カテゴリー 《 陝西省・漢中のこと 》  ( 20 記事  2 ページ )
► 次のページへ

2014.09.19     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   深圳から初めての陕西省漢中へ - 出発から冷や汗の連続・・

深圳から初めての陕西省漢中へ (2014.9.17)

初めての漢中へ

10時過ぎマンションを地下鉄で出発。
機場東で降りると雰囲気がおかしい。空港へ通じる陸橋が閉ざされています。汗・・・ここではなく一つ手前の后端で降りてバスで行くように変更になったようです。時間もなくめちゃくちゃ焦りました。
思えばかなり長く深圳空港に来ていません。いつからこうなったのかな。とにかくあわてまくって地下鉄を一つ引き返して指示されたバスに乗り込みます。時刻を見るとかなりやばいというか・・・

やっと空港に到着してチェックインカウンターへ。小姐は「あなたは遅れました。間に合いません。」おーー。一瞬頭の中でこれからどうするか探りながら事情を思い切り説明。説明を始めると彼女は電話をとっていました。
電話を終えて「OKです。でも急いでください。」とチケットを差し出しました。受け取って大急ぎで汗だくになりながら安全検査を通ってゲート口へ。このゲート口がまた遠いところでした。みんなが乗り込み出発を待つ中、私だけ遅れて照れくさそうに搭乗する姿を想像してしまいました。


深圳空港51番ゲート
息を切らせてゲート口に到着すると搭乗はおろかゲートも開いていませんでした。ほっと一息。でも・・しばらく待ってもゲートが開かない。雰囲気を察するに出発が遅れている様子・・
それから汗も引いて服が乾燥するほど待ちました。おかげでゲート口の写真を撮影して空港の無料WiFiを利用して微信(WeChat)に投稿。すぐさま事情を知っている私のマンションを買った人から「一路平安」のコメント。それに返事をする時間もたっぷりありました。

30分ほど遅れてようやく出発。気になるのは予定が3時10分西安到着で4時の漢中行きのバスに乗るつもりだったことです。バスの時刻はネットで調べてあります。このあとのバスは2時間後です。4時のバスに乗り遅れると非常にやばい。なんせ西安から寒中までは4時間半かかると聞いていますから。地図で見ると220km。
時間的には非常に苦しい。初めてのバスに乗り込むロスを考えると・・・まあともかくこうなった以上はしょうがない。西安に着くまで何の努力もできません。西安に着くまで2時間45分のんびり過ごすことにしましょう。


西安空港
西安に到着。15時35分。大急ぎで飛行機を降りて外に出ると4時まではあと10分足らず。出たところすぐに長距離バスの乗り場がありました。探している時間もないのでそこにいた人に聞くと漢中行きはここではない、この向こう側だと・・・
ごろごろ鞄を引きずって汗だくになって走ります。工事中でどこをどう行けばよいのかもわからずまた人に聞いてみます。
でどうにか最短コースで漢中行きのバス停に・・・でチケット売り場は・・・ややこしい。人がずらっと並んでいます。で、「すみません。急いでいるのでいいですか?」と言うと一人の人がうなずいてくれたのをいいことに順番をとばして横入り。「漢中!」と言うと切符売りの小姐は指さして・・「漢中はあっち」「おう!」
漢中の切符売り場は誰も並んでいませんでした。「漢中」と言うと「16時」との返事。やった間に合った・・ 112元。
でようやく最後のアタック、漢中行きのバスに乗り込みました。めでたしめでたし。

西安も雨。バスに乗って15分ぐらい行ったところに「漢中238km」の表示。これからも大変です。
バスからの風景は・・・西安が左側遠くにあるはずですが見えません。残念ながら西安市内の近くには行かない模様。ここでも百度地図のスマホアプリが活躍します。通り道が実によくわかります。で、ときどきデータ通信をONにしてチェック。知人Aに16時のバスに乗ったことを連絡。彼女がとりあえずの宿をおさえて漢中のバス停まで迎えに来てくれます。


トイレ休憩で
西安に近いところではあちこち新しいマンションの建設が盛ん。
しばらくすると峡谷のような所に突入、さすが内陸部と言うところでしょうか。いつ終わるかなと思っているといつまでも渓谷めいたところから出る様子がありませんそのうち2時間ほど走ってトイレ休憩になりました。
スマホの地図アプリを見るとほぼ半分の行程。

さらに2時間半、町の灯をほとんど見ることなく漢中に。スマホで現在地を確認しながら知人Aと連絡、漢中に入ってやっと街らしい風景になりました。4時間半でやっと漢中のバス停に到着。20時半。知人Aはすぐにこちらを見つけてくれてホテルへ。やっと一息です。

まあ大変な1日でした。

 


バスの車窓から




2014.09.21     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陕西省漢中へ 二日目 - 買房子

陕西省漢中 二日目 - 買房子 (2014.9.18)

昨日までの雨はぷっつりやみました。少し太陽が・・知人Aは私が深圳から太陽を持って来たと。

マンションを購入

目的のマンション
さて今回の漢中訪問の目的はマンションを購入することでした。実はすでに知人A(燕燕は阿姨-ayi おばさん-と呼びます)と燕燕たちが数ヶ月にわたってあちこち見学、私もネットで確認しながら情報交換して最終的には燕燕が気に入ったと言うマンションに決定し手付け金を支払っていますので最後に私が確認をして一次性、1回払いで支払いをする段取りとなっています。

で阿姨がホテルにやってきて二人で目的のマンションへ。今日は燕燕も星星も学校ですので二人だけです。
マンションでは阿姨にはなじみとなっている接待の小姐と内部を見学。あと付近も観察してから支払いです。
名義は燕燕と星星の学区の証明用もあってとりあえず阿姨と燕燕。金額が高額にもかかわらず普段は一日2万元までのキャッシュカードが使えます。セキュリティがどうなっているのかちょっと聞いてみたい気もするのですが・・・
安全のため私が出発する前に支払い分は阿姨の口座に振り込んでいますので阿姨のカードで引き落とします。

すでに引き渡し期日が過ぎている物件ですので鍵が受け取れるはずなのですが名義人が未成年と言うことで確認が必要とのことで次回鍵を受け取ることになりました。ちょっと面倒ですね。
ただ鍵を受けとると管理費の支払いが始まるということで阿姨としては内装工事を始めるときに鍵を受け取りたいようです。

部屋は33階建ての20階で四房二厅二、共用スペースを含めた面積が167m2で産権面積(所有する面積)が141m2




モデルルームです

後方にある漢江。公園になっています。

マンション前のバス停から



 


街の雰囲気を見るためにバスに乗ってみました。終点まで。何とか風景区と書いていました。
バスを降りると昔の繁栄時の町並みを再現したような通りがありました。
昔はなかったと阿姨が言いましたのでおそらく観光用かな。


ここから料金が必要なようです。一人80元。今日はここまで・・・


2014.09.24     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陝西省 漢中へ (3) 石門風景区を4人で

昨日(23日)の夜遅くに深圳のわが家に到着しました。今日は一応休憩でいろんな処理を。
漢中にいる間はけっこうハードでした。夜、酒店に帰るとほとんどばたんきゅーでブログは更新を断念してしまいました・・・
で少し続きを。

陝西省 漢中へ (3) 石門風景区を4人で(2014.9.21)

20日の土曜日は二人の子供も学校が休み。で4人で久しぶりの対面。子供の服を買いに行ってあとはいろいろ遊びました。散財。


ちょっとマイナーな入場券売り場。高価です。
21日の日曜日は二日目に見た石門風景区へ4人で行ってみました。どういう所なのかはまだ良くわかりませんがとりあえず。
漢代の起源となる地ですからそれなりの何かがあるのでしょうが、その辺はまたゆっくり勉強します。

彼女らの写真もちょっとだけ入れたかったのですが非常にいやがるので・・・しょうがないですね。

 






ここを行くと少し山を登れるようなのですが彼らがその気にならなかったので・・・




あちこちでキンモクセイの花がいい香りを漂わせていました。






入口に近い所です。観光にしたいような雰囲気なのですがどうなるのでしょうか・・・  キンモクセイ並木。









いきなり飛び出してきたのは深圳ではなかなか出てきてくれないジョウビタキの雄です。きれいな彩り。


深圳ではお目にかかったことのない鳥




2014.09.26     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陝西省漢中へ (4) 内装設計会社巡りと漢中の街

陝西省漢中へ (4) 内装設計会社巡りと漢中の街

内装設計施工会社
さて中国ではマンションを買うと言っても普通は内装をしていませんので内装を手配する必要があります。そのため街にはいろいろ内装設計施工する会社があります。他には会社組織ではなく大工さんグループに頼むという方法もあります。
マンションを購入した所で内装会社を紹介してもらおうと思ったら・・ご自分で・・と言うことだったのでPCで地図検索して目標を決めたあとスマホの地図アプリを利用しながら捜しました。
10年前と言えど一応私は内装を経験していますので雰囲気は良くわかります。10年前は中国語もままならない状態でしたので会話帳を常に持ち歩いていましたが今回は横に中国人がいますので非常に楽です。私が深圳に帰ったあとは彼女が中心になって内装をしなければなりませんので私が彼女を教育しておけばよいわけで・・

で、マンションの間取り図を持ちながら内装会社(装飾公司)を5、6社じっくり回りました。私の時は話しをしてあとで平面図のアイデア図を受け取り検討する、という方法でしたが今はコンピュータ時代ですね、ノートPCで実際に簡単に設計しながらその場で考えていきます。PCには設計のサンプルイメージもあってとてもわかりやすいです。
これに3日ほど費やしました。歩き回りました・・・ハードです。
そして私の時間切れであとは彼女に任せて深圳へ。以後はSkypeとかで連絡し合うことになります。


とある内装会社で設計士と。シャツがおしゃれな感じを出していますね。



漢中あれこれ
大阪の人気もの、さすべえの中国版?
ただしこちらでは携帯用のような感じでなくがっちり固定されています。深圳でも最近よくお目にかかりますが漢中では大ヒットのようでした。至る所で・・


中国版さすべえ


 



漢中点景






歴史の舞台を再現しているとのことのようですが・・・勉強します・・


これです。雰囲気は何となく想像できます


陝西省漢中へ
おわり

2015.04.12     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   《陝西省漢中》 麻煩な小学校の転校

麻煩な小学校の転校

陝西省漢中の知人Aは小学生になった自分の子供星星(小学1年)と親戚の燕燕(中学三年)と一緒に借家に住んで学校に通っていますが、一昨年から学校に自分の居住区を証明する房産証の掲示が必要になりました。
燕燕の地元だと割り当てられる中学校はかなりの田舎になるみたいなので少し裏の手を使って市中心に比較的近い学校に通っています。


内装工事の終わったマンションのテレビ背景
今回新しく漢中に買ったマンションの内装工事が終わり来期(9月の新学年)までに引っ越します。9月からは燕燕は高校になるので問題はないのですが星星は小学校を転校しなければなりません。
今回は住居証明である房産証ができたので転校の届けを出すだけ、と軽く思っていたのですがけっこうな問題でした。

知人Aは転校に向けて行動開始、彼女が調べてみるといろいろ面倒なことが発覚。まず転校希望先にいるそれなりの先生を見つけてこの先生に紅包(お金ですね)を渡して便宜をはかってもらわなければならないとのこと。
額は学校の風格によってさまざまだとのこと。

相談を受けて一番いい学校を選ぶよう指示。彼女のいう「一番いい;[最好]」というのをいい中学に入れる小学校、と解釈していたのですがよく聞いてみると
「いい中学校に入るには試験でいい成績を取らないとダメ、『最好』の学校に転校すると試験の成績が良ければ学費が免除になる」
おお、そういうことか。星星は幼稚園のテストでも100点をとっていましたが、小学校1年になっての試験でも好成績だったようで学年トップだったそうでびっくり。幼稚園の時は試験の時に先生からいろいろレクチャーされてたいがいの人は100点になるのかなと思っていたのですが・・もしかして幼稚園でもガチの試験をしていたのかも知れません。ですので最好という学校がいいではないですか。でもあいにくその学校は定員いっぱいとのこと。で別の学校の先生ににアタックして手続き終了。

このときにかかった紅包は・・日本でいうなら普通にボーナスぐらいの金額!!
聞いた時想像した金額はもっとかわいらしい額。ほんとうに半端ではありません。びっくりです。「最好」の学校ならこの2倍の金額になるとのこと。私の頭の中は・・・

まあ日本でも中国でも発現する方向は違いますが働かずに大金を得ようとするすさまじい迫力を経験してしまいました。

 

2015.05.15     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   漢中・燕燕  もうすぐ高校への試験

もうすぐ高校への試験



寝室
2日に出たぎっくり腰、12日目のきのう、やっと痛みが全部なくなりました。ま、今月中は一応安静にして来月から普通の生活に戻りましょうかね。あと少しで私のブログ開設9周年記念日。
で、今日は内装設計会社に行ってイラストの変更を少し見て今後の日程の打ち合わせ。



中国の学校は7月半ばから8月末まで夏休みで新学年は9月から。
漢中の燕燕は中学三年生ですのでもうすぐ高校入学をかけた試験があります。そのラストスパートで今は朝8時から授業、昼に1時間半の休憩、授業が終わるのが夜7時、それから帰って夕飯となかなかのハードスケジュール。五一節も休みは1日だけであとは勉強でした。先生たちもいい高校に生徒をたくさん入れたらハクがつくのでしょうかね、なかなか大変です。
ただ試験の日程はまだ決まっていないとのこと。
おばさんである知人Aとその息子、星星も燕燕の帰りを待っていっしょに遅めの晩ご飯におつきあい。

中国の高校への試験がどういう型式なのか良くわかりませんが、日本のように目標の高校で入学試験を受けるのではなく統一試験のようなものを受けてその成績によって振り分けられるようです。
ともあれ早く終わって欲しいものです。気が気ではないし、引っ越しもひかえているので・・

 

2015.06.27     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陝西省漢中・燕燕の高校進学試験と高校の新キャンパス

漢中・燕燕の高校進学試験

中国全域なのか漢中だけなのかは知りませんが高校(中国では高級中学、略して高中といいます)の進学は各中学校で一斉テストが行われてその試験結果によって高校が振り分けられるようです。
燕燕はまず間違いなく彼女の希望の漢中中学に入学できるものと思っているのですがこの試験が現在通っている中学校で7月1日に行われるとのこと。先日、学校で父兄会(家长会)があって知人Aが出かけていきました。
学校からは受験生のために食事はこういうものにすると頭の働きが良くなるからみたいなことまで注意されるようです。なかなか皆さん真剣です。

燕燕は今日明日と少しのんびりして試験に備えているようですね。微信の文面からはだいぶ落ち着いてきているみたい。ちょっと前までは勉強勉強とがちがちになっていたのですが。
ともあれこちらも試験が終わるまでは気持ちが落ち着かないですね。早く終われ・・・



新しい漢中中学キャンパス
ところでこの漢中中学、現在の場所が手狭になったので場所を移転して新築していたのですが先日建設が終わって新しくなりました。新しいキャンパスは15ヘクタール(旧キャンパスは4ヘクタール)で総建築面積8.5万m2、投資額4億元あまりとのこと。

中国は7月半ばから8月末まで夏休みで9月から新学年になりますので燕燕が入学できれば新建設の真新しいキャンパスで学ぶことになります。
彼女たちの新しいマンションへも今月引っ越しますので新しい自宅と新しい学舎という新鮮さ。でも新しい学校は三食付きの全寮制なので新マンションに住むのは週末と長期休暇の時だけ。
燕燕は先生から学費がかなり高くなると言われたとのことで私も少しぴりっとしております。
あと新しい学校の寮の冷暖房はどうなっているかが少し気になります。中学では暖房がないので電気暖房器を買いましたので・・
いずれにしてもこの次漢中を訪れた時、かなうならば見学したいものだとは思っています。

 

2015.07.19     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陝西・燕燕の高校進学試験発表と入学登録 入学時に軍隊訓練?

 (2015.7.17)

発表
今月1-2日にあった高校進学試験の結果がやっと出ました。燕燕が今日発表を聞きに行きました。OKでした。優良クラスで一番いい高校に登録できるようです。授業料も高くなる、と言っていましたがどうやら中学のほぼ2倍。
彼女ら(燕燕と知人A)はすぐに高校に登録に行きました。登録と同時に前期の授業料を払い込みます。燕燕から早速授業料の要求、半期の5700元。微信で連絡しながらPCのネットバンキングで振り込み作業を。則振り込み完了。
ついでに入学祝いに欲しいと言われていたiPhone購入のお金も一緒に・・・

ともかくやれやれですね。これでまた一つカタが付きました。
実は前日に知人Aから結果は聞いていました。彼女は先生に前日電話して結果をたずねて知ったということです。まだ燕燕は知らないと言うことで燕燕には何も言わずに一足早く二人でお祝い・・それにしても先生に電話をすれば発表前に結果を聞けるなんてね。

登録(★报名)と入学案内
登録は早くしないといいクラスに入れないと聞いていたので彼女らは早朝に出かけ午後になってやっと帰ったようです。入学の案内の写真を微信で送ってくれました。見ると全寮制であることや寮生活で準備するものや持ち込んではならないものの注意点等が細かく記載されていました。スマホとかタブレット、貴重品、多すぎる金銭は禁止・・・
え、スマホはダメ?
知人Aは言いました。「書いてあるけど問題ない」 おお、そうなんや。


寮の部屋は・・・
案内には寮は6人部屋、衛生間(トイレ、シャワー室)、洗濯場、学習机があるとのことですがイメージするに・・・
別の高校のようですがネットにこんな写真がありました。彼女の行く高校もこんなものでしょうかね。


知人Aは冷暖房完備だと言ってましたが・・新しくできたばかりなので期待しましょう。知人Aの話しでは寮費は400元。食費は3種類とのこと。


軍訓
そして一番最初に書かれているのは・・・「高一新生軍訓活動安排」
なんか軍事訓練のような響き。どうやらほんとうに軍事訓練のようです。全一年生は1週間の訓練を受けなければならないようです。陸軍迷彩服(帽子と靴も)、熱中症予防の薬を各自準備して8月24日から8月30日までの訓練に参加するようにと。
学校の新学年は9月からですので軍訓を終えて入学と言うことのようです。
志願制の日本ではちょっとびっくりなのですがこんな記事を見つけました。日本語です。
http://matome.naver.jp/odai/2140962096228156001
どうやら小、中学の入学時にもあったようですね。


英語優秀証
ほか、彼女は英語が好きなのですが全国中学生英語能力レースで優異で云々・・・
要するに英語能力がとりわけ優れていたので表彰すると言うことでその証明書が発行されて受け取ってきたようです。そういえば毎日夜に英語のヒヤリングをやっていました。



あれこれ
燕燕はiPoneを購入せずに別のものにしたようです。iPhoneを持っていると金持ちと見られるので・・と言うことが原因。残ったお金で自転車を買いたいと言ってきました。以前買った自転車はだいぶ前に盗まれたとのこと。

燕燕と星星が一緒に通っていたテコンドー(★台举道)、今回、燕燕は補課(塾でしょうかね)をしたいと言い、星星はテコンドーを続けたいというので二人の希望に添って承認。
星星のテコンドーは昨日から再開しました。

 

2015.08.02     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陝西・漢中 新家へ引っ越し さて内装は・・・

新家へ引っ越し さて内装は・・・ (2015.8.2)

去年9月に漢中で買った167m2のマンションですが10月から内装工事に入り2月ぐらいには完成していたのですが2人の子供の学校の関係と臭いをぬくために3ヶ月寝かせた方がいいというこちらの通説にしたがってずっと寝かせていましたが、新学年の前のこの夏休みに引っ越しを決めて7月末に引っ越しをすませました。

夏休みに入っても燕燕は高校のための塾通いで星星はテコンドー。家にいると55型のテレビで遊んでいるような・・・
ま、テコンドーでもやっておけばいじめにも遭わないでしょう。ところでこっちにもいじめはあるのかな。
でも少しぐらい勉強しないと・・ まあ天狗にならないためにも学年トップからちょっとだけ落ちてもいいような気もしますが・・

新居に移って2日、微信で写真が送られてきました。少しご紹介。
私の要求で全室フローリングです。そして床下暖房。


まず玄関を入って入戸花園部分からリビングに・・・



客餐厅リビングとダイニングがソファをはさんで隣り合わせです。
 


主人房。通常は知人Aが使いますが私の滞在中は私が占領します。



燕燕と星星の部屋
 


書斎です。空中院館と書かれていたところを書斎としました。家人共用です。奥は二方が開放された窓になっていてサンルームみたいな気もしますね。客人用のソファーベッド。



キッチンです。



主衛生間。私の要求でウォシュレット用のコンセントだけ備えています。



元気な星星。テコンドーにはまっています。マンションの後の漢江でピースしてますね。
 


全体的に見て思ったのはさすがに女性らしく植物が豊富に飾られていましたし、何となくかわいい仕上がりでとてもきれい。
去年9月に行ったときは初めて内装工事をする彼女のために内装設計会社を5つ6つ一緒に回りましたがそれ以後は彼女たちで頑張ったようですね。たいしたものだと思います。
さてこれから幸せに生活してね。

 

2015.08.04     カテゴリ:  陝西省・漢中のこと 

   陝西・漢中 知人友人を招待して新家祝賀パーティ

漢中 新家祝賀パーティ (2015.8.3)

こちらのしきたりはなかなか大変です。マンションを買って内装したら知人、友人達を招待してパーティをするのだそうで今までに燕燕もたくさんの友人のパーティーに紅包を持って出かけています。今回は彼女らが開催する側に。

燕燕は自分がマンション持ち主の名義人の一人になっているせいか、ちゃんとパーティを催したいと希望。知人Aは面倒なんでしょうね、あまり乗り気ではありませんでしたが結局は催しました。

人数ですが45人プラス小朋友15人。結婚式みたいにホテルで開催です。ちょっとバカになりません。そのあと全員が新家を見学に来て果物を買いに行ったりと大忙しだったようでした。60人のおもてなしとは想像つきません。お疲れ様。

そして支出が1万5000元。そして祝儀として頂いた総額は1万2000元。差し引き3000のマイナス。私の見積ではとんとんだったのですが少し持ち出しでした。

 

漢中 2014.9.21


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by