カテゴリー 《 求水山 》  ( 3 記事  1 ページ )

2009.03.26     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  求水山 

   深圳龍崗区 求水山公園ふたたび

龍崗区 求水山公園ふたたび
2009.3.26

求水山頂から (2009.2.27)



布吉の地下鉄建設を撮影したあと久しぶりに求水山へ行きました。
前回よりも視界はよくないものの天気は上々、梧桐山の全体を見渡すことができました。
そして・・・
ふと気がつくと塩田区最高峰の梅沙尖が見えている・・

( 2009.2.27撮影 )



今回は長城風の登山道を利用して


けっこう急な階段もありました


布吉の街並


ちょっと休憩。携帯電話を・・


大中小の梧桐山。奥が大梧桐山、テレビ塔が小梧桐山、その間に小さくとがった嶺が中梧桐山


梧桐山遠望 梧桐山の左に小さく塩田区最高峰の梅沙尖が (クリックすると大きくなります)


小梧桐山のテレビ塔


塩田区最高峰 梅沙尖(753m)




羅湖区の地王大厦が見えます


地王大厦


布吉の街並み






動物園の金網越しに きじ


下山しました


観光シーズンを控えてか、あたりは大掃除でした



「求水山ふたたび」 おわり

2011.07.25     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  求水山 

   求水山と油画村

長城風の登山道 - 求水山で

求水山と油画村

求水山公園と油画村
深圳の油絵村、大芬油画村の近くにある山公園です。山といっても253mの低い山ですが山頂からは深圳最高峰の梧桐山と梧桐山脈がよく見えるところです。
1996年4月オープン、53ヘクタール。

久しぶりにいってみました。
それとだいぶ前、確か3月、日本語のニュース(香港ポスト)でユニバーシアードのため油画村を撤去する、との記事を見ましてほんまかいな、と思いましたので油画村も覗いてみることにしました。撤去の理由としているユニバーシアードに向けた景観整備とか違法建築だとかの理由も理由になっていない感じで信じがたいのです。
油画村は全く「村」としてすでに生活基盤も整備も確立しているように見えるのでこれがなくなるとはまず考えられないからでした。

油画村
バスで油画村へ。地下鉄で行ってもいいのですが「木綿湾」や「大芬」駅から遠いし、バスに高速路線があるからです。
いつもと変わることなく油画村はありました。『ちゃんとあるやん』ほっとしました。
それにしてもどういうことから撤去の話が出たのでしょう。不思議です。こういうたぐいのニュースはちゃんと確認をとってから公のニュースにしたらどうでしょうかね。
まあニュースソースは時々「?」と思うことや間違いがありますのでブログで使う場合は確認をとる作業が必要ですがこれもそのたぐいかな・・・ それともこれからほんとに撤去される?

求水山公園

がんばれ
久々の求水山公園でしたが、ここもあちこちで工事中でした。何の工事かわかりませんが工事用パネルで遮られた細い通路を伝って公園入口へ。5元を払って入場。
山頂へはアスファルトの山道を登る方法と長城風(万里の長城)の登山道を上る方法があります。長城風の方が雰囲気がいいのでこちらを。
暑い中ですが253mの山頂ですのですぐに到着。

それにしてもここはゴミが大変。ほかの地域では人の気持ちが変わってきているのにここは依然と変わらないような・・・

求水山公園から見る深圳最高峰の梧桐山(944m)の迫力は乏しいですが全貌がよく見えます。
次は久しぶりに梧桐山に登るかな。

 



おっ少女ギャング 

でも笑顔はかわいかった

記念写真も工夫して・・

展望

梧桐山脈 後方の最高峰大梧桐山(944m)、テレビ塔のある小梧桐山(692m)


小梧桐山のテレビ塔と仙湖植物園の弘法寺


地下鉄線方面



油画村で
香池 珈琲画廊

2012.04.11     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  求水山 

   油画村と求水山

求水山から梧桐山脈を展望

油画村と求水山 (2012.4.10)


蝉がにぎやかになってきました - 裏山で (2012.4.3)
3月に入って燕が舞い始め、4月に入ると蝉が鳴き始めました。この日の求水山は蝉の声に鳥の声がかき消されていました。
新しいバス停から油画村へ乗り換えなしで行けることが分かってこのバスの利用して油画村から求水山へ登ってみようと出かけました。

大芬油画村

油画村
油画村へ地下鉄で行こうとすると龍崗線(3号線)、大芬駅か木棉湾駅で降りて少し歩きます。
乗ったバスは木棉湾駅を通りますのでここで降りて油画村まで徒歩5分から10分というところでしょうか。
油画村は一部、なお工事中。村の最後の形はどうなるのでしょう。

求水山へ

長城風登山道
さらに歩いて求水山へ。途中で粥を食べて虫養い。12元。うまかった。
油画村の前の布沙路を東に10分ほど行き、右に折れてどんどん行くと求水山酒店。ここに求水山への長城風登山道があります。登山といっても求水山253mの低い山。ただ入場券がいります。5元。現在は使われていませんが長城へのロープウエイも作られています。南嶺村が造った公園で昔は立派なテーマパークにしようとした意気込みが感じられますが今は少し寂しい。ふもとの遊園地だけは元気です。

求水山酒店には16時に到着。もう遅いかな帰ろうかとか考える・・・実は気温も高くジーンズで来たので足が汗だくで気持ち悪いので気分的にいやがっていたのですが、結局登ることにしました。

長城風の登山階段は傾斜が厳しいものの距離が短いので20分も登れば頂上。山頂からは相変わらず梧桐山脈が雄大。
別の展望台へ・・・あれま、樹木が生長して展望をさえぎってしまいました。地王大厦や京基100は見えそうで見えず。でも地下鉄(高架部分)が見えたのでやっと油画村の位置が分かりました。以前思っていたのよりかなりずれていました。

下山して木棉湾駅へ戻り同じバスで帰宅。

1万5000歩

 



油画村と地下鉄(高架部分)


遺物・・ ロープウエイ


いつも元気な紅羅雲(こうらうん)


もうお子様でしょうか?(警戒心が薄かったのでたぶん幼鳥・・) たぶん頬白白鶺鴒(ほおじろはくせきれい)の幼鳥。



2009.03.26  
深圳龍崗区 求水山公園ふたたび
2011.07.25  
求水山と油画村
2012.04.11  
油画村と求水山

Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by