( 32 記事  4 ページ )
► 次のページへ

2007.10.03     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-9 

   【奈良帰省日記2007.9】 (3) 散歩道 - 大和民俗公園 | 2007.9.23 |


奈良帰省日記2007.9 (3) 散歩道 - 大和民俗公園 | 2007.9.23 |


大和民俗公園

クリックしてください。壁紙です



前回の帰省で大和民俗公園がよく整備されて気持ちがよかったので今回夕方の散歩によく出かけました。
民俗公園は家から2kmほど、歩いて公園へ行き園内を散歩して帰ればほぼ1万歩、ほどよい運動です。
きれいに整備されているので散歩している人をけっこう見かけました。ほんとによい田舎になりました。

大和民俗公園は広さ26.6ha。自然の森を取り入れて整備されて1周の散歩は約2km。






































家に戻ってくると日は暮れています。この日は中秋の名月


家の近くの名古屋系スーパー


2007.10.03     カテゴリ:  ハプニング 

   【ハプニング】 深圳 臨時停電騒ぎ


10月1日深圳へ 翌日臨時停電騒ぎ ネットハプニング続きの帰省と帰還

2007年10月3日

お久しぶりでございます。
10月1日夜半に深圳の自宅に無事戻って参りました。今回の帰省と帰還はひどいネット状況となりました。

9月17日に奈良に帰省してまもなく持ち帰ったノートパソコンのウィルス騒ぎ。
私は普段デスクトップを愛用しておりましてノートPCは移動用のみでかなり年季が入っております。速度が遅いのでなんとかといじくっているうちにノートンのウィルス警報が・・・
ところがいくらやってもウィルス退治ができず。すったもんだでようやく退治できたら今度はネットに接続できず。あれやこれや手を尽くしましたがギブアップ。

で深圳に戻って10月2日、このノートパソコンに再びウィルス警報、リカバリーしてようやくまともになったと思うといきなり電気が・・・・

停電!! 聞いてない!

蛇口をひねると水の勢いがだんだん弱くなって最後に停止。
外へ出るとエレベーターは電光表示が消えていてこれまた停止状態。


マンションの張り紙
過去にも2度ほど停電はありましたが、すべて電話メールで理由と時間が知らされました。ところが今回は高圧電線の故障で臨時停電となっているとの張り紙。復旧時間も書いてなくて 心細い状況。
世の中は国慶節のゴールデンウィーク、おめでたい真っ最中なのに。

しばらくしてマンションの自家発電が作動した模様でエレベータや水道などマンションの施設は復活しましたが各戸は停電のまま。

マンション管理所から電話メールが
尊敬的业户:现小区公共设施用电及供水已恢复正常,请务必检查您的水龙头是否关好?以免因此造成不必要的损失,特此提示![香蜜山管理处]
2007.10.02 12:36
団地内の公共施設用電気と給水はすでに回復しました。どうか必要でない損失をもたらさないため、あなたの水道の蛇口が閉まっているかどうか確認してください。




なので香港へ行く用事があったので福田口岸から香港元朗へ。

福田口岸



元朗





夕方香港に戻っても電気はまだ・・・
トイレへ・・・
今の電化の世の中に機械的構造のトイレの水流しなんて古くさいと思っていたのが停電には力を発揮します。ただウォシュレットが使えず携帯用のウォシュレットを利用。

JUSCOへ食事と買い物に出かけました。吉牛を食べて今日からの食料の買い出し。


マンションには照明がない・・
日が暮れて再びマンションに戻っても各棟に灯りは見えず。
まず長いエスカレーターを歩いて会所へ。会所にも電気はなく4階まで階段で上ります。階段の要所には・・ろうそく! 
懐かしい。

そしてマンションの入り口。なじみのガードマンが「まだ電気は来てないよ、これをどうぞ」とろうそくを3本くれました。

自分の部屋に向かう途中、気がつきました。たばこをやめたので火がない・・ろうそくをどうしよう。
部屋に戻って暗がりの中、この前の網友が来たときのホテルのマッチを発見、ほっと一息。


ろうそくで水シャワー
ろうそくの灯りの中、汗の噴き出している体に冷たい水のシャワーをおそるおそるかけてみます。なんせ、デジタル式の給湯器、電気がないとガスに火がつきません。
まず足に、始めは冷たいのですが慣れてくると大丈夫、プールのシャワーのつもりで体を洗います。

もう何もできないので寝ることにします。
そして3日の未明、照明の夢をみて目が覚めました。寝る前に電源を入れておいた枕元の電気スタンドが灯っていました。やっと電気が復活、これからやっと普段の生活に戻れそうです。


携帯電話には管理所からメールが入っていました。
刚与供电局现场抢修人员确认,小区停电是由于香莲立交拐弯处修路将高压电缆挖断造成,预计2:00左右恢复供电,不便之处敬请谅解[香蜜山管理处]
2007.10.02 18:40
供電局の応急修理人に確認しました。停電は立体交差の付近で高圧線が切れたためです。深夜2時ぐらいに回復するでしょう。


深圳のこのマンションに入居して2年あまり、初めてちょっとだけろうそく生活を体験。電気がないとこれだけ苦労するものだと思いました。とにかくすることが何もなくなってしまいますから。

実のところ、ある目的があって9月からエレベータを使わず階段を上り下りする訓練をしています。私の部屋は12階、あと会所の4階とエスカレーターほぼ2階分で合計18階を階段で上り下り するのです。
なのでエレベータがストップしても普通と変わらないわけですが・・・

2007.10.04     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-9 

   【奈良帰省日記2007.9】 (4) 法隆寺へ - 斑鳩三塔をめぐって | 2007.9.26 |


奈良帰省日記2007.9 (4) 法隆寺へ - 斑鳩三塔をめぐって | 2007.9.26 |

法起寺




奈良の私の家は北東へ5km行けば奈良公園、南東へ5km行けば法隆寺の斑鳩と散歩の条件に恵まれています。
とくに田んぼの中にある法隆寺、斑鳩の里は田んぼが黄色くなる秋が一番いいと思っていますので出かけてみました。

斑鳩には法隆寺のほか、聖徳太子にゆかりのある塔のあるお寺が三つ、法起寺、法輪寺そして法隆寺です。この三つの塔を斑鳩三塔といいます。法隆寺が五重 塔、法起寺と法輪寺は三重塔ですべて国宝に指定されていましたが、法輪寺は昭和19年雷火で炎上してしまい、今は昭和50年に再建された塔です。
そして斑鳩は日本で一番最初の世界遺産となった地。

法隆寺へは時々行くのですが斑鳩を歩き回るのは随分久しぶりです。久しぶりに訪れた斑鳩はこれまた美しく変貌していました。なんか日本もいろいろありながら着実に美しくなっているのでしょうか・・・ほんとに嬉しいですね。
もし今奈良に戻って生活を始めたらしょっちゅう歩き回ることでしょう。

天気にも恵まれて(暑いけど・・)あちこちに咲いているコスモスの花が斑鳩に溶け込んでいました。



法起寺

現存する最古の三重塔。バス停には英語、中国語、韓国語で表記しています。今回の帰省で町にはこれらの文字が氾濫していました。実際外国人の姿をよく見かけましたし、日本人かと思えば中国語だったりしてちょっと楽しい・・











法起寺を出て法輪寺へ




法輪寺







お地蔵さん





法起寺、法輪寺を経て法隆寺にさしかかると今までの静けさが一変、観光客であふれていました。



法隆寺















そして法隆寺東院堂近くには中宮寺。
ここのご本尊、弥勒菩薩、半跏思惟像。中学のとき見た入江泰吉の写真の美しさがずっと頭にあり時々ここへやってきます。
今回見る像は何か少し違っているような・・・どうしてだろう。年と共に印象が変わるのか・・








帰り道で - 民家






子供のときから塔が好きで日本中を一人旅していましたがそのときに感じたのは、ほかの地域の塔は構造がほぼ一定なのに比べて大和の塔はそれぞれで意匠が大 きく異なることでした。法隆寺の骨太いどっしりした印象、薬師寺のほっそりとリズムを奏でるような軽快な軽やかさ、室生寺の檜皮葺の塔、談山神社の十三重 塔など・・・
各地の塔をめぐるたびに大和の塔の興味深さを知りました。ほんとに奈良に生まれてよかったと思います。

2007.10.04     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-9 

   【奈良帰省日記2007.9】 (5) ふたたび深圳航空で深圳へ | 2007.10.1 |


奈良帰省日記2007.9 (5) ふたたび深圳航空で深圳へ | 2007.10.1 |


深圳航空



一応日本滞在目的を果たしてふたたび深圳航空の帰りの飛行機へ。

関空では普通通りの手続きで飛行機に搭乗しますが、往路と同じように福州で入国手続きをしますので福州で降りなければなりません。
福州で飛行機を降りると案内にしたがって入国手続きに向かいますが、福州で降りる人とは入国手続き場所が違うので要注意です。
案内人の指示に従っていくのですが思わず間違いそうになりました。

入国手続きを済ませてふたたび機内に乗り込めばあとは1時間の空の旅で深圳ですので福州の入国手続きはちょうどよい息抜きかも知れません。

さて深圳です。
福州はボーディングブリッジがあるので楽なのですが、深圳ではボーディングブリッジがなく飛行機を降りるとバスに乗ります。
このバスも福州から国内便で来た人と大阪から乗ってきている人とは別のバス。
福州では預けた荷物の検査を受けていませんので深圳で検査するのだろうなと見当が付きました。

バスを降りると荷物の受け取り所、すぐに荷物が出てきました。これは非常に速い。
そして荷物のX線検査を受けて無事に終了。


深圳航空を利用した感想としては、慣れないとけっこうややこしいのでどうなのかなと。やっぱり直行便がいいのかなあ。
個人的には金額的な面と経路のバリエーションを考えてずっと続いて欲しいと思うのですが・・
価格次第ですが使い続けたいと思っているのです。


関空


関空


関空





2007.10.05     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(125) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (2) 内装費


【125】  マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (2) 内装費

内装費 ( 内装会社への支払い + 内装材料費 )
内装費は内装会社への支払いと内装材料費の合計としますと合計22.1万元、300万円。

内装会社は内装設計と内装工事を行なってくれますが、その材料費はほとんどこちらが負担します。内装会社に支払うお金には内装設計費と内装施工費(人件費込み)、備え付け家具の木材費などが含まれます。それ以外の内装材料はこちらで用意します。

内装材料 (人民元) 当方で買う材料です

当時の為替レートは (HKD---香港ドル、RMB--人民元、JPY--日本円)
100 HKD = 106 RMB、 1 RMB = 13.55 JPY

  • フローリング ・・・・・・・・・・24,700元 33.5万円
  • バス・トイレ(タイルを除く) ・・22,000元 29.8万円
  • システムキッチン ・・・・・・・・13,000元 17.6万円
  • タイル ・・・・・・・・・・・・・ 8,800元 11.9万円
  • 台所(タイルを除く) ・・・・・・ 7,800元 10.6万円
  • 壁紙 ・・・・・・・・・・・・・・ 6,700元  9.1万円
  • 大理石 ・・・・・・・・・・・・・ 6,200元  8.4万円
  • 照明器具、ランプ ・・・・・・・・ 3,600元  4.9万円
  • コンセント、スイッチ ・・・・・・ 2,100元  2.9万円
  • ドアノブ、取っ手 ・・・・・・・・ 1,200元  1.6万円
  • その他 ・・・・・・・・・・・・・ 6,900元  9.3万円



明細

フローリング (工事費込み)


バス・トイレ 2室分


タイル


キッチン


壁紙


大理石・砂岩


照明


コンセント・スイッチ


ドアノブ・取っ手


その他

2007.10.06     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(126) マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (3) 家具家庭用品費


【126】  マンション購入から内装工事、引越までの総経費詳細 (3) 家具家庭用品費
家具・家庭用品


家具・家庭用品 (人民元)

当時の為替レートは (HKD---香港ドル、RMB--人民元、JPY--日本円)
100 HKD = 106 RMB、 1 RMB = 13.55 JPY
  • テレビ、DVD 各2 ・・・・・・26,100元 35.4万円
  • 空調4台 ・・・・・・・・・・・・16,200元 22.0万円
  • その他の白物家電 ・・・・・・・・15,800元 21.4万円
  • 家具 ・・・・・・・・・・・・・・20,700元 28.0万円
  • カーテン ・・・・・・・・・・・・ 3,800元  5.1万円
  • その他 ・・・・・・・・・・・・・ 2,800元  3.8万円



明細

テレビ DVD


空調


その他白物家電


家具


カーテン


その他


2007.10.07     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (1)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (1)
2007年10月7日

石岩湖

クリックしてください 大きくなります






深圳にも温泉があります。石岩湖は深圳の中心部から北西に約40km、羊台山から少し行ったところでここに温泉があります。石岩湖温泉度假村、門票15元。

1000年の歴史があるとのことですが、この温泉は炭酸型温泉で水温67度、リチウム、ヨード、ホウ素などの元素に硫化物を含んでいるとのことで皮膚病リューマチに効果があり 疲れを取るといいます。
→  深圳石岩湖温泉度假村 


閉鎖されている会所
どのWEBを見ても大型度假村で多様な遊戯施設、会議室などが豊富と書いてあるのですが、実際行ってみるとちょっとゴーストタウン気味で閉鎖された施設など多く見かけます。まるで遺跡を散歩しているような感じ。
ただ個人的にはとてもすてきで全部の施設が生きていれば定期的に休暇に訪れたい感じではあります。盛んだった頃を想像しながら歩きます。



温泉施設は利用者が盛んなようです。入り口にはエスコート役の女性が二人待機しています。

今回入浴は見送りましたがここの温泉は水着をつけて混浴らしいのです。入り口には水着を売っています。



石岩湖温泉度假村の会堂。残念ながらこれも閉鎖中


湖の島にある会堂をつなぐ情人橋(恋人橋)







この温泉を通り過ぎると弘源寺という表示。まあちょっと見てみることにしました。石門をくぐり右へ、びっくりでした。
どうしてこんなところにこんな立派なお寺が、と思うような表現力のある景色が迫ってきました。
小山を背景にして小山の岩には仏様を描いています。





石岩湖温泉度假村・弘源寺 (2)に続きます

2007.10.08     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (2)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (2)
2007年10月7日

弘源寺

クリックしてください 大きくなります



それにしても仙湖植物園内にある弘法寺といい、この石岩寺温泉度假村にある弘源寺といい、入園料を払って入るところに建設するのがこちらの感覚なんでしょうか。信者さんは常に入園料を支払ってお寺に参らなければならないのか、それともほかにこちらの習慣があるのか・・

(写真は2007年9月と10月7日撮影のものです)





























動画 9月の法要のものです





そしてこの「裏山」には頂上を周回する石段が建設されていました。このお寺の完成図を見るとこの山に塔が建設されるようになっていますが未着工のようです。


石岩湖温泉度假村・弘源寺 (3)に続く

2007.10.09     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   宝安区 石岩湖温泉度假村 弘源寺 (3)


宝安区 石岩湖温泉度假村・弘源寺 (3)
2007年10月7日

石岩湖



回廊のように弘源寺の裏山を周回する石段を歩きます。標高338mと書いていますが、麓が高いので標高差はあまりないと思います。疲れ始めたところで頂上になってあとは下ります。「回廊」は全長988m、1038段の石段です。
それにしても近くの羊台山といい石岩湖といい、このあたりは石岩という地名が示すように岩ばかり。



「回廊」へ






石門を


岩と石岩湖















「回廊」を巡ったあとふたたび度假村の「遺跡めぐり」をしてみました。別荘のようになった会議室なども休眠中、テニスクラブがあるというので少し歩いて行ってみましたがクラブハウスも遺跡状態でテニスコートには洗濯物が・・・
せっかくの環境がかなり残念です。



コテージ風の会議室 残念ながら休眠中










湖の島に渡って弘源寺を








石岩湖は貯水湖として作られた湖。生活水源として守られています。したがって周囲は近づけないよう管理されているのです。こっそり産業廃棄物なんかを捨てられたらたまらないですからね。道路沿いには近づけないよう余裕を十分とって塀がありました。




で、この度假村にもこんな立て札が・・・
貯水管理人がモーターボートで来るのを湖水近くで写真を撮っていたら「湖面には近づかないように!」と注意されてしまいました。







石岩湖温泉度假村・弘源寺 おわり


2007.10.10     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(125) 今日も香港勤務 中国工場が懐かしい? (1997.8.13-14)

【125】  1997年8月13日(水)-14日(木)  今日も香港勤務 中国工場が懐かしい?
今日も香港。これでもう半月以上、中国・東莞工場に行っていない。中国のメンバーもなぜか懐かしい。
たばこも香港の一箱28ドル(450円)のものばかり吸っている。

朝から新VCD基板のマイコン・ソフト開発でミーティング。
いろいろ事情が読めてきた。マイコンのバグ(ソフトの不具合)とりを急ぐ必要がありそうだ。
結局今日午後ぐらいから中国・東莞工場に行く予定がおじゃん。明日もマイコンのバグとりに専念することになる。

新VCDシステムマイコンのバグ出し。けっこう出るものだ。少しずつ、小さいものが多く出てくる。全体的には現行のマイコンよりは良好。しかしサーボに問題がある。
上海から出張してきた日本人技術者は明日帰ることになった。

そして土曜日は同僚の結婚式が香港であるので東莞工場に戻るのは来週になる。

まあ、香港にいればいたらでいろいろ香港での仕事があるものです。半月以上も香港で勤務が続くとは思ってもいませんでした。

そして土曜日は同僚日本人とフィリピン人との結婚式。どんな結婚式なのかちょっとわくわく・・



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by