( 27 記事  3 ページ )
► 次のページへ

2007.06.01     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(92) ガス開戸手続き (2005.4.28)


【92】  2005年4月28日  ガス開戸手続き

今日は大理石屋が来る。
香蜜山に着く前に大理石屋が着いたと電話が入る。そのあと香蜜山の管理所から、さらに南山の大理石屋事務所からも電話が。
10分ちょっとで到着。工事人が西門で待っていた。

彼らを部屋に通したあと工事は任せてガス会社に行く。
ガス管を下の方へ移動させる必要があるが、開戸しないとガス管のルート変更工事をしてもらえないとのこと。まず開戸してガス屋が下見に来て変更ルートを決定、その後孔あけなど準備工事をしてから再度ガス屋を呼び再びチェックしOKであれば工事をするという手順。
昨日調べてみたらガス会社には既に開戸費用は払っていた。あとは手続きだけで良いはず。
管理所にはガス会社に行かなくても電話でいいと言われたが、初めてなのでどんなところか、どんな感じか好奇心がある。それに言葉の問題もあって行った方が手っ取り早い。
景田酒店の近くの事務所はすぐに見つかった。受付でコンピュータをたたくと、開戸されていないとのこと。?。もう一度マンション管理所で調べてみよう。

とりあえず腹ごしらえ。景新花園の前で粥を食べてから、香蜜山に戻ると管理所は昼休み。
その間に楽安居へ。角阀(水栓)を追加で2個買い、引き戸の引き手を3個買う。通りすがりに拖把池(ベランダ用の流し台)を見かけてこれも購入、配達料込み190元。ここでの洗手盆(衛生間用の手洗い)がいいなと思ったのでしばらく話し込んでいく。2つの衛生間分だとだいたい4,300元程度必要。しかし、決まったら電話で値段交渉をすると言っている。しかしながら、色に悩むところ。とりあえず即決はしない。
(写真は拖把池。その上に角阀(水栓)がある)

拖把池のためにベランダ用に洗濯機用の地漏(排水目皿)を買う。
大理石の工事人から電話、終わったので見に来てほしいと。バスを探してみたがマンションへ行くのは困難そうであきらめてタクシーで帰る。ほんとにここは香蜜山にとってバス交通が不便だ。

彼らと共に作業を確認する。牙加白の厨房の门槛(敷居)が大きいと思っていたがきっちり収まっている。トイレ2つもうまく入っていた。かなり加工したのだろう。沙岩は上部の切り取った部分が余っていた。斑点はうまく避けて使っている。全体が出来てこないとピンとこないが少し暗いかも知れない。彼らは456路のミニバスで帰るというので僕1人が銀行へ行って残金を出してくることにした。金額は合計5919元、定金(手付け金)が1300元入れてあるので残り4619元。余ったらご飯でも食べてくれと言って4700元を渡す。

 
管理所へ行ってガスの開戸について尋ねる。売買契約書なりの書類が必要らしい。僕の場合一部をローンにしているので銀行にも関係するようだ。ガスの開戸もなかなか面倒だ。
ついでに房産証(権利書)の手続き方法を聞いておく。

411路のミニバスで華強北の吉野家へ行き牛丼を食べる。再び411路に乗って羅湖へ。乗客はほとんど羅湖駅に行くと言うのでJUSCOへ行くというひとりを別の411路のミニバスに移して近道で羅湖駅へ。思いきりすっ飛ばしてあっという間に駅に着いた。

22,400歩

壁塗りがだいぶ進展してきました。

作業者の横に立てかけてある白っぽい棒はアルミの角材で平面度をチェックするのに使っていました。
 

 

だんだんいい色に見えてきます

2007.06.02     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(93) ガス開戸準備、房産証準備など (2005.4.29)


【93】  2005年4月29日  ガス開戸準備、房産証準備など
羅湖駅から1路のバスで田貝四路へ。昨日それらしい電話がかかってきて筒灯を受け取りに行ったつもりだったが、間違えたようだ。
5月1日に入荷すると言う。5月1日から連休ではないの?。いずれにしても時間がかかりそう。

近くの店でクローゼットや引き出しにつける鍵を見る。10元という。あんま湯船の近くのあの小姐の店は6元と言っていたもの。やっぱりあの店へ行こう。
彼女は僕が2回目ということでにこっとした。ここは前の購入時の感覚で僕の良心店リストに入っている。鍵、30mmの金色がなかったので銀色の物に。「6元?」と聞くと「OK」。

次は地王ビルにある永亨銀行。房産証(権利書)の申請に必要な契約書のコピーをもらうため。1路で引き返し地下鉄で地王ビルへ。入伙(マンション引き渡し)時の案内書を見せて「これ、これ。」と指さしで。相手はよく分かっていなかったが適当にコピーしてくれた。見るとローン契約書。でもこれ、僕も持っていないとダメだろう...

香港ドルでローンを組んでいるので返済は香港ドル。ここは香港系の銀行で香港ドルの小切手もOK。その場合、10万ドルまで手数料50元だという。ちょっと考える。香港の銀行から送金すると150ドルぐらいの手数料が必要なのでこれはポイントだ。振り込みするよりも小切手で入金する方が手数料が1/3になる。でも銀聯のキャッシュカードはないという。これは大きな問題。当面、ローン返済で小切手を使ってみよう。

近くで工事していた中国工商銀行ができあがって営業していたので寄ってみる。ついでに香港の小切手が使えるかどうか聞いてみた。使える、と答えが返ってきた。ちょっと朗報?もう少し調べてもう一つ口座を作ってみようかな。(あとで招商銀行にも聞いてみましたがここはだめでした。工商銀行っていいのかな)

104路で香蜜山へ。部屋の内装工事は今日は2人。でもかなり壁塗りが進んでいる。もうそろそろトイレなどの設置工事手配を出来るのではないだろうか。

会所の2階に寄って昨日言っておいた売買契約書を受け取る。書いてある事柄を確認してみた。驚いたことに僕の国籍が「中国香港」となっていて香港のIDナンバーが書かれている。パスポートナンバーはない。こんなんで後々問題にならないのだろうか...一抹の不安..バイバイ契約書?



時刻も早いので景田へ言って散髪とマッサージをする。
411路のバス。もう8時をすぎていたせいか、せっかく華強北はすんなり行ったのに、ジャスコの手前で渋滞に引っかかる。ここはすんなりとはいかないけど、こんなに混むことはないはず。しばらく行くと公安の車が数台止まっていた。何か事故でもあったのだろうか。事故車らしい車は見あたらない。
粉嶺で吉野家の牛丼。

16,000歩





 

 

2007.06.03     カテゴリ: 日記 >  四季の日記 

   【深圳 春】 深圳雨もよう


【深圳 春】 深圳雨もよう
2007年 06月 03日


2005年7月


2007年5月


雨のバス停 2006年9月


2006年10月


紅樹林生態公園 2007年5月


紅樹林生態公園 2007年5月


桃源村 2007年5月

2007.06.04     カテゴリ:  生活 

   深圳生活ファイル


【深圳生活】 深圳生活ファイル
2007年 06月 04日

どこに生活しても広告宣伝チラシのたぐいは郵便受けに投げ込まれます。
知らない街で生活を始める時にはこの情報も重要なものです。

入居時、給水器を買って水をどうしようと思っていた時うまい具合に名刺が・・・
管理所もここを使っているとのことだったのでとりあえず電話。値段を聞き「益力」というブランドの水を配達してもらったのが始まりでした。



20元でしたが、のちに友人が18元で買っていることが分かり値切り交渉。成功、今は18元。

ほかのコレクションの一部です。PCのデスクトップにファイルを置いています。

新しくCOCO-ParkにできたJUSCOの無料送迎バスの運行路線図


おなじみピザハット




クリーニング屋さん。香蜜山にあるスーパーマーケット内に連絡所があり、配達もしてくれます。


いやに安い家政婦。単発で1時間10元、月極で、週1回、1ヶ月8時間で68元は安い。


食事の出前


家電修理



簡体字が編隊を組んでますね。
「専業維修:分体(セパレート型空調)、柜式空調(ウィンドウ型空調)、中央空調(セントラルクーリング)、冰箱(冷蔵庫)、冷庫;電視(テレビ)、音响(オーディオ)、・・・・」

2007.06.05     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(94) メーデー (1997.5.1)

【94】  1997年5月1日(木)  メーデー

おとといの火曜日に中国工場にやってきた。深圳の駐車場でずいぶん久しぶりに「DAIWA」と書かれた車があった。ほんとに懐かしい。でも誰も乗っていなかった。

そして今日5月1日の中国工場はメーデーの休み。しかしながら香港族(日本人も含んで)は香港の休日に合わせて働くので中国にいても今日は出勤日。
協力工場へVCDの試験結果を見に行く。NG。4台不良、いやな予感。
工場に帰ってテスト。
夕方100台のエージング機のチェックと再テストのため作業員とともに再び超芸へ。

夕飯を近くの飯屋に食べに行く。
食後作業を始める。どうしてこれで動いているのかと思うような不良がいろいろ出てくる。10時過ぎ終える。
明日は6時起床か・・

「Daiwa」は私が大阪で働いていた頃の関連会社です。香港で働か ないかという誘いはあったものの、海外を知らなかった私はリハーサルのため、日本で設計し香港の会社に生産を依頼、香港の会社の中国工場で生産する、という会社に入社しました。
で、生産時は出張で中国にやってきていたのです。そのときの車でした。ほんとに懐かしかった。

当時、私は訪問客になりますので毎日入門帳に書き込まなければなりません。面倒なので一時的に社員証を発行してもらいました。「電子工程師、日語」と書かれています。中国では技術師は工程師となります。

ま、香港へ来て就職する以前のエピソードです。

2007.06.06     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(95) 「愛多」 - 当時の有名なVCDメーカー (1997.5.7)

【95】  1997年5月7日(水)  「愛多」 - 当時の有名なVCDメーカー

今日は中山市にある「愛多」というビデオCD機製造会社へ出かける。自分の仕事ではないが日本人同僚とでかける。

昼食後、深圳の営業マン2人とともに出発。新しい橋ができたのでそちらを通っていくようだ。
景色、道路など、初めて中国へ来た頃とはずいぶん良くなったような気がする。最もこのあたりは知らない所だけど。これなら日本の田舎の風景と変わることがない。ただ違うのは田舎なのに道だけが広々と走っている。新しい住宅もどんどん建っている。工場から間もない所にも新しい住宅群ができているが、なかなか売れず値段がどんどん下がって今は60万元ぐらいだという。

1時間半ぐらいで愛多に着く。橋がなかった頃はフェリーでまったりしてけっこうかかったらしい。
愛多は一つのビルを借り切って社屋としているようだ。6階建てというより5階半。6階は屋上、そこに技術の部屋がある。屋上では若いワーカーの女の子たちが何か勉強会らしいことをやっている。

技術の部屋で仕事をしているとまもなくたどたどしく僕を呼ぶ声が聞こえる。振り向くとひとりの中国人男性。見覚えがあるような気がするがよく思い出せない。「DAIWA」という言葉でみんな分かった。確か張氏だ。あの毛沢東と同郷だと宣伝していたあの彼だった。本葉に懐かしい。彼の仕事場は別のところだが用事があってきていたと。台和を辞めていくつかの会社を変わり愛多は2ヶ月とのこと。びっくりするほどの偶然だった。
しばらくして彼は握手をして職場に戻っていった。中国に来て初めての中国人知人との再会に少し興奮した。

帰途。5時半に愛多を出て6時半過ぎ工場に戻る。1時間ちょっとだ。橋のおかげで夕食に間に合った。


愛多はブランド名を「IDALL」といいジャッキー・チェンをコマーシャルに起用して、当時はShincoなどとVCD機のシェアを分けていて、中国ビッグ3でした。当時、中国メーカーのビデオCD機の製造といえば、電気回路が組み立てられた基板を他社から購入して組み立てていました。愛多でも数社から基板を購入していました。私のいる会社も基板を供給していました。

中山市へは初めてで諸相の景色も興味深いものでした。住宅がなかなか売れず価格が下がるって今から見ると不思議な感じですね。
この60万元の物件は周りを塀で囲われて門に管理人のいる純別荘というもので広々と作られていました。別荘といってもただ単に戸建ての家のことで、今なら普通は高層マンションに併設してあるのですが、この物件は戸建ての家だけで構成されていました。ちょっとへんぴな所。
今ならあの場所でも60万では買えないでしょう。たぶん10倍は必要でしょう。

(写真:純別荘西麗山荘)


2007.06.07     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  深圳湾公園・紅樹林海浜生態公園 

   福田区 紅樹林海浜生態公園


 福田区 紅樹林海浜生態公園

2007年 06月 07日

紅樹林海浜生態公園と深圳湾大橋
koujurin070607-1_600.jpg



 


紅樹林(マングローブのこと)付近は渡り鳥の中継地とのことでたくさんの野鳥を見ることができます。散歩中にもたくさんの鳥を見ました。野鳥観察用の説明が数多くありました。

案内板によりますと深圳市紅樹林海浜生態公園(深圳市红树林海滨生态公园)は1999年に建設され2000年12月、一般に開放、総面積21ヘクタール。紅樹林を保護するため浜海大道の計画を北に 200メートルあまり移動させたとのことです。



ここからは香港が見え、新しくできた香港と深圳にかかる深圳湾大橋の全貌を望むことができます。海岸線は立ち入り禁止になっていて一段高くした遊歩道があってここから眺めることになります。
遊歩道から浜海大道までの間は大きな緑地帯になっています。

5月の連休の時はめちゃ混みでしたが、予想に反してゴミが少ない・・マナーが良くなったのでしょうか・・


山は香港、ビルは深圳 クリックすると大きくなります














紅樹林と香港
























5月の黄金周のとき。(中国のゴールデンウイーク)


蹴羽根とひざまくら
  



雨もよう




2007.06.08     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(94) ガス開戸手続き成功 (2005.4.30)


【94】  2005年4月30日  ガス開戸手続き成功
今日のメインはガス会社へ開戸手続き。
ガス会社の事務所のある景新花園で338路のバスをを降りてまずご飯を食べる。その後、ガス会社へ。

この前管理所でもらったガス管の経路変更(改管)手続きの資料で、開戸手続きで準備するものは、身分証とそのコピー、支払いの自動振り込みのための銀行通帳、開戸費の領収書、権利書もしくは売買契約書の4つ。
用意してきた身分証のコピー、中国工商銀行の通帳を掲示、香蜜山との契約書を見せる。香蜜山のやり方が分かっているのか開戸費800元の領収書は必要なかった。パスポートも不要、香港のIDカードでよかった。5月1日から3日まで休みなので改管は5月4日以降になるとのこと。

窓口の小姐というかおばさんに「韓国人か?」と聞かれる。ここらあたりは韓国人が多いらしいので中国人でなければ韓国人ということになるのだろう。「日本人」と答える。
手続きはすんなり終わった。
(この頃はまだ石油気化ガスでのちに天然ガスに変更されました)


再び338路のバスで崗廈のホームセンター、世紀中心へ。目的は衛生間の洗面台を見るためだがいつものように好奇心の道草が多い。木目の大門(玄関の門)を見ると安い物もあるが見た目も安っぽい。前に行ったところが一番高級感がある。ただ高い。
聞いてみると、一番高いのは4200元で、安いのは3900元、これを3300元にするというがまだ高い。もっと探してみよう。


最後に前にいいと思っていた洗面台へ、3回目。店員も3回目だとよく覚えている。しかしブランドがおととい上沙のホームセンター、楽安居で見た物と同じことに気づく。ブランドは「園林」(园林、Gardens)だった。同じカタログもあった。店員は楽安居に「園林」の店ははないはずと言う。いろいろ説明して偽物ではないと思った。
それならば楽安居の方で話が煮詰まっているので向こうで買うのが筋だろうと思ったので、その旨伝えてこの店は辞退する。
しかし2カ所で気に入ったというのはこれで決めろと言うことかも知れない。楽安居で手付けを打とう。

再び338路に。325路に乗り換えて香蜜山へ。もう7時近くになっていて皆帰っている。暗くなってきてよく分からないがかなりできあがっている様子。

もう遅いので明日楽安居に行くことにしよう。タクシーで東海坊へ行ってご飯を食べて地下鉄で帰る。途中、楽安居の「園林」の小姐から電話がかかってくる。心配しないで、もう決めたから。

14,100歩

2007.06.09     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(95) 洗面台購入 (2005.5.1)


【95】  2005年5月1日  洗面台購入
疲れてる。休みたいけどあと少し。
362路でホームセンター楽安居へ衛生間の洗面台を買いに行く。
先客がいた。商談がまとまっているようで、しばらくして手付けを払っていった。
こちらはもう決めてきたつもりだったが小姐は「これは?これは?」と次から次へと出してくる。決めようとすると、他にこんなのもある、と出してきてまたじっくり見直したり...相手のペースで付き合わされている気分になる。ま、ともかく昨日決めたのに少しアレンジを加えて決定した。
主衛生間と公衛生間の2つ分、合計3,500元、手付けを500元払う。カタログをもらう。



 近くの鉄門屋で寄り道。木目の物には国産の鉄のもの、輸入物(韓国製)があり、韓国製を使用した物は中をくりぬいてガラス窓としているし、国産の物は全面が鉄で出来ている、という説明。国産は900元/㎡で大小門(大きな扉と小さな扉が観音開きになったタイプ)の場合だいたい2200元ぐらいだという。韓国製の場合50%増し。だいたい世紀中心と同じ値段。

香蜜山へ。今日は1人、壁を塗っている。メーデーの休みか...
とりあえず今日も一つ済んだ。
香港へ戻って粉嶺で食事。

7,600歩

2007.06.10     カテゴリ: 日記 >  四季の日記 

   【深圳 春】 深圳 降り続く雨に


【深圳 春】 深圳 降り続く雨によせて
2007年 06月 10日

深圳はこのところ雨ばかり。朝目覚めれば雨、激しく降り続き、時折雷を伴って。
なぜか週末に雨が多いような気がします。
2005年、ここに入居したのですが、このときも7月から8月にかけて夕立のような激しい雨がよく降りました。

雨で思い出すのが混声合唱組曲になっている高田三郎作曲の「水のいのち」の中の「雨」。


降りしきれ 雨よ
降りしきれ
すべて
立ちすくむものの上に
また
横たわるものの上に






雨の深圳


初めてこの曲を聴いた時、めちゃくちゃ心の中に入ってきてCDプレーヤーをRepeatにして何回も何回も聞き続けました。
今でも好きな曲で、日本にいた頃、旅行に行って雨が降るとウォークマンで必ずこの曲を聞いていました。


高野喜久雄 詩

降りしきれ 雨よ
降りしきれ
すべて
立ちすくむものの上に
また
横たわるものの上に

降りしきれ 雨よ
降りしきれ
すべて
許しあうものの上に
また
許しあえぬものの上に

降りしきれ 雨よ
わけへだてなく
涸れた井戸
踏まれた芝生
こと切れた梢
なお ふみ耐える根に

降りしきれ
そして 立ちかえらせよ
井戸を井戸に
庭を庭に
木立を木立に
土を土に

おお すべてを
そのものに
そのもののてに


MP3が見つかりました。聞いてみてください。
 混声合唱 雨  元ページ →  Chanter 
 男声合唱 雨  元ページ →  ようこそホームページへ 



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by