カテゴリー 《 鳳凰山 》  ( 20 記事  2 ページ )
► 次のページへ

2007.11.19     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   宝安区福永 鳳凰山風景区 (1)


宝安区福永 鳳凰山風景区 (1)

2007年 11月 19日
廟から鳳凰山系



まず深圳市が市の48%を森林にするため、5年以内に森林公園を10ヶ所建設計画を立てたニュースです。
シンセンスクエアの原文は総額100億元となっていましたがほかで調べてみると10億元の間違いのようです。(下記は訂正済みです)

5年以内に森林公園を10箇所建設

深セン市民が休日にリラックスできる場所を増やそうと、深セン市が5年以内に森林公園を十ヶ所建設すると深セン日報が伝えている。
各公園の建設にはそれぞれ7千万元~1億元の予算が組まれ、全部で10億元が投資されると深セン市の緑化管理当局の職員が明らかにしたと昨日晶報が伝えた。公園が完成すれば同市の48パーセントが森林で占めることになり、一人あたりの森林面積は16平方メートルになる。

最初にに建設されるのは羊台山森林公園で年末から工事が開始する。宝安区観瀾森林公園、光明森林公園、龍崗区松子坑森林公園の実行計画は専門家による査定を通過している。

この他に建設予定の森林公園は以下の通り。
三洲田森林公園、排牙山森林公園、田頭山森林公園、清林徑森林公園、鳳凰山森林公園、鉄崗森林公園







梧桐山では翌日の筋肉痛を気にしていましたが普通の疲れだけでしたのでノーエレベータートレーニングの効果かと嬉しくなっています。で、マンションのノーエレベータトレーニングは継続中です。

山登りがやみつきになって11月17日に別コースで再び梧桐山登山を行いましたが、その間にも2つの登山をしました。
その一つが宝安区福永の鳳凰山です。1回目は出発時間が遅かったのでタイムオーバーで最高点まで行けず、仕切り直しで2回行って最高点へ到達しました。

鳳凰山は上記の森林公園計画に入っていてあちこちで道が掘り返されたり登山道を整備したりとすごいことになってました。
まず入り口から登山道で中腹のお廟へ向かいます。お廟にはたくさんの人で線香の香りと読経の声。


鳳凰山路口から鳳凰山


この石門はなくなりました


整備中




やっぱり人海戦術でした ご苦労さん








登山口から20分足らずで中腹のお廟に到着








鳳凰山遠望 (クリックすると大きくなります)

2007.11.24     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   宝安区福永 鳳凰山風景区 (2)


宝安区福永 鳳凰山風景区 (2)

2007年 11月 24日
鳳凰山系 麓に廟が見えます




中腹のお廟まで所要時間は15分程度でした。ここから山頂をめざします。
お廟から一つめの嶺には石段コースと地肌コースがありました。1回目は石段を行き、2回目は地道コースをたどってみました。
石段コースはいつもながらの石段が続きますが、地道コースは少し危険。斜面が急であるばかりでなく表面を砂が覆っているのです。おそらく登山者の靴で削り取られた土だと思うのですが、これが滑りやすくしているのです。あちこちで、ずるっずるっという音が聞こえます。
15分程度で一つめの嶺に到着。ここも羊台山と同じ岩だらけの山。歴史的にはどんな生い立ちがあるのでしょう。






石段コース
  

地道コース


一つめのピークで


ピークの女性三態 その1


その2


その3


ピークの男性一態(岩の上に小さく一人)と最高峰を望む


最高峰を








岩をよじ登るようにして進んでいくと行き止まりのように見える一つのピークに出ました。いつもの「告示」には「これ以後危険、先を行く場合は自分で責任を持ちなさい」

確かに怖い感じがしますが気にせず進む人もいます。自分でも岩によじ登って確認、見るとまだ行けそうなので進むことにしました。
とにかく最高点へ行きたい・・・・







この先危険の「告示」 自分で責任を持って進むことにしました


鳳凰山風景区 (3) へつづく

2007.11.25     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   宝安区福永 鳳凰山風景区 (3)


宝安区福永 鳳凰山風景区 (3)

2007年 11月 25日
鳳凰山



そして「もはや これまでか・・」
目の前に巨大な岩が数個重なっただけのピークです。これより先に道はありそうに波見えません・・が、とりあえずほかの人と同じように岩によじ登って確認。おっ、ありました。 まだ行けそう。
このあたりに来ると人もまばらになってきました。とにかく最高峰を・・・



最初のピークを。岩だらけです


たぶん最高峰


最後の難関、岩場のピーク



どういうわけか、おじいちゃんがレジ袋を持って空のペットボトル回収してます。
しかもなんとサンダル履きで・・・






やっとたどり着いた鳳凰山系の最高峰はゴミの山。そこには廃墟のような未完成の展望台がありました。周辺を散策しても高圧電線鉄塔とゴミだらけ、かなりショックです。
深圳特区内のきれいな公園とはだいぶ雰囲気が違います。これは出発点からそうでした。鳳凰山麓の集落のショッピング街もゴミだらけ。一昔前の深圳を思い出させます。これは時代の流れを 反映しているのでしょうか・・・
特区内が将来の姿を象徴しているとすれば将来に期待できます・・というより確信したいです。


石岩の新しいショッピングセンター
羊台山麓の街、石岩というところに従来のショッピング街の近くに新しく美しいショッピングセンターができました。古いショッピング街はやっぱり少しゴミっぽいのですが新しいところは雰囲気が違います。ゴミがありません。これを信じましょう。
森林公園整備でこの鳳凰山頂上も整備されることを期待して・・

さて下山です。少し古そうないい感じの石段の登山道がありました。やってきた岩場を戻るよりも安全そうですし、こちらを下山します。



ゴミの山にあった廃墟のような未完成の展望台


山頂からは別の登山道がありました。




車道に出ました。車道を少し行くとお廟です






お廟からもちょっと古そうな別の登山道を発見。こちらがいい・・




登山口へ戻りました




ネットや地図で鳳凰山のことを調べてもなかなか細かい資料に出会いません。地図には鳳凰山の表示は見あたりませんが大茅山(376m)となっているのがこの山だと思われます。
ネットでは鳳凰山の標高を678mと書いているのもありましたがとてもそんなに高いようにも思えません。まあ、公園の整備がすんだらそのあたりはっきり案内板ができるでしょう。


福永バスターミナル


国道107号線 ちょっと前まで往復4車線から6車線程度の細い道でしょっちゅう渋滞していました。
2倍以上に拡幅されました。工事は続行中です。


おわり

2008.02.18     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (1)


宝安区福永 鳳凰山風景区 Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園
2008年 02月 18日

新生鳳凰山森林公園


昨年11月に訪れた鳳凰山。
「5年以内に森林公園を10カ所建設」の計画できれいに整備されていました。
案内板も作られていまして、地図がありました。

案内板によると「鳳凰山森林公園」は周辺30平方キロ、半月型に展開して遊覧勝地は7つの景区、鳳凰広場景区、松涛石澗景区、鳳岩古寺景区、雲頂参天景 区、幽谷逸香景区、夕風唱晩景区、龍王廟景区があるとのこと。




これは方々に設置されているスピーカー。私のマンションにもあちこちに設置されて小さな音で時折音 楽が流れているのですが・・・
興味のある音楽とか雰囲気の出る音楽であればいいのですが、そうでなければけっこううるさいものでお金をかけて設置するものかどうかは・・ま、それぞれの 判断ですね。



昨年(2007年)の11月
 




2008年2月にはこうなりました






化石の木も











2008.03.01     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (2)


宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (2)
2008年 03月 01日

鳳凰山






鳳凰山中腹のお廟にはおみくじもあります。後ろのピンクの紙がおみくじ。20元



おみくじの箱をを持って礼拝、箱を振って中から1本飛び出させて番号を決めます。





中腹のお廟をあとにして上を。
石段には手すりが付けられ、あちこちに金網で危険なところへ立ち入りが規制されていました。以前は地肌道を行けたのにシャットアウト。
石段を登って一つめに頂上へ。

















最高峰を目指すために進みます。「この先危険地帯多し」の表示とともに金網で仕切られていました。 前回は無視していったのですが今回は引き返そうとすると一人の男性が・・
金網が不完全でした。端の方があいていたので彼とともにここから進みます。
そして最高峰は以前と変わらずゴミの山。あきらめて下山。



金網で仕切られてしまいましたが横の隙間からさらに先へ進みます








最高点はやっぱりゴミの山


2008.03.02     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (3)


宝安区福永 鳳凰山風景区Ⅱ 新生・鳳凰山森林公園 (3)
2008年 03月 02日


沿渓歩道






渓谷沿いに沿渓歩道が整備されていました。きれい。
できたばかりでまだあまり人が通っていないのか、ゴミはなくてほっとしました。



















車道の森林公園入口にでます






帰途に 道路も整備されました







おわり

2009.11.22     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   深セン 宝安区福永鎮 久しぶりの鳳凰山へ - 街路の急激な美化に思う

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ》 2009.11.22

深圳・鳳凰山・一つのピークから 人がいっぱい



久しぶりの鳳凰山へ - 街路の急激な美化 (2009.11.22)

お出かけ
久しぶりに鳳凰山へ。
気が向いたのでマンションから深南大道のバス停まで歩くことに。
街路の花々を観察しながら歩いていくとけっこうな種類があり、その上、今ではほとんどの名前がわかるので30分の道のりを楽しめました。
深南大道の再建築が始まっていた幽霊ビル(建設途中で放棄されていたビル)がすでに外観ができあがって覆いが半分ほどとれていました。

福永へ

どんどんきれいになるバス停周辺
久しぶりの福永、またきれいになっていました。
以前はほこりっぽさとゴミだらけの雑然とした街路で、人を誘って来ることなど思いもしなかったのですが嘘のように美しくなりました。薄汚かったアパートも外観が美しく塗装され、街路も見違えるように整備されていました。何とも急激な変化。これも2011年のユニバーシアードの効果なのでしょうか・・・

鳳凰山へ

鳳凰山森林公園の入り口付近
そして鳳凰山森林公園はうんざりするような人、人、人。公園の整備が進んでどんどん美しくなってくるとやってくる人も確実に増えています。中腹のお廟も新しく棟を建設していますし、ほんとに経済にしても何にしても目標が定まればその速度は半端ではありません。

そしてこれだけの人混みにもかかわらず、無雑作に捨てられるゴミは以前よりも少なくなっている気がします。周りの美化に伴って無意識にゴミに気を遣うようになってくるのでしょうか。服装も立派になってきたし、何より女性が美しく見えます。
経済特区外のこのあたりにも着実に経済的に豊かになってきていることを感じました。

帰途
遅くなったのでマンションの近くの吉野家へ寄って食事。
食後の帰り道、不動産屋の前の張り紙は・・・見てびっくり、香港の西九龍で見た価格に劣らない数字が並んでいました。最近の不動産の活況の現れか。
と、「ゆっくり見ていきませんか」
すばやく店から人が出てきてお誘いがかかります。にこやかにお断りすると別の人からまたお誘い。

となりのスーパーを見てたまごと歯磨き粉がきれているのを思い出して買いました。レジ袋はありませんので素手で持って帰り道、別の不動産屋の前の張り紙を。さらに高い物件でした。
ここでも人が店の中から出てきました。でも・・
僕の手のたまごと歯磨き粉を見て声をかけるのをやめられてしまいました。
ひもじい生活がかいま見えたことでしょう・・・


写真へつづく

2009.11.23     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   深セン 宝安区福永鎮 久しぶりの鳳凰山へ - 写真集 (1)

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ - 写真1》


鳳凰山へ
福永汽車站でバスを降り、鳳凰山へ向かうミニバスに乗り換えます。
実は乗り換えるまでもなく、公園前に行くバスもあるのですが、なぜか、宝安区以外からやってきたバスは主要な站でしか停車できないようなのです。で、鳳凰山森林公園前まではミニバスに乗り換えます。そしてここのミニバスでは深圳通が使えないので出費がかさみます。とは言ってもマンションから福永汽車站までは5元、深圳通を使って3.7元、乗り換えるミニバスは2元ですけどね。

ミニバスも深圳市の新しいバス系統に従って支線用のオレンジ車体になりましたが相変わらず満員の乗車率。この日も3台ほど満員のバスを見送りましたがぎゅうぎゅう詰めのバスで公園へ。


福永汽車站を降りて鳳凰山へのミニバス停へ。美しくなった街路


公園前に到着。ここも美しく整備されました


公園入口の広場はインラインスケートの天国


それにしてもたくさんの人。ミニバスが満員のはず・・


最初に見つけたのはなぜか迷彩色の葉をつけたブーゲンビリア。中国名は花葉葉子花というようです
→ 花叶叶子花


野牡丹と日々草の花壇




中腹の鳳岩古廟へ
登山口からは15分も登れば古廟。でも公路では中型バスがひっきりなしに折り返していました。
こちらの人はこれぐらいの距離なら足で登ると思っていたのですが・・ちょっと不思議でした。


古廟も大変な人


ここも観光地になったかな




1つめのピークへ - 飛雲頂
古廟からは15分もかからずにピークに出ます。
ここへは乗り物はありません。石段で登るか、野面径を登るか。


野面を登りました。ここはさすがに休みなしではしんどい。


ピークへ。この山は大きな岩石がとても多いのです


視界は全くだめでした。羊台山もうっすらだけ




第2のピークへ
少し下り登りをして次のピークへ



2つめのピークから先ほどの飛雲頂を



そして・・・
ここから岩石のピークを越えていくと最高峰の大茅山376mに到達するのですが・・
以前は「危険なので先へ行くな」の注意書きだけでしたのでどんどん進んでいたのですが、公園が整備されてからここに金網が張られて強制的に通行止めになってしまいました。それでも金網の破れから行けたのですがそのうち保安がはりつくようになって行けなくなってしまいました。
そんなに危険な感じではなかったのですがね。まあ、ここを通過するにはほかの手がありますが・・・

監視役の保安も金網の向こうで手持ち不沙汰


従って今回はここまで

つづく

2009.11.24     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   深セン 宝安区福永鎮 久しぶりの鳳凰山へ - 写真集 (2)

深圳福永 《久しぶりの鳳凰山へ - 写真2》


山頂さまざま
岩の上でお昼寝


記念写真








岩の上でおしゃべり


山頂で会社帰りのデート?






下山



再び中腹のお廟


お廟でも増築


帰りは公路を歩いてみました。人の行列


以前にはなかった案内。実にたくさんの見所があったようです








下山を終えて帰途に



ミニバスに乗ろうとすると相変わらずのすし詰め状態。少し遅く帰ろうと思い散髪屋へ。店はこぎれいになっていましたが、散髪の仕方は古かった・・・
髪に櫛をあて電気バリカンでさっさっ。15元。
散髪を終えるとすでに日が落ちていました。ホテル前の通りも整備されてきれい。


帰途の福永汽車站

久しぶりに鳳凰山へ

2010.02.27     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  鳳凰山 

   深セン宝安区福永 鳳凰山・鳳岩古廟 春節のなごり 2010.2.26

【深圳】 鳳凰山鳳岩古廟 春節のなごり
鳳凰山森林公園で


深圳鳳凰山 春節のなごり?

深圳・鳳凰山へ行きました。
春節らしき催しが未だに行われていてちょっとびっくり。
公園の前では獅子舞のようなパフォーマンス。
獅子の足をつけた二人の演者が小さな踏み台を演技をしながら跳んでいくもの。初めて見ました。



爆竹場

そして春節には欠かせない爆竹。毎年死者のニュースがありますがこれだけは・・
古廟に爆竹場がありました。まあ、音がすごい。
以前、香港の中国返還の日の花火をすぐ近くの大型客船(ふじ)に乗って見学していたのですが、花火の音で船が揺れている気がしました。そのとき以来の衝撃音。すさまじいこと。油断をしていると死人が出ても不思議ではないような。

ロケーション、以前の写真など → 以前の記事


鳳凰山へのアクセス
福永汽車站からオレンジ色の支線バスに乗り換え鳳凰山または鳳凰山路口下車
→ 福永汽車站 鳳凰山路口




中腹の鳳岩古廟へ

デイゴ (中国名:刺桐)
まず目についたのが見事なデイゴの木。香港青山でデイゴを初めてみたときは孤高を保つようにに一つだけ咲いていたのですが・・
鮮やかな赤い花が一斉に満開でうっとり。沖縄の県花でもあります。













紫紺野牡丹と紅花常磐満作の花壇


紫紺野牡丹と中国名の巴西野牡丹
日本のサイトに「花びらもしべも全部紫でなければ紫紺野牡丹ではない」と書いてあるのを見ました。
紫紺野牡丹は中国名では「巴西野牡丹」(巴西はブラジルのこと)ということになるのですが、中国の書物の巴西野牡丹の説明によると花びらが紫でしべが白いとなっていますので和名の紫紺野牡丹と中国名の巴西野牡丹は厳密にはイコールにはならないような・・
上の写真は全体が紫のとしべが白いものとが混在しています。

紅花常磐満作 (中国名:紅花檵木)
筆架山でみたときの紅花常磐満作は立派な大木でしたがこれも紅花常磐満作になるようです。花弁は4枚なのですがねむの木みたいに密集して咲くのでわかりにくい。




爆竹

爆竹 下から爆発していって・・





最後の部分が破裂する瞬間



そして

遠くに車輪を出して深圳空港へ着陸しようとする旅客機が


美しくなった鳳凰山と鳳凰山への街道
初めて鳳凰山を訪れたときは国道G107の福永バス停から鳳凰山への街路は砂ぼこりとゴミの舞い散るすごいところでした。こんなにきれいになろうとは・・
現在は街路に面する建物を全面改装工事中。びっくりするほどの美化速度とバイタリティー。
美しくなってゴミも少なくはなったというもののまだまだ多いのですが将来に期待できます。





Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by