カテゴリー 《 深圳タウンスポット 》  ( 41 記事  5 ページ )
► 次のページへ

2006.06.17     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   羅湖区 羅湖

羅湖区 羅湖
地王ビル(地王大厦)384m
1996年建設。当時は中国で一番高いビル


深南路地王ビル付近






万象城のスケートリンク


大劇院 (大?院)


羅湖駅付近


深南路 華強路付近




蓮塘・仙湖植物園


蓮塘


2006.06.29     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   羅湖区 芸展中心 - 贈答品、アクセサリーなどのブティックビル


羅湖区 芸展中心
2006年6月29日


芸展中心は深圳・宝安北路の家具店の 密集地帯の近く、梅園路にあり、香港モンコックの女人街のように気軽に買い物が楽しめます。贈答品などを扱っています。女人街は露天ですが、芸展中心は複数のビルの中に多数 出店されていて規模が大きくきれいです。

ぶらーっと行ってみました。マンションからは323路のバスで2元の距離、お手軽です。

→  芸展中心HP 











 



 






芳香器用の香水。2種類買い、45元でした


何となく芳香灯/アロマランプ(香灯; xiāngxūndēng)を買いました。調光器付き26元。
電球の上にある皿の中に水を入れ香水(香)を数滴垂らします。水が温かくなって香水の香りが漂います。

2006.06.30     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   福田区 花卉世界 - 花と植木街


福田区 花卉世界

2006年6月30日

深圳には数カ所の「植木街」がありますがその一つ、中心公園にある植木街、花卉世界です。ガーデニングの材料や設備も取り扱っています。とにかく規模は大きいですし、値段も安いです。





 

 

 


深圳中心公園は文字通り深圳の中心地区にある大きな公園の1つで1.5k㎡あります。
さらに中心公園を歩いて....


 

 



筍崗西路(笋岗西路)に出ます




このブログのテーマ・バナーです。5枚の写真をつなぎ合わせています。クリックしてください。


2006.08.14     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   福田区 電気街・華強路


福田区 電気街・華強路
2006年8月14日


深圳の大きな市場といえば羅湖の北の東門歩行街ですが、西へ行くと深圳で一番大きな電気街である華強路があります。昨日はここでやっているサイン設計屋の話 でしたので、追加写真です。写真にありますように現在新しいショッピングセンターを建設中で、何百というブースの販売をしたところ、2時間で全て売り切れ たとか。


もっといろいろ写真を撮りたいのですが、ここも繁華街、どんな人がいるかわかりません。
よく声がかかるのが「ノートパソコンあるよ」と言うもの。おそらく盗難品ではないかとにらんでるのですが...また盗聴器を10元で売ってたりします。
他にも立ちんぼでいかがわしそうな商品を売ってます。
そんなところであまり写真を撮っていると、いつどんな怖そうな兄ちゃんが声をかけてくるかも知れず...というのが頭をよぎってなかなか落ち着いて写真を撮れません。カメラ付きの携帯電話を買えばもう少し写真を撮れるかも知れないのでしょうけどね...


道幅は結構あると思うのですが歩道を大きくとっているため、車道は4車線のみ。バスの乗り降りが激しくバスが動かずにいつも渋滞。渋滞で動かないバスから写真をぱちり..


吉野家もあります。はじめは客が少なくてどうなるのかなと思っていたら少しずつ客が増えてるようです。


2006.08.27     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   龍崗区 布吉大芬油画村 - 油絵生産村

龍崗区 布吉・大芬 油画村

2006年8月27日

深圳の有名な油絵村に久しぶりに行ってみました。


深圳の経済特区を北に出て少しの布吉鎮「大芬」にある油画村がそれです。
  油画村のホームページ によると、1989年香港の画商、黄江が大芬にやって来て民家を借りて油絵の収集と販売をしたのが始まりのようです。


 



小さな展示場があり時々催し(テーマ展示即売会みたいなもの)があります。
一般的にそんなに高くはありません。
蘇州のような水郷の絵を3万8千元(小さいもの。たぶん長手が1m足らず)で売っていましたが、こういうのは本物・偽物の区別ができないので買うのが怖いです。でも見た感じはたいへん良かったです。桁が2つ違えば買ったかも。


 

 

 



展示場を中心に油絵販売や表具、額縁など、絵画と多少の彫刻関係を扱う店が並びます。しゃれた喫茶店もあります。


 

 




試しに買ってみました。40cm x 30cmぐらい。2幅で合計80元。
こういうのは高いのは買いません。値打ちがわからないのと、本物・偽物の区別ができないからです。安くて自分の趣味に合うのを選ぶのが一番なような気がします。

2006.10.02     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   南山区 蛇口・海上世界点景


南山区 蛇口・海上世界点景
2006年10月2日

南山区にある海上世界です。ホテルやショッピングセンターなどがあり、外人、特に白人の多く異国ムードのあるところです。
















2006年1月1日 New Year




2006.12.17     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   羅湖区 東門歩行街


羅湖区 東門歩行街
2006年12月17日

深圳で有名な繁華街、東門へ出かけました。私の頭には東の東門、西の華強路とあります。東門は地下鉄「老街」駅付近で名前の通り少し古い繁華街で、古い店と新しい店が混在、多くが新しくなってきましたが、今もあちこちで改装、改造中です。
華強路は地下鉄「華強路」駅の北側で日本橋や秋葉原のような電器屋街ですが、電気関係にこだわらず、生活品もたくさん売っている新しい繁華街です。

日曜日ということもあって、東門は気が狂いそうなほどの人だかり。では、散歩してみましょう












お茶の街頭サービスで引き込まれて普洱茶を買ってしまいました。
 



章魚小丸子はたこ焼きのこと。たこ焼きを売ってる店を何店か見つけました


東莞の長安で食べたたこ焼きはソースが悪かったけどソースを除いた味はよくここよりうまい。
 



それにしても人人人。疲れます。
治安を気にしてか、公安が小さな電気自動車でしょっちゅう見回ってました








散髪屋さんも綺麗になりました・・・



東門東側の東門中路、ここをさらに東へ行きます




カーテンを扱うビルに出ます。「窗帘」はカーテンのことです。
3階にカーテンを扱う小店がひしめきます。
ここは香港人が多いようで、広東語が聞こえます。身なりも香港人のような...
さらに4階には生地を扱う店がひしめきます。大阪船場のセンタービルを小さく押し込んだようで懐かしい雰囲気があります。





さらに東にすすむと厨房器具を専門にした厨安居
これは特大の厨房器具専門店で食堂相手の商売のようです。
日本料理屋用の食器などもそろっています。とにかくすごいので一見の価値あり。
中に入ると広東語が飛び交います。それも聞き慣れた香港広東語みたい。
おそらく香港で食堂を経営している人が買いに来るようです。香港への配送サービスも大々的にやってます。
店の人も私を見て広東語で話しかけてきました。




厨安居付近は生鮮食料品の市場と大阪道具屋筋のような店が並びます。ちょっと古道具屋みたいに見えますが...
厨安居を含めてここらあたりで厨房器具を買うと道具屋筋に比べてかなり安いです。桁が違うと思うようなのもあります。






今日は15000歩でした

2006.12.24     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   深圳 龍崗区 龍崗


深圳  龍崗区 龍崗
2006年 12月 24日

前に龍崗にJUSCOができたというニュースを聞いていましたのでどんな所かと興味を持っていました。心の赴くままにバスに乗って龍崗に出かけました。土、日曜の2日連続で。

経済特区から北東の方角、東莞市に近い所に龍崗区の中心、龍崗があります。
深圳市なのですが私のマンションからは50km近い道のりがあります。

365番のバスで龍崗へ。11元(170円)と聞いて高いなと思ったのですが50km近い距離と高速道路を20分ほど走るので逆に安いなと感じました。

高速道路を抜けて龍崗の入り口にはいると広々とした町並みに出て少しびっくり。マンション群は低層で少し古いながらも整然と区画されて道路は広くゆったりしていて緑は深く清潔感があります。特区内の渋滞がうそのよう。
JUSCOはさらに行った龍崗バス停の前にありましたがここまで来るとかなり清潔感はなくなりました。ただJUSCOがある付近は巨大なショッピング街として整備されてきているようです。JUSCOの中は特区内のJUSCOとは違って中国スタイルのレイアウト、中国スーパーの臭いを感じました。場所柄でしょうか・・・

12800歩


パノラマです。クリックしてください。広々しています。


適当なところでバスを降りたらパイナップル売り。
思わず買ってしまいました。1元。


龍崗もマンション建設が盛んです。不動産屋に聞くとけっこう高くなってます。
それでも福田区に比べたら半額。
























散髪をしました。20-30元程度だと予想していたら40元と書いてあってヘエー。洗髪がはやりのタイ式というやつ。仰向けに寝たままで洗います。洗髪しているうちに気持ちがよくなってきて あんまを30分してもらいました。あんまは20元。
カットははさみできっちり丁寧にやってくれました。



散髪を終えたらもう日は落ちて






JUSCOです


写真を見直してみると、うまく表現できてないのが残念です。ゆったりと清潔感のある町でした。好きになったみたい。

2007.05.28     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   肖像画の注文制作 - 深圳大芬油画村で

肖像画の注文制作 - 深圳大芬油画村

2007年5月28日

日本からのお客さんと一緒に大芬油画村へ行きました。

ある油絵工作室では注文を受けて描いた肖像画をカスタマーの要望で変更していました。
感じのいい吉林省出身の画家さんで27歳の時に独学で絵を勉強したとか、絵をとても丁寧に描いていました。

カスタマーは若い頃の自分とご主人さんの写真を2枚提出して、それをもとに新婚の肖像を描いてもらったとか。明日が結婚記念日。
中国出身でアメリカへ渡ったあと、香港人の旦那さんと結婚して今は香港に住んでいると。今日は香港から。



カスタマーから髪の花を大きくする要望があって、提示された写真をもとに修正しています。




できあがりの肖像画とカスタマー。若い時の雰囲気があります。ちなみにこの肖像画は1200元だそうです。


2007.06.24     カテゴリ: 深圳スポット >  深圳タウンスポット 

   羅湖区 深圳市動画制作中心


深圳めぐり 羅湖区 深圳市動画制作中心

2007年6月24日

113路という、南山区の蛇口から福田区を横断、深南路を通って羅湖区東端の蓮塘という所へ行くバスがあり、蓮塘へ行く時はよく乗ります。途中で漫画を派手に描いたビルと塀が見えるところがあり、いつもなんだろうと思っていたのですが、とうとう気が向いて降りてみました。






どうやらアニメの制作会社が集まったビルのようです。門の中には入れたのですが、建物の中に入るには普通の工場同様に入門手続きをとらなければならないようでしたので今回は断念。誰か知り合いがいれば中に入って見学したいのですけど。



門には「深圳市動画制作中心」と「深圳怡景国家動漫画游戯産業培訓基地」と書かれています。怡景と言うのは土地の名前のようです。怡景花園というマンションが向かいにありますので。



塀に書かれていたのは世界の有名な漫画です。日本人のは手塚治虫の鉄腕アトム(阿童木)や千と千尋(千与千寻)が描かれて顔写真付きで作者の紹介もされています。手塚治虫は「日本現代漫画の父」、宮崎駿は「日本動画大師」となっています。



























Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by