カテゴリー 《 中山日記 》  ( 71 記事  8 ページ )
► 次のページへ

2014.09.27     カテゴリ:  中山日記 

   中山市へ引っ越し準備 - 賃貸契約 ちょこっとマカオ (2014.9.25 - 26)

中山市へ引っ越し準備 - 賃貸契約 (2014.9.25-26)

さて漢中から帰ったばかりですがまだ少しハードなスケジュールが続きます。いろいろとありまして漢中に行く直前に今月中(9月)に引っ越しをしなければならなくなったのです。で目標の中山でとりあえず賃貸マンションを探しに出かけました。予定ではとりあえず中山の賃貸に住んであちこち出かけていい物件を探します。そして年内ぐらいをめどに購入物件を決定します。


中山へ 不動産屋はどこ?
時間があまりないのですがまだ調査不足で不動産屋がどこにあるのかわかりません・・・スマホの地図アプリを検索しても不明。たぶん検索キーワードが悪いのでしょうが、とりあえず中山に向けて出発。いつものように福田汽車站からバスで。不動産屋の探し方がまだ不明のためバスに乗っていても憂鬱。


中山市中心部
中山到着後、 とりあえずは市の中心部に行き利和広場、京華酒店付近を少し歩いてみました。ありませんね。こんな探し方では時間の無駄ですね。中原地産で検索すると遠いですが1ヶ所ありますのでこちらをきっかけにしましょう。

バスで目的地まで。地図アプリで中原地産付近と思われる所へいくと・・・確かに不動産屋がありました!中原ではありませんでしたがとにかくこれで少し楽になりました。



家家順

市中心部にあった家家順
不動産屋の名前は「家家順」。この名前では店の前にいないと不動産屋とは全く想像がつきませんね。話しを聞くと家家順は77店舗あってこのあたりでは一番大きいとのこと。そうだったのか。スマホの地図アプリで検索してみると確かにたくさんヒットしました。これで一安心。

すぐ近くの新しいマンションを紹介されました。1部屋1900元。ま、仮の住まいなので一人暮らしにはこれで充分です。部屋もきれいですしこれで決めても良いと思いましたが他の所も見てみたいと思いましたので案内を求めましたが他は広い部屋なので・・ということで彼はギブアップ。意外にも近くの別の不動産屋に紹介してくれました。

別の不動産屋は「満堂紅置業有限公司」。こちらは置業がついていますので不動産屋とわかります・・地産では検索していたのですが置業では検索しませんでしたので改めて置業で検索してみるとけっこうヒットしました。ちょっと悔しい。
こちらで紹介してくれた物件も同じ新しい団地にありました。2部屋の部屋。でもよく見るとトイレが中国式のもの。これはちょっと・・

で中心部に戻って地図アプリでもう一度捜してみることにしました。やっぱり大きなビルの中にはありませんね。
ある家家順で話しを聞くと先ほどの物件と家賃はそんなに違いませんね。ただし、中心部のど真ん中の立派なビルは1部屋で3500元と問題外ですが。おそらく日本人や外人相手の値段でしょうかね。
始めに紹介された所は少し離れていますが静かで木々の多い所。不動産屋の小姐が自分の電動自転車の後ろに私を乗せて連れて行ってくれました。

こちらでは不動産屋で遠くの物件を見学に行く時、交通費は自前のようですので覚悟していたのですが中山では自分の電動自転車とか自分の車とかでちゃんと連れて行ってくれます。ちょっと中山はおもむきが違いますね。

こちらでは全部2部屋を紹介してもらいました。1部屋のは物件が少ないとのこと。
ただ時刻も遅いので中山に一泊することにしてじっくり考えることに。で不動産屋にこのへんに安いホテルはないかどうか聞いたらまたまた電気自転車で送ってくれました。



中山1泊
せっかくですので紹介された安ホテルに泊まることにしました。豪華単身房で140元。中はすごく広く、壁紙はめくれた所があるものの清潔感はけっこうあります。




契約
翌朝、ホテルから不動産屋に19階の部屋をもう一度見て問題なければ契約したいとショートメールするとすぐ返事、ホテルに迎えに行くと。これまたサービス満タン。
急いで身支度してホテルをチェックアウトします。すでに迎えがありました。反応もいいですね。

電動自転車に乗せられて再び物件を見に行きます。最初見た時より印象は良くないですがまあ仮の住まい、これで充分でしょう。「OK」。でオーナーに連絡。12時になるようです。あと2時間もあります。迎えが早すぎてご飯を食べ損ねたのでご飯を食べてくるというとこれまた電動自転車で。全く至れり尽くせりですね。

部屋と部屋からの展望。この展望は気に入りました。


予定より1時間ほど早くオーナーがやって来ました。ドスのきいた貫禄たっぷりのおばさんです。全部で4つの物件を持っているとか。
契約手続きと支払いを済ませます。支払いは香港と同じで家賃2ヶ月分の補償金(あとで返ってきます)と初月分の家賃で計家賃3ヶ月分。それに半月分の不動産屋への手数料。オーナーも半月の手数料を払います。
オーナーの名前をスマホの電話帳に入力するのを見てから顔が少しにこやかになりました。日本人が中国語を入力するのが嬉しかったようです。
契約書と鍵や光熱費支払い用の銀行通帳などを受け取り契約終了。

不動産屋ではどうして同僚やら通訳やらと一緒に来ないのかと聞かれました。日本人が一人でやってくるのが不思議なようでした。リタイアしているから、と答えます。それに数ヶ月前に初めて中山に来たので中山には友達も全くいないというのにも首をひねって・・・

私が引っ越してくるまでに家政婦さんを呼んで掃除しておいてもらえますかというとOKでした。電話で予約を取ってくれました。3時間で75元ということで支払っておきます。一安心。ちゃんと不動産屋手数料分の仕事をしてくれます。
引っ越した時には部屋の鍵を変える手伝いとインターネット接続の申請の手助けをしてくれると言うことでした。

やっとまた一つ肩の荷が下りました。あとは引っ越しを残すのみ。またネットで捜すかな・・
それにしても身体がハード・・・



城軌で珠海へ マカオへ

ビザの切れ目も近いのでマカオに行っておくことにしました。中山北站から城軌で珠海へ、珠海からマカオに入ります。

マカオもだいぶ長いこと来ていません。聞く所では入出国カードも不要になったとかで手続きがどう変わったか興味があります。
で、マカオ側イミグレで私は香港IDがあるので香港居民の方へ。おー確かに簡単。はんこもなしで滞在期限の書いた紙を渡されるだけ・・
マカオを出る時はIDカードのチェックだけ。確かにすごく簡単。
ところがシートを見ると入った日と滞在許可期限が同じ・・よく見ると年号が2015年!おー1年も。

おかしいと思って帰ってから調べてみると香港永久性居民は1年となっていました。なるほど。

それにしてもマカオ、財政が圧倒的な黒字超過でありながらどうして玄関口をちゃんと整備しないのでしょうかね。イミグレは新しくなりましたが。何にお金を使っているのかな・・





モバイルデータ通信 あれこれ
今回は漢中へ行く前にデータ通信の「10元套餐」というものに入っておきました。これは70M/月のデータ通信が可能で今サービス期間なのか100Mに増量。自分のお試し用なので来月になれば自動的に契約が切れるものにしました。
漢中では60%ほどを使い、中山でちょうど残りを使い切りました。前回套餐なしで使った時よりも断然安い。また必要な時に使いましょうかね。
このあたりを管理するには中国移動通信のスマホアプリをインストールしておくととても便利。もちろん移動通信カードを使っている場合ですが。

 

2014.09.28     カテゴリ:  中山日記 

   中山へ引っ越し手配

昨日微信(WeChat)で中山の不動産屋から私が賃貸した部屋の掃除が終わったと連絡がありました。きれいになっているのが楽しみです。

中山へ引っ越し手配 (2014.9.27)

引っ越し手配
中山の賃貸マンションを決めて帰ってきたら次は引っ越し手配。30日まではあと数日。
ネットで「深圳 搬家」のキーワードで引っ越し会社を検索。たくさん出てきました。手順や値段などはっきり表示してあります。適当なものを3つほどピックアップ、連絡を取ろうと・・・
ただ中山で貧弱な中国語で話しをしてきたので頭が緊張しっぱなしですのでここはちょっと人に頼ることにしました。

漢中の阿姨に頼むことにしました。といっても彼女がこちらに来て手伝うことはできません。彼女は日本語を話すことができますのでSkypeをつないだまま彼女に引っ越し会社と電話で話しをしてもらうことにしました。
実にスムースに運びまして30日の引っ越しと決まりました。引っ越し屋が梱包もしてくれるとのことなのでどの荷物を持っていくか仕分けをしておくだけ良さそう。

家具とか家電なんかはだいたい10年前に買いそろえたものですから新しく買い換えても良いことと買方の希望もありゆずることにしていますのでおそらく持っていくものはかなり少なくなるはずなので引っ越しも楽だと見込んでいます。


現マンションの名義変更手続き
そして今日は不動産屋、買方と一緒に深圳のマンションの水道、電気、ガス、有線テレビなど全ての名義変更をしました。すでに房産証(権利書)の名義もかわっていますし、先日残りの代金も支払われたのでこのマンションはすでに私のものではなくなりました。
引っ越し後は名実ともに他人のもの・・・

10年前、ここを購入した時はよもや売るとは思っていませんでしたが・・住み慣れた所、近くを散歩するとちょっと寂しいですが新しい地でも自分のふるさとにるように・・

 


中山






2014.10.06     カテゴリ:  中山日記 

   中山生活のはじまり - まず中山通を買う

中山生活のはじまり - まず中山通を買う (2014.10)

9月30日、いろいろハプニングがありながらも中山への引っ越しが終わり中山での生活が始まりました。
ただ日が悪く国慶節連休の前日のため中山のインターネットの手配が間に合わず、国慶節の連休が終わるまでインターネットが使えません。インターネット中毒気味の私にはとても辛いです。
で、この間はスマホのデータ通信でつなぐことにしました。PCのようにはいきませんがないよりはいいですね。8日ぐらいまでは我慢です。
あとマンション売却の最後の手続きも休み明けとなりました。また深圳にも行かなければなりません。まだまだ緊張が続きます。

とりあえず疲れをとるため2日ほど完全休養して少しずつ行動開始です。


まず中山通を買う

中り山通
中山にも深圳通のようなICカードがあります。中山通といいますがまずこれを入手しないと・・
中山のバスの初乗り料金は2元、深圳とも同じようにおつりは用意されていませんので乗車前に準備しておかなければなりません。おつりが欲しい時は現金で乗ってくる人からおつりを受けとりますが最近はICカードで乗る人が多いのであまり期待できません。ですのでICカードは必需品ですね。

まずスマホのデータ通信を利用してネットでICカードの名前を調べます。すぐに「中山通」という名前が知れました。あとは売っている所を・・おーなるほど。

マンションの近くのバス停から中山汽車総站へ。ここで売っているはず・・・案内所でたずねて場所へ行くと・・ありました、看板に中山通の文字。
65歳以上の老人卡というのがあるはずなので一か八か聞いてみると手続きできないと・・たぶん戸籍が必要?
で普通卡というのを購入。保証金が25元となっていました。全部で100元にして欲しいと言ったので使える金額は75元。当分は大丈夫でしょう。

 

2014.10.09     カテゴリ:  中山日記 

   スマホの無料VPNアプリ

スマホの無料VPNアプリ

昨日、中山通を買ったことを微信(WeChat)にUpしたら中山の人からいろいろ教わりました。
まずバスに乗ったら割引は50%であること、200元以上が入っていれば貸自転車を無料で乗れるとか・・
微信もいいものです。現在の相手で友人以外は主に不動産関係の人々ですが何となく身近になったように感じられてきます。

スマホのデータ通信の10元套餐、100M分を5日で使い切りましたので20元套餐を追加しました。300M。まあ今月はこれで充分でしょう。百度の地図アプリ、特に使い勝手がよろしい。近くに日本料理屋がたくさんあるのをこれで知りました。


ところで・・・
以前香港でインストールしたスマホのVPNアプリですが現在使っておりまして充分役に立っております。
まずGoogle Playが問題なく読み込めますので個人的に安心のアプリをダウンロード、インストールすることができます。

今AVGのスマホ用アンチウイルスアプリを導入してウイルスチェックをしているのですが百度応用からインストールしたものの中には時々このAVGチェックに引っかかって「アン・インストールしてください」のコメントが出てきます。ちょっと危険な香り・・・

中国製のアプリはポップアップの感覚のコマーシャルも多いし、何かの操作をすると何の断りもなしに別のアプリをどんどんダウンロードされてしまうこともあるのでかなり不信感が出てしまうのです。
まあ中国語でいろいろ書かれているのではっきり把握しないままに進んでいくことも不安のつのる原因かも知れません。それにしても中国のアプリはランするとあちこち元気よく走り回っているような気がします。

で現在、中国のアプリは百度応用からインストールすることが多いですがそのほかのアプリはGoogle Playとか日本のサイトから利用しています。VPNアプリを導入する前は香港に行ってダウンロードするしかありませんでしたが今はとても自由です。
ユーチューブとかも見られますしツイッターもLINEも問題なしです。
興味のある方お試しを。

 


中山・長江水世界
141005-2_600.jpg

長江水世界の近くで
141005-1_600.jpg

2014.10.10     カテゴリ:  中山日記 

   《中山生活》 インターネットの手配と設置 かなり麻烦です

中山・インターネットの手配 (2014.10.9)

インターネット(ADSL)手配
国慶節の休み明けに深圳に行き売房子の最後の引き継ぎを行ったあと香港に出て珈琲屋をやっている香港人の友人から簡単なコーヒーセットを買って中山に帰ってきました。
でやっと深圳のことが終了しましたので中山に腰を据えてインターネットの手配です。当初は不動産屋が手伝ってくれることになっていましたが長い休みのあとで気が抜けたのでしょうかね、「以前に教えた電話番号に自分で電話をすればOKですよ」と言う返事・・ちょっとつれない。

で電話をしてみると何かややこしそうです。身分証の提示も必要なようでやっぱりまずは直接会社に出向いて手続きをしないとだめなようです。会社の名前を聞くと中国電信。おっ、ここは深圳時代にいい印象がなかったのでできれば避けたいところですがまあとりあえず出かけてみることに。

でいつもの地図アプリで中国電信を捜して最寄りの営業所へ。ただ雰囲気がスマホ、ここでいいのかな。
とりあえず話しをすると 始めからスマホとインターネットをカプリングするセットメニューの話しが・・ADSL6Mでスマホのデータ通信500M、それに固定電話のセットで1ヶ月139元となっていました。光はないとのこと。やっぱり深圳は都会ですね。
現在使っている携帯電話は中国移動通信ですが変更する気はないのでセットメニューではなくインターネットだけのものはないかなと思ったのですがなかなかいい返事がない。
もしかしたら移動通信でもインターネットをやっていないかと聞くとやっているとのこと。で話しを中断しておとなりの移動通信で聞くと私のマンションには移動体通信がないのだとのことで再び電信に戻って・・・

インターネットだけのものはこれこれで設置するまでにだいたい1ヶ月かかると・・ホンマか! そんなことをしていたら競争相手に負けるでしょうが・・粘って話しをすると2、3日のものがあると言いました。と言うことでこれで手続き。1年分の前払い。カードはだめで現金のみと言うので近くのATMで引き出して戻ると全て準備は終了していました。
最後に彼女が言ったのは「モデムを準備しておいてください」
「は??」一瞬頭が真っ白とまではいきませんでしたがかなり明るい灰色・・モデムはインストールの時に持ってきてくれるのが当たり前と思っていたのでかなりの衝撃でした。
「どこで買えますか?」
「知りません。電脳の所ではないのかな・・・」
おーっ。


小さくなったモデム
考えてみると話しが何かちぐはぐな感じでした。言葉の問題でうまくやりとりができなかったのでしょうかね。
しょうがない、地図アプリで・・電脳の店が近くにあるようなので行ってみると何もない。で思い出したのがマンション見学の時にとあるマンションの近くにたしかあったような・・微信で彼の肩書きを見ると・・・
で数碼広場で検索するとけっこうヒットしました。バスで向かいます。始めの店で見つかりました。80元。値切れるのかどうかわかりませんが言い値で・・
それにしても小さくなったものです。深圳で10年使っていたものは大きいのにこれは手のひらサイズ。


モデムを探し回っている時にショートメール。
「明日の午後インストールに行きます。OKであれば同意、もし日を変えたいのであればいつがよいかを書いて返信してください」
これ、いいですね。電話がかかってきて’中国語で早口でしゃべられたらかないませんがメールで来るとちゃんと確認できます。もちろん「同意」で返信。するとさらにメール。
「あなたが予約したのは12時から18時の間です。業務に関するPC、MODEM、電話機などを用意しておいてください。」
12時から18時とはとてもざっくりしていますね。たいがいは2時間ぐらいの幅ですが6時間も幅があります。来る前には電話してくれるでしょうね。

インターネット(ADSL)設置
朝、昨日から少しおかしかった無線キーボードの調子が良くない。あわててキーボードを買いに出かけました。まず国美へ。あるにはあったのですが製品の封が解かれていてちょっといやな感じ。で近くのウォルマートへ。封がちゃんとしてあって良好な在庫管理状態。買いました。99元。国美より少し高い目ですが安心料かな・・

11時50分、電話がありました。ほぼ時間通り、いいスタートです。ほどなくやって来ました。
順調とは行かないまでもインストールが済んでやっとインターネットが使えるようになりました。これから更新は普通通りに。

 

中山

2014.10.12     カテゴリ:  中山日記 

   《中山生活》 左ハンドル左ドアの路線バス + 太陽城ウォルマート

左ハンドル左ドアのバス

左ドアのバス

ドアが進行方向に向かって右ではなく左のバス
初めて中山に来た時不思議だったのがこのバスです。
日本は車が左を走るのでバスは右ハンドルで左側にドアがなければなりませんが中国は「車は右」の国ですからバスは左ハンドル、乗客出入り口は進行方向に向かって右側でなければなりません。ところが写真のバスは左側、そして運転手も左。






左ドアのバス車内(連結バス)
なぜこうなるかというと・・・
実は中央分離帯にバス停があるのです。改札口があり「プラットホーム」に入ります。ホームの両側にバスの乗り口あってバスが来ると乗り口のホーム・ドアが開きます。
で、歩道側に止まるバスとは乗り口がかわるのです。

実は初めに見つけたのは左ドアバスではなくて中央分離帯にバス停があることです。
発想としていいかも、と思ったのですがよく考えてみるとバスのドアが反対側になるはず・・と思って観察してみて左ドアのバスを見つけたのです。

このバス、特注なんでしょうかね。2両連結のバスもありますしけっこうお金がかかっているような。
バス停には無料のWiFiも設置されているようです。



中山のもう一つのウォルマート
地図アプリで検索すると中山にはウォルマートが2店舗あるようです。一つは中心部にあるのですが、もう一つは中心部からかなり離れていて、もしかしたら大きなニュータウンがあるのかも・・と、ちょっと興味が出ましたので行ってみました。
左ドアのバスB1(→路線図)の終点にもう一つのウォルマートがありました。火炬開発区。中心部からは地図で測ると13kmほどありました。あたりは開発中のようでたくさんの新しいマンションができ、また建設中。まあ広々としています。
近くには4188元/m2と書かれた新築マンション。安いですね。

ウォルマートの店舗はすごく大きいスペース。太陽城購物中心にありました。お客さんはどれくらい来るのでしょうか。
見学したあと時刻も遅いので太陽城の小さなフードコートで叉焼飯とたこ焼きを食べて帰りました。

 


中央分離帯にあるバスの「プラットホーム」


改札を通るとこんな感じ。駅構内ですね。


このピンクの花、●徳利木綿(とっくりきわた ★美人树 → 花暦)のようなのですが時期が少し早い感じ。あちこちの中央分離帯に植えられていて日本の桜みたいにとてもきれいでした。
徳利木綿はとげのある幹がトックリみたいに中ほどがふくれています。

バスは左ドアのバスB1路


もう一つのウォルマートの入っている太陽城


帰りのバスで。やっぱり左ドアのB!路のバス


2014.10.15     カテゴリ:  中山日記 

   中山新築マンション巡り (1) 火炬開発区の凯茵豪園

中山マンション巡り (1) 東部の凯茵豪园 (2014.10.7)

凯茵豪园(kǎi yīn háo yuán)  中山市火炬開発区

中山港に行った時、帰りに寄ってみました。
ここは各地下調べの時にすごくいい印象だったのでまた来てみました。ただ問題点は市中心部から遠くバスの便もあまりよくないことです。豪園専用バスもあって市中心を往復しているようですし、香港への船が出る中山港へもバスが行ってくれるとか。さらに香港行きの船の割引もあるという話しですが・・・
あと買い物とか生活環境の確認も必要・・ 車を持っていれば問題ないでしょうね。

まあ遠いと言っても10kmたらずなのですが市の規模からすると遠いということになるでしょうか。
めちゃくちゃ広大なエリアで★别墅(直訳すると別荘ですが戸建ての家)も非常に多くありました。広さも300m2程度のものから90m2ぐらいのものまでさまざまですがどちらかというと比較的高級な物件が多そうです。

ここの開発商は香港関係らしくて買った人の30%は香港人だとのこと。すでに売り切れているところが多く売れている部分は開発商の手から離れて不動産屋の仕事になります。
不動産屋へ行くとまだ内装のしていない物件がふんだんにありました。買ってすぐに売りたいという物件です。転売して儲けるというのが普通ですがここのマンション群は買ってみたけどちょっと不便ということで売る人もいるとかいないとか’・・・

それにしてもあちこち别墅だらけ。このエリアはそういうコンセプトなのでしょうか。ここからさらに離れたところ、広珠城軌の線路近くにまで伸びていて城軌に乗るとよく見えます。すごくきれい。でもここはさらに3kmほど離れていて車がないと無理ですね。

帰る頃は黄昏。バスを待っていると住戸専用というバスがやって来ました。私が乗っていいのかわかりませんがとりあえず乗りました。高級そうなシャトルバス。
市の中心部で下車、やっぱりお金がいりました。中山通でぴっ。




 


凯茵豪园


丘に広がる别墅群




こちらはガーデン内に併設されている别墅








販売所。売れ残っている物件や新しく建設中の物件を売ります。


帰る頃には黄昏・・


2014.10.26     カテゴリ:  中山日記 

   《中山市》 東鳳鎮 のどかな風景

中山市東鳳鎮 のどかな風景 (2014.10.26)

今日は深圳にいたら私の登山記念日で梧桐山に登っている時ですね。今年は中山でちょっと雰囲気が違うので少し延期かな・・

この前バスに乗っていたら前を走っている車に「湿地公園」の文字が見えてもしかしたら中山にも湿地公園があるのかな、と思って調べてみたら東鳳鎮に和穂湿地公園というのが見つかりました。野鳥がたくさん見られるのかなと確認のために行ってみようと。

K12路のバス


和穂生態園となっていました。
簡体字と繁体字が入れ混じっているような・・・



東鳳鎮は住んでいる所から30kmほど離れています。
K12路のバスで東鳳鎮政府まで行きさらに乗り換えます。K12路のバスはけっこう豪華。
バスを降りて20分ほど歩くと到着。見ると和穂湿地公園ではなく和穂生態公園となっていまして鳥の雰囲気ではなくがっくり。はずれでした。
それでもきれいに整備された川沿いの公園でした。


あと、東鳳鎮政府に戻って少し歩いてみました。のどかな感じが落ち着かせてくれます。


 


東鳳鎮政府バス停付近





そしてのどかな風景







和穂生態園




アメリカデイゴ (★鶏冠刺桐)の赤い花


八重咲きの芙蓉(ふよう)


黄胡蝶(おうごちょう) (★金鳳花)




2014.10.30     カテゴリ:  中山日記 

   中山市三郷鎮(三乡镇)の街とマンション事情

中山市三郷賃の街とマンション事情 (2014.10.29)

中山最高峰の五桂山の登山口を捜そうとマンションから20kmあまりの三郷へ行きました。登山口探しは失敗でしたので少し三郷の街を散歩しました。
私のふるさとの奈良にも三郷町という所があるのでとても懐かしい響き。もっともこちらは簡体字で三乡と書くのでわかりにくいですが・・

市中心部の利和広場からK09路のバスで、6元、中山通で3元。恵州でもそうでしたがKの付くバスは長距離の快速バスかな。「快(kuai)」のK?

三郷は市の中心部からはかなり離れていますが広々としたこぎれいな街でした。古い建築物が少ないのでしょうかね。ブラック的な場所がありませんでした。普通の田舎の繁華街という感じで馴染みやすそうな・・


K09路のバス車内。照明はLEDでした。


こんなのがありました。
こんなのがありました。銀座。こちらの人は銀座という文字の感じが好きなんでしょうかね。よく使われています。
深圳にもありましたし、香港の軽鉄の駅名にもあります。駅名は「Ginza」とアルファベットでも書かれています。


 


広々したのどかな風景。バス停から


三郷鎮文化広場


中心部付近



郊外に出ると别墅(別荘)。ただこれは中国别墅と書かれていて中国風別荘ということかと興味津々






そしてすぐ近くには現代風の别墅。このあたりは少し高級なのが並んでいます



こちらは一般的な住宅。ただ、開発業者は珠海何とかかんとか・・・そういえばこのあたりは珠海市に限りなく近い。





2014.11.01     カテゴリ:  中山日記 

   《中山生活》 詐欺メールがきた・・・

詐欺メールがきた (2014.11.1)

今日の天気予報ショートメールによると寒気が通るので明日は気温が大きく下がるとのこと。
ちなみに今日はまだ短パンで出かけました。
で天気予報を確認すると明日は22度から28度、明後日が20度から26度という予報。今日は22度から30度。もうそろそろ短パンは無理かも。

詐欺メール?!
スマホに
「你好!我是房东电话已换请保存,另房租请存到我爱人工行卡:6215.5920.0500.0352.683周睿」
と言うショートメールが入ってきました。
あ、マンションの大家さん、電話を変えたのか・・と思ったのですが続いて家賃支払いの銀行の口座を配偶者の工商銀行に変更する、と書かれているのでこれはおかしい、と・・
だましメールだと思うけどと前置きして大家さんにショートメールすると嘘メールだから関わるな、と回答があって一件落着。

それにしてもかなり大きなリスクを持った詐欺メールだと思うのですがどうなんでしょうね。犯人の携帯電話の番号も口座番号も明らかにしたままなので捕まる危険性も大きいような・・・まあ電話番号も口座番号も本人を特定できないようなものかも知れませんが。

一番の問題はどうして私の電話番号を知ったのか、と言うことですね。思い当たったのが・・
今マンション探しであちこちの物件のモデルルームを見て回っていますがその時に私の名前と電話番号を登録するのでそれを調べたか、もしくは賃貸の部屋探しをした時に訪れた不動産屋・・

まあいずれにしても防ぎようがないですね。

 





Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by