ってみました。歩いていると日差しが暑く汗が出てきます。こういうあたり、ここはやっぱり南国。



筆架山公園


いつでも・たこあげ




頂上からは視界がよくない 梧桐山が見えません。肉眼でかすかに見えるだけ





マンションで





2008.02.10     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  梧桐山 

   梧桐山煙雲への道Ⅲ 【登山道一覧】 (1) 概要と地図

梧桐山煙雲への道Ⅲ 【登山道一覧1】地図

2008年 02月 10日

梧桐山登山道をまとめてみました。

地図ですが、地図帳、WEB、現地の案内板(2種類あります)などいろいろ調べると同じということがありません。
どれを選ぶかということになるのですが梧桐山村で売っていた地図(2007年10月と印刷されています)が名称が若干違うのですが地図の経路としては一番 現状とあう感じがします。

ただこれには大梧桐山の北東に小梧桐山510mとあります。別の地図にもこの小梧桐山の表示がありましたが一般には大梧桐山の西のテレビ塔のある山を小梧 桐と呼んでいるようなのと、ここに小梧桐の石碑まであるのでテレビ塔のを普通に小梧桐山と呼ぶことにします。

深圳八景 梧桐山 (あおきりさん; wύ tóng shān ウートンシャン)

深圳最高峰の944mで特区内唯一の省級風景名勝区。羅湖区、塩田区、龍崗区の3区にまたがり面積32平方キロ。海沿いから944mにつき上がるので 雄大に見えます。

大梧桐山(944m)、小梧桐山(692m - Webでは632mというのが多いのですが現地の案内板が692mなのでこちらをとっています)、豆腐頭(中梧桐、706m)の 三大主峰があります。

中梧桐山から大梧桐山を


aokirisan091025-17_500.jpg


地図
Map


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by