( 23 記事  3 ページ )
► 次のページへ

2007.03.02     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(68) TOTOウォシュレット、バスタブ (2005.3.29)


【68】  2005年3月29日曇  TOTOウォシュレット、バスタブ
羅湖から1路のバスで田頁4路と言うところでおりる。カーテンの宣伝やら内装関係の呼び込みが多い。

TOTOを扱っている店へ行ってみる。ウォシュレットやバスタブを見る。小さな店内を見て歩くと店員がついてくる。彼女に値段を聞いてもちんぷんかんぷん、なぜついてるのか、意味がない。
どうやらここの女ボスが値段を仕切っているようだ。見ると女ボスはえらそうにしている。机の内側に上司のように立派な椅子にでんと座り、客用にはパイプ椅子がある。客が部下みたいな格好。電話がかかってきたら商談中の客をほっておいて長話。これで商売ができるのだろうか。今思い返しても腹が立つ。価格は高め、おまけに値段交渉は聞く耳持たず。さっさと店を出る。気分が悪い。買うのは別の店にしよう。


田貝4路も内装材料の小物を売っている店が多かった。
机の引き出し用に鍵を4つ買う。1個7元、100円か、安い。あとカーテン屋を見学。カーテンのデザインを考える。

項目経理から電話。タイルが足らないと言う。香蜜山の現場へ行く。この前からあったけっこうな量の破損したタイルの破片は片づけられている。
ちょっと気分が良くない。割れていても別に文句を言うつもりはないのに。
使用されたタイルの数量を確認してみる。10%以上が浪費されたようだ。文句を言おうかどうかのきわどい数量。

あと敷居の大理石や玄関の大理石を買うように言われる。あと下駄箱の上の壁の石はどうしよう?

内装仲間に電話する。彼女はすでにタイルを何度か買い足しているとのこと。数が少ないと配達してくれないようだ。少しうっとうしい。

あの辞職した前の設計士にも久しぶりに電話して相談する。彼女は不足のタイルは項目経理に任せろ、と言うような感じのことを言う。彼女と一緒にタイルを買いに行ったときの数量は、項目経理から聞いた数量だという。とりあえず、明日、ホームセンターの世紀中心で落ち合うことになった。

地下の駐車場へ。いつもの仮店舗でだべる。フローリングの話をする。
別の工場へ見学に行ったこと、値段が安かったことを言い、値段のメモを見せる。紫檀が260元。彼女はすぐに嘉森に電話をして値段交渉。250元にすると言う。でも310元が250元と言うのが即座と言うのもおかしい。250元のサンプルを要求する。メーカーが違うのかも知れないし、材質が違うかも知れない。それにしても他と値段比較となるとかなり競争心をあおるようだ。すさまじい。
あとカーテンの話もする。

久しぶりに東海坊の日本料理屋へ寄って地下鉄経由で香港へ帰る。

13,500歩

2007.03.03     カテゴリ:  深圳内装日記2004-2005 

   中国深圳初内装日記(69) 大理石とフローリング材 (2005.3.30)


【69】  2005年3月30日曇  大理石とフローリング材
元設計士とホームセンター・世紀中心で待ち合わせる。1ヶ月ぶりだがいつも通りのイメージ。
石材を見て回る。いくつか値段を聞くが、彼女は南山区に安いところがあるという。明日、一緒に行ってくれると言う。

あと一緒に香蜜山へ行き状態を査定してもらう。ちょうど項目経理も来ていて話し合い。敷居の大理石の寸法と下駄箱の上の壁にはる予定の沙岩の寸法をとる。砂岩は木目のようになったきれいな石。

ちょうどこの忙しいときに木地板の嘉森の彼がやってきている。彼は地下駐車場の仮店舗に併設しているフローリング材料屋。ちょっと待ってほしいが・・・百安居へタイルの追加をしに行く前に地下の仮店舗に寄っていく。
 彼はこれだけ安くするから、今日契約をしてくれという。1週間待ってほしいと言ってあるのでちょっとうっとうしくなってきた。
彼は紫檀の場合、発注から納入まで30日だと言う。そんなことは前の時言ってなかったのに。今は在庫があるからすぐ契約してくれれば大丈夫と言う。一瞬あ せる。でもちょっとおかしいな。今日は絶対サインをするつもりはない。ちょっと待ってくれと言って元設計士と共に百安居へ。
百安居で木材を見学、紫檀の納期についても聞いてみる。3日だと。やっぱり彼は嘘をついた。

タイルを追加発注する。ただ、すでに納入されているタイルのロットNoが必要とのこと。これがなければ色目があわなくなるらしい。残念ながらロットNoは控えていないし、製品を入れてあった箱も捨てているのでどうしようもない。

明日、元設計士と世界の窓で落ち合うことにした。そこから南山の大理石屋へ行く。
百安居から215路もバスで羅湖まで。KCRに乗り継ぎ香港へ帰る。

12,000歩


この頃はすでに不動産屋が客を連れてマンションを見に来ていました。もう売買があるようで展開の早さにびっくり。

私のところには不動産屋からの電話が未だに勢いよくかかってきます。
気分のいいときは相手をします。で、ここを賃貸にするとどれくらいの家賃をとれるかを聞いたところ、7~8000元だが賃貸はまだ借り手が少ないので売る方がよいとのこと。ま、売買の方が不動産屋の手数料が大きいですからね。

2007.03.04     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (1) 一年ぶりの日本へ | 2007.3.4 |


奈良帰省日記2007.3 (1) 一年ぶりの日本へ | 2007.3.4 |


インド航空で香港から関空へ。
料金は安いのですが香港からの朝がめちゃ早くて7時半の便。

朝4時マンションを出てタクシーで皇崗へ。こんな時間は客が少ないのでタクシーも値切り交渉OKです。
正式には深夜11時を過ぎると3割程度の深夜割増料金になりますが実際には客が少なくなるので昼間より安くできます。

皇崗では誘われるままにワゴン車へ。値段を聞くと150元、人民元でも香港ドルでもいいと正直な対応。
「何時に出発するか?」
「5時頃、6時までに香港の空港に着く」
「間違いないか?」
「きっとだ」
と言うことで様子見にお金を払わずに乗りました。間に合わないと思ったらタクシーに変更できるように・・・

約束通り5時には客が7人そろい、めでたく出発。去年は日本人の客がほとんどだったのに今年は私だけ。英語が流暢な台湾人(外省人かな?)、フィリピン人、 白人など英語が飛び交います。
香港側のイミグレーションでフィリピン人のパスポートに問題があり30分ほど時間を浪費しましたが6時過ぎ香港空港に到着。

インド航空機は予定時間をかなりオーバーして離陸。はじめからかなりつまずきましたが無事関西国際空港へ。
そしてJR関空快速からJR大和路快速に乗り継ぎ。4人がけの席には前にちょっとイケメンの若者らしい身なりの2人。
小さな声で話し始めました。
「・・・ え ・・・」
なんとまあ中国語でした。日本へ帰ってきて初めて聞く会話が中国語とは!!

何回もつまずいた帰国日でした。


香港国際空港




空が白み始めた空港


日本関空付近


関西国際空港




2007.03.05     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (2) スーパーへ | 2007.3.5 |


奈良帰省日記2007 【2】 スーパーへ | 2007.3.5 |


昨日は夜に小学校の同窓生10人ほどと共に食事会、カラオケ。前日寝ていないこともあり昼頃に起床。

昨日、関空について一番に思ったのは空気の透明感でした。深圳では毎日朦朧としていて視界が悪い日が多いのでまずこれに感激。ただ、深圳の透明感のなさが何の原因か知りません。ひどいスモッグを知っている私には深圳のが単にスモッグのようには思えないので・・・
大阪も高度成長期にはスモッグで視界のない日ばかりだったことを思えば、深圳もいつの日かよくなることを期待したいですね。 

この種の環境問題に対しては世界中で日本人が一番敏感ではないかと思えます。品質と共におそらく永遠に続く日本人の良さだと思います。でも同時にどうして電柱に気を注がないのかが不思議でもあるのです。電柱の立ち並ぶ光景は気分をまったく不愉快にさせるのに・・・・

列車が山を抜け奈良に入るとまた透明感が変わります。見通しの良い日はJR法隆寺駅の前後で遠く飛鳥を遠望することができるのですが、昨日はあいにくでした。私の生まれたところは平城京の羅生門にもほど近いところ、従って奈良市ではなく大和郡山市。まだのどかな田園があります。帰省してほっとする瞬間です。



今日はあいにくの天気で近くのスーパーへ価格調査にでかけました。

家を出ると梅の花が・・


家の近くのスーパー


サッポロ一番の塩ラーメンが好きで深圳でもたまに買うのですが
輸入品のみで一個8-10元、100-150円。
ここでは5個入り278円、1個56円。



醤油は「うすくち」という私、キッコウマンとヒガシマルでは味がまったく違います。私はヒガシマルでないと・・・
香港・深圳ではヒガシマルを手に入れることができませんのでチェックポイント。安いです。



うどんは朝ご飯によく食べます。香港のスーパーや深圳のJUSCOでは1玉3-4元。50円程度。ここでは60円で2玉。



私にとって重要なお好み焼きとたこ焼き粉。これは香港より少し安い程度でした。


一瞬どっきり。頭だけ中国へワープ。1折398円
おお90%ディスカウント!!!
香港・中国で1折というと10%で売る、と言う意味。8折なら2割引





しかしさすがに本場、日本料理素材は私の深圳の頭の常識からすると激安。ほぼ半額です。
深圳や香港で日本食材にこだわって生活しようとすると日本での2倍から3倍のお金がかかりそうです。
深圳や香港での日本料理屋はコストの高い食材を使わねばならないのですね。でも深圳の場合、メニューの値段はそんなに高いとも思えません。利益率が悪いのでしょうか、それとも人件費?

反面、野菜など、深圳では日本より1桁違うものも多くありました。で、深圳の方が安いものも探してみました

米、中国産「あきたこまち」は5kg700円程度でした。本場の「あきたこまち」、10kg3880円。5kgあたりにすると1940円。



リフォームコーナー、リフォーム材コーナーでも値段を見てみました。
この部分はうーん、どうしてこんなに高いのでしょう・・・
きれいさや細やかさを感じるものと、ちゃちさを感じるものが同居しています。高いです



照明器具は日本が断然高いですね。深圳に比べて5倍以上です




食事と言えば生命や健康に重要なものです。とくに小さいときから慣れている日本料理で胃腸や体の具合が決まってるみたいな感じもします。
で、私にとっては日本料理は重要なもの、いかに自分の胃腸にやさしいものを料理するかというのが重要です。
深圳で住んでいくには日本食にこだわるとかなり高くつきます。これをいかに克服するか努力が必要なところです。日本に帰ってくると私の胃には心なしか少しやさしいです。

自分の胃のために大根ジュースの材料を買いに行きました・・ん・・・高い!
まず蜂蜜、見ると中国産。深圳でいつも買っている蜂蜜の3倍の値段。そして柚子茶、これも3倍。表示されている価格を人民元に変換すると手が出なくなってしまいました。
うーん、日本と深圳の「ええとこ取り」はできないものか・・・

2007.03.06     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (3) 飛鳥-明日香村へ | 2007.3.6 |


奈良帰省日記2007 【3】 飛鳥 - 明日香村へ | 2007.3.6 |


ずいぶん久しぶりに飛鳥へでかけました。私の日本時代の休日は奈良、京都、飛鳥を歩き回ることが多くありました。
飛鳥にはもう10数年ご無沙汰している気がします。家からは数10キロ離れていますが子供の頃の思い出もありますし私の心の中ではふるさとになっています。
京都市は母のふるさと。前回の帰省では奈良、京都へ行ったので今回は飛鳥に。


近鉄飛鳥駅前




天武持統天皇陵


川原寺


石舞台古墳と二上山(にじょうざん)遠望


祝戸地区






大和棟の家


橘寺




最後は甘樫丘。蘇我氏の大邸宅があったと言われるところです。ここから大和三山を見るのを楽しみにしていました。

大和三山は耳成山(みみなしやま139m)、天香具山(あまのかぐやま152m)、それに畝傍山(うねびやま199m)。畝傍山は麓で初代天皇の神武天皇が即位したと伝説のある山で、 この伝説に基づき明治時代に神武天皇を祀るため橿原神宮が建設されました。

大和三山は100m台の低い山々ですが、ここには日本で初めての都、藤原京が建設されたのです。低い山なので私も高校時代、三山とも頂上まで登りました。とくに天香具山は オートバイで登ったというならずものでした。


いざ甘樫丘へ


畝傍山と二上山(にじょうざん、嶺が2つ並んでいる山。高い方が雄岳、低い方が雌岳)




大和三山を目指して甘樫丘に登り、畝傍山と二上山が目の前に現れたとき、思わず涙腺がゆるんでしまいました。これがぼくのふるさと・・・予想しなかったことに誰もいないのに一人おろおろ。

二上山はふたかみやま(二神山)とも言われる山で大津皇子が処刑されまつられているところでこれまた古代の歴史の舞台です。姉の大来皇女の「うつそみの人なる我や明日よりは・・・・・」と言う歌が頭をよぎります。

深圳にもミニ・二上山があります。皇崗からバスに乗って深南路に向かう途中、北向きに走っているときに見えます。本場のよりも低くすぐにビルに隠れてしまうので写真を撮ることができないでいますが、私の心の中にミニ・二上山として登録されています。

石舞台古墳から夕日の沈む二上山を眺めて写真を撮りたかったのですが天気がだんだん悪くなってきたので断念。でも久しぶりの飛鳥は本当に楽しく知らず知らず2万7000歩、歩きました。ほぼ14kmになります。最後は知らないところを歩いていて橿原神宮駅まで行ってしまいました。健康も考えて結構早足で歩いているので疲れているはずなのですが・・

甘樫丘では飛鳥に関係ないのですが、ふとあの「三笠の山にいでし月かも」の歌を思い出しました。仲麻呂が中国にいて見た月を奈良のように感じて詠んだと言われる歌です。
本当に日本と中国仲良くしてほしいものです。

飛鳥はまた私の子供時代とは大きく姿を変えていました。言うなれば整備されすぎというか、保存のためのポリシーを感じないのです。整備をしましたという主張のための整備をしていないか、よく考えてほしいところです。
先祖の貴重な財産にカビを生やし、それを隠そうとするような保存であってはならないのです。
自分のふるさとと思っているだけにいろいろ感じる日でもありました。


大和三山

2007.03.07     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (4) 大和民俗公園へ | 2007.3.7 |


奈良帰省日記2007 (4) 大和民族公園へ | 2007.3.7 |


家の近くに大和民俗公園というところがあります。家からは2km足らずなので歩いてでかけました。

大和民俗公園は26.6haの広さ、県立で県立民俗博物館も併設されていてここで定期的に講座があって時々講座を受けに行っていました。大和棟とか大和格子など昔の民家のことを知ったのはここの講座でした。私がふるさとを勉強する手段の一つでした。

博物館の外は奈良県各地から集められた文化財級の古い民家を移築して野外展示しています。町家、農家、山家など。
その周りは広い森林公園みたいにとなってます。これが以前よりよく整備され充実してとてもきれいで感激でした。歩き回りました。



大和民俗公園へ


民俗博物館






野外展示 町家












これが出窓の発想なんでしょうか


民俗公園




山家




帰り道で 奈良高専前




家を出て横断歩道、信号は青、横から車が右折してきました。思わず中国のくせで、センターラインあたりで車を待ちました。これには車のドライバーが「????」。
一瞬止まったのですが私のこの反応にびっくり。でも次にすぐ私の前を通り過ぎました。
「車優先社会」(強者優先?)に慣れてしまった私、日本では不思議な習性でした。でもこのドライバーもちょっとあつかましいですね。
昨日も今日もこういう状態が続きました。再び日本で住もうとするとリハビリが必要なようです。

今日は一服のつもりだったのですが民俗公園を散歩していたら結局1万5000歩歩いてました。

中学の頃に悪友たちで休みの日には5-10kmのところの奈良、法隆寺などを歩いて往復しながら遊んでました。夏みかんが育っているのを見つけたらこっ そりとって食べたりとかもあるちょっと悪ガキだったかも。その影響でしょうか、今も歩くのはあまり苦になりません。三つ子の魂百まで・・みたいなものなの かな・・・・

2007.03.08     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (5) 京都山科小野梅園へ | 2007.3.8 |


奈良帰省日記2007 (5) 京都山科小野梅園へ | 2007.3.8 |

京都の梅林巡りです。
今日はJRで・・


JRみやこ路線(奈良と京都を結ぶ線)でまず山城青谷へ




青谷梅林
梅も終わりかけでちょっと寂しい、おまけにみぞれも降ってきました








さらに六地蔵、地下鉄経由で小野小町ゆかりの山科随心院小野梅園へ












地下鉄で


2007.03.09     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (6) ふたたび飛鳥へ | 2007.3.9 |


奈良帰省日記2007 (6) ふたたび飛鳥へ | 2007.3.9 |


今日も飛鳥へ
この前は途中から天気が悪くなってきたのでもう一度挑戦と思ったのですがやっぱり甘樫丘へ行くと天気が・・・
普段の行いの問題でしょうか・・・
でも今日も元気よく2万6000歩


飛鳥の梅










高松塚古墳 入院してあちこちパイプを入れられてる人みたい。
痛々しくてあまり見たくない図ですね。元々エアコンなしで自然に保存されていたのに




甘樫丘で絵を描く人・・




大和棟と梅


とある喫茶店で


2007.03.11     カテゴリ: 奈良帰省日記 >  奈良帰省日記2007-3 

   【奈良帰省日記2007.3】 (7) 深圳へ | 2007.3.11 |


奈良帰省日記2007 (7) 深圳へ | 2007.3.11 |


楽しかった思い出とともに深圳への帰途に・・

テレビはあまり見ることはありませんでしたが気になったのは金属が盗まれる事件。テレビの全国ニュースで毎日取り上げて言うほどのニュースとも思えないのですが、このニュースのおかげで私の深圳の隣のマンション建設現場、又ほかの建設現場でもそうですが、一晩中、煌々と灯りを点けて監視されている理由と効果がよくわかりました。ほんとに油断も隙もないですね。

深圳マンション建設現場の夜間照明




さて今日はインド航空で深圳へ戻ります。
液体持ち込みルールが2007年3月1日から変更になっていました。(クリックすると大きくなります)


インドから大阪にやってきた機で引き返すのですが、大阪への到着が遅れているとのことで13時の予定が1時間近く遅れて出発。
香港の空港からどの道筋で深圳へ出るか頭の中でいろいろ考えましたが、バスで帰ろうと模索。前回皇崗(落馬洲)まで100ドルだと言われ、高いと思って使わなかったルートです。

香港のバス乗り場へ行く通路はわからないぐらいに整備されていて中国行きのバス停も立派になっていました。
ここで2つの会社の呼び込み員が来てしつこく迫ります。皇崗へのバスです
「値段はいくら?」と聞くと1人が「100」、それを聞いた別の会社の小姐「うちは80だ」と、もう一つの会社も「こちらも80でいい」と。
「60ではどうか?」と調子に乗った私が問うと1人はそんなのだめだ、と離れていきました。
残った1人はしつこく迫って結局決めました。もらったチケットには100ドルの値段が書かれていましたので値切れると言うことでしょう。

予想通り30分ぐらいで落馬洲に到着。荷物はバスに残したまま、バスを降り香港側のイミグレ通過。中国側のイミグレについて荷物をバスから受け 取ってイミグレ通過、と言う手順でした。



関空へ海の上を


関空






香港


皇崗へのバス車内。すごくきれいでした。リクライニングもスムースに動きました


2007.03.13     カテゴリ:  香港在住日記1996-1998 

   香港初在住日記(70) 久しぶりのような日曜日 香港で (1997.3.9)

【70】  1997年3月9日(日)  久しぶりのような日曜日 香港で

昨日、中国から帰ってきて今日は久しぶりの日曜、休日のような気がする。ほんとに久しぶりにJapnese Hourのドラマを見る。ショーケンのでているもの。お好み焼きで昼食にする。


請求書がたまっていたため、支払いの小切手を郵送するためと支払機を探すために外へ出る。いつもとは逆の方向に歩いて探してみる。3階分ほどある長いエスカレータを2つ乗り継いで上がっていく。郵便局があった。当然閉まっている。ポストに支払いのための小切手を投函する。

更に歩く。「徳田商場」とある。何か以前見たような気がする。近づくにつれて思い出した。
以前、英国文化協会から試しにバスに乗って帰ったとき、自分のマンションを通らずにここが終点だった。あのときは訳のわからないところへ来たぞ、と思いタクシーで帰ったが、歩いて帰れる距離だったのだ。
少しずつ土地勘が出てきた。周りをしばらく歩いてみると緑がけっこう多い。香港人の生活のにおいもするし、たまにはこの辺を散歩した方がいいかな。こんなところで1人で歩いていると僕も香港人に見えるだろうか。

徳田商場には支払機があった。いつも使っている九龍湾のとは違うので少し面食らったがどうにか支払いに成功。「ACCEPT」の文字が出た。
これで一通り請求書のカタが付いた。



本屋で本を買いヤオハンでVCDを2枚買うと所持現金はスッカラカンになった。


当時香港では日曜日の昼近くにJapanese Hourとして日本の番組を放送していました。日系の会社が多くスポンサーになっていたようです。

電気代、ガス代などいろいろな支払いには小切手を郵送することができます。ATMのように設置数は多くはないですが支払機も適当なところに設置されていてバーコードのある請求書にはこれも使えます。これは自分のキャッシュカードを使い支払いする会社に直接振り込むという方法になってます。

上の図はこの日のガス代の請求書、一番下に支払機用のバーコードがあります。下が感熱紙の受け取り。
記録ではこの日はケーブルTVの支払いを小切手でしています。

この支払機で間違えて同じ請求書で2度振り込んだことがありますが、1回分は貯金したみたいな感じでストックされてました。「すでに支払われています」とコメントしてくれないところがにくいですねえ。もらったものは返さないという発想ですかねえ。

今の香港 尖沙咀




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by