カテゴリー 《 美術館 / 博物館 》  ( 6 記事  1 ページ )

2006.10.16     カテゴリ:  美術館 / 博物館 

   福田区 深圳博物館老館


福田区 深圳博物館老館
2006年 10月 16日

JUSCO福田店近くの深圳博物館旧館(老館)です。2008年12月、市民中心東翼部に展示場面積9000㎡の新館がオープンしました。
新館も基本的に構成は変わりませんがいろいろ工夫されていて楽しくなってます。(2009.3.7注)
再び深圳博物館を訪れました。
2年前とはやっぱりレイアウトが変わっていました。写真を70枚ほど撮りました。

深圳は、番禺県 - 番禺 博羅 - 宝安県 - 東莞県 - 新安県を経て深圳市となったとあります。アヘン戦争後の南京条約までは深圳も香港も新安県に属していたと。


番禺県   -221年 - -207年
番禺・博羅 206年 - 316年
宝安県   316年 - 618年
東莞県   618年 - 1368年
新安県   1368年 - 1911年

こうしてみるとこれらの名前は現在も全部残っていますね。


深圳博物館老館




はく製です








深圳の一人あたりGDPのグラフ。
2004年は5万9300元となってます。今の為替では約90万円、7500米ドル




記憶深圳--- 《深圳改革開放史》 実物資料展覧


上が現在の写真、下が1996年の頃の同じ場所






1980年代初期、深圳引退職工張世烈一家の家となってます




神舟5号


正面の像が林則徐


アヘン戦争 九龍海戦


租借新界


第2次アヘン戦争


抗日戦争












2007.04.30     カテゴリ:  美術館 / 博物館 

   南山区 南頭古城博物館


南山区 南頭古城博物館
2007年 04月 30日

2002年11月にオープンした博物館。


深圳博物館によれば、南頭(南头)は西暦331年、深圳 の前身である宝安県が誕生してその政治、経済、文化の中心地となったところです。
618年からは東莞県になり、1573年に再び東莞から分かれ新安県として成立、現在の深圳、香港を含んでいました。このときの中心も南頭です。これがア ヘン戦争によって新安県が分断されるまで続いた模様です。
(羅湖の北側に宝安北路という道があります。宝安区からはかなりはずれているので変だなあと思っていたのですが、宝安北路の名前はこの歴史と関係があるの でしょうか・・・)

したがって南頭地区は歴史的に有意義な場所であるのでしょう。
ただ、見学客は少ないようで私が行った時、券売り場の小姐は居眠り中、館内は電灯が消えていて、私が訪れたことで電灯がつきました。そして案内の小姐が やってきました。
門票20元。

展示は古代の考古学遺跡の発掘資料とアヘン戦争、抗日戦争。


博物館の近くにあったお廟




南頭古城博物館












アヘン戦争




抗日戦争


2007.05.03     カテゴリ:  美術館 / 博物館 

   龍崗区 客家民俗博物館 (1)


龍崗区 客家民俗博物館 (1)
2007年 05月 03日

中国の小平、台湾の李登輝などいずれも客家人です。客家という名前はずっと以前から知っていたような気がするのですが、意識しだしたのは小平の新書本を読んだ時からです。
香港に来る前か、来てすぐの頃か定かではないのですが、予備知識として小平のことを書いた新書本で彼が客家人と知ったからです。

ところで客家と言うのは民族ではなく、中国人主流派の漢族の一集団ということです。元々、華北に住んでいた集団が南下して広東省、福建省などに住むようになったといわれる人たちで、 彼らは独特の住居、囲屋というものを作って集団で生活していました。


円形の囲屋
囲屋は外面を防御用にしていて、日本でいうなら堀はないですが、環濠集落でしょうか。私のふるさとの近くに環濠集落遺跡があるので何となくそんな気がしました。
現代の深圳では団地全体を塀で囲い、一般人の出入りをチェックしていますが、これの原型でしょうか・・・
(写真の円形の囲屋はウィキペディアから転載しました)

海外に出ている中国人を全部華僑と思いがちですが、国籍が中国にある人だけを華僑と呼び、住んでいる国に帰化している人は華人と呼ぶそうです。世界に出ている華僑は客家が多いとか。

更に現在深圳には300万人の客家人がいてその大部分が龍崗地区に住んでいるとのこと。深圳が経済特区になった1979年頃は30万人だったといいますから、当時の10倍になったということ。 でこれは外来の客家も多いと思われます。

で、この博物館、龍崗にあるのも納得できるわけです。




博物館となっている囲屋












それでは中へ




まずは信仰から






外壁部分を内側から










客家民俗博物館 (2)へつづく (日曜日)

2007.05.06     カテゴリ:  美術館 / 博物館 

   龍崗区 客家民俗博物館 (2)


龍崗・客家民俗博物館 (2)
2007年 05月 06日

龍崗は2009年に全長33kmの地下鉄3号線(と言っても26kmが高架線)が開通する見込みですが、今は深圳福田区からですと高速道路を乗り継いでバスで行きます。
 → 深圳の地図  「龙岗」が龍崗の簡体字です。

博物館へは、いろいろ調べてみて地図では確認できたのですが、行き方がはっきりしないのでとにかくバスで龍崗へ行きました。大まかにねらいをつけた停留所で降りて地図と照らし合わせてみたのですがほとんど役に立たず、結局バイクタクシーを利用。でもバイクタクシーでも半分くらいは場所を知らないと言う・・・


はあ、どんなところなのだ・・ちと不安。
知っている運ちゃんでも、博物館までは遠いので10元だという。そんなはずはないだろうと思い、値切り交渉をしてみましたが、全く聞く耳持たず状態で、何台目かのバイクで仕方なく受けることにしました。
だって、高速道路も走りながら1時間以上かかったバスの料金が10元、数キロ程度の距離のバイクタクシーが10元と言うのは受け入れがたいのです。緑のタクシーなら初乗り7元のはずだし・・
緑タクシーもなかなか来ないので、まあ道案内料として割り切りました。

最大級の囲屋と言うことですが、面積が限られているので中へ入っていくとやっぱり狭いです。日本でも戦国時代に商人の街として自衛をしていた今井町なども同じように。
守りに便利なのでしょうか・・

実際に見ていくと守りを第一に考えて生活性を犠牲にしているようなところも感じます。外敵の攻撃が激しかったのでしょうか・・
近代では日本軍とも戦って焼き討ちにあったと書いてありました。







壁から突き出ているのは「とい」のようです。壁には雨だれのあとのような黒いシミ。
してみると、香港の古い建物が汚いのはやっぱりカビやこけでしょうね。
やっぱり導管で水を下まで導くようにしないとだめかな・・・ 汚い




















客家民俗博物館(3)へつづく

2007.05.07     カテゴリ:  美術館 / 博物館 

   龍崗区 客家民俗博物館 (3)


龍崗・客家民俗博物館 (3)
2007年 05月 07日

長屋のようになった住居の中を見てみますと、1階にはキッチン(かまど)とトイレ、その奥に小さな暗い部屋があります。ダイニングかな・
2階はベッドルームのようです。
でも・・暗く狭いですね。ここに住むことを想像してみると気分が陰気になってしまうような感じ。まあ、誰も住んでいませんので廃屋みたいになってるので住むイメージをするのが難しいだけかも知れません。


でもあちこち苔とカビだらけ・・湿気やすい構造だと思いました。うーーん。
排水の便宜のためでしょうが玄関口にキッチンとトイレ。おそらく排水路は玄関前の溝の地下かな?



住居の入り口にはいるとまず「厨房」、かまど。




その反対側にはトイレ


1階奥にダイニングらしき暗く狭い部屋があって2階にはベッドルームか・・・













農具もありました。見てほんとうにびっくり。奈良県立大和民俗博物館にある農具とうり二つ。
使ったことはありませんが、おかげで何に使うものかすぐわかりました。

これは稲穂から籾を取る器械ですね。取っ手を回すと中の「針金群」が回転、籾を取ります


もみがらと米に分離する器械。取っ手を回して風を起こすと軽いもみがらは遠い方に落ちます
大和民俗博物館のものは・・・  唐箕 




これはサトウキビをしぼるもののようです。木の突起は歯車



番犬を飼うのも、犬を食べるのも好きだったと書かれています







それにしてもここには今まで見たありとあらゆる「タクシー」が揃っていました。バイクタクシー、力車、自転車タクシー、三輪タクシー・・・ もっとあるのでしょうか・・

写真上は三輪タクシーとバイクタクシー。
下は自転車タクシー、荷台に背もたれを付けています。




そしてこれが緑の正当派タクシー。ただし特区内は走れません。特区外専用。

隣の自転車は・・・
おっと、タクシーではありませんね。
がんばって!



初めて龍崗を訪れた時の印象は清潔感でした。調べてみるとあるwebの旅行記にも別の客家村での印象を清潔としてありました。
でもこの博物館背後の住宅地のすさまじいこと。道を歩けばマンションの上の階の窓からバナナの皮やらが降ってくるし、おかげで道はゴミだらけ。一昔前の中国の悪い部分の印象がそのまま残っていました。
途中の住宅街はほんとに清潔的なのにショックでした。
写真は博物館裏にあたるところ。


でも対照的に地下鉄3号線の駅ができるところでは豪華なマンション建設が・・・
好奇心で久しぶりにモデルルームを見学。
値段はもうすぐ決定するとのことですが1万元/㎡ぐらいになるとか・・・
ちょっと前なら数千元だったのに・・



客家民俗博物館 終わり

2009.04.01     カテゴリ:  美術館 / 博物館 

   福田区 深圳博物館新館

福田区 深圳博物館 新館
2009.4.1

深圳博物館新館と小さく蓮花山



建設中の新館 深博HPより
1988年11月に老館である深圳博物館が開館。
そして2008年12月、新館が開館しました。

新館は鷹が翼を広げた形の市民センターの東翼部にあり、展示面積9000平方メートル。展示場は真新しく広大できれいです。(入場無料)

吹き抜けのホール、回遊する展示室群は基本的に老館の間取り、レイアウトを踏襲しているようです。


深圳博物館新館ホール吹き抜け部
1階
 児童館
 テーマ展示室
 マルチメディア資料室
2階
 古代深圳展示
 現代深圳展示
 深圳民族文化展示
3階
 深圳改革解放史展示
 改革開放以前の深圳

開放時間は10:00-18:00、月曜休館 入場無料。

深圳博物館のホームページによると老館は古代芸術博物館となります。
→  深圳博物館HP 


深圳博物館へ
 

深圳博物館内部





マルチメディア資料室



专题展厅(専題展庁)



テーマ展示です。
この日は「中国国家博物館典蔵精品展」



法隆寺が世界最古の木造建築として紹介されていました。
電光の書籍。内容が投影されていて指でページをめくる動作をすると次のページに移ります。





そして3階に移動

深圳民俗文化展示





この展示では蝋人形も使って当時の面影を再現させていました。
 

人形の食卓に参加する女の子。ままごと感覚なのでしょうか。かわいい。
 


古代深圳






 



現代深圳




 




深圳改革解放




 




そして



そこで終わりというところで後から係員の声。閉館時刻の催促でした。

深圳博物館新館 おわり


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by