カテゴリー 《 香港湿地公園 》  ( 13 記事  2 ページ )
► 次のページへ

2010.11.27     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   《香港の山と公園》  天水圍・香港濕地公園 - Hong Kong Wetland Park

天水圍のマンション群と香港湿地公園の蓮池

《香港の山と公園》  香港湿地公園

香港湿地公園へ

元朗の近くにいいところはないかと地図を見ていたら「香港湿地公園」と言うのが目に入りました。元朗から軽鉄で行けるようなので具合がいい。元朗からだと天逸行きしかなく天逸で天水圍循環線に乗り換えて湿地公園駅に行くのですがあまり距離もなさそうなので天逸から適当に歩くことにしました。


天逸駅でおりて歩き始めます
福田口岸から香港に入りいつもの75番のミニバスで元朗へ。軽鉄に乗り換え天逸へ。前にも一度ぶらっと来ていますが今回は湿地公園へと目的を持っての来訪です。

降りて歩き始めるとあまりの環境の良さにうっとり。大きな広い公園(湿地公園ではありません)で高層のマンション群がいい風景となっています。
ほんとにいい環境。
あちこち脱線したり花の写真を撮ったりしながらのんびりと湿地公園を捜します。


湿地公園入口
道路横断の地下道をくぐると湿地公園の表示。少し迷いながらも湿地公園ゲートに到着。新しい公園なのかな、きれい。
実はもっとみすぼらしい公園を想像していました。まあ場所が深圳湾に面した湿地公園なので大きく育ったマングローブでも見られればいいかな、ぐらいに思ってやってきたのですがすごい公園なのかなとちょっと期待をさせるようなゲート。
それと同時に券売所が目に入りました・・・やっぱりお金がいるのか。無料の公園がほとんどの深圳に慣れてしまっているのでちょっとフェイント。


ビジターセンター内の香港展示室

ビジターセンター野鳥観察スペース

マングローブと野鳥

深圳東湖公園で見て以来、2度目の
花丁字(はなちょうじ)/爆竹花
えーと、30ドルか。とりあえず買います。
外から見ると小さなゲートのように見えていたのにビジターセンターのゲートをくぐると大きなホール。立派な施設でした。
見ていくと湿地についての知識を得られるような博物館的なディスプレイとと機材でいろいろ勉強できるようになっています。英語の表示の他、日本語の表示も非常に多くて助かります。

館内から湿地を観察できるスペースも多くありましたが、外に出られないのかとやきもきしているとやっとありました、出口。まあ、ちゃんと湿地の勉強をしてから外へ出ろ、と言うことでしょうかねえ。

外も公園らしく整備されて湿地だけでなく植物も多く、植物の「名札」もよく付いているのでわかりやすい。ところどころ野鳥の観察小屋も設置されています。
ゲート前には面積61ヘクタールと書いてあったので1k㎡に満たない狭い公園かと思ったのですが歩いてみるとそんな狭い印象もなく楽しめる感じがします。来たのが遅かったので1時間ぐらいのかけあし拝観でした。

天水圍の大マンション群に近くにこんないいところがあったなんて・・いい公園に巡り会いました。
深圳の自宅からも比較的近いので今後も時々やってこようと思いました。とりあえずこの次は今日みたいにかけあしではなくちゃんと時間をとって・・

帰りは75番の福田口岸行きのバス。いつも混み合うバス停、今日は幾分少ない。 バス停近くにたこ焼きを売っている小さな店があるのでそこでたこ焼きを買い食べながらバスを待ちます。たこ焼き7個入りを2つ(15ドル)買って食べるとけっこうおなかいっぱいに。深圳福田口岸でも串焼きを買い食い。もう夕食がいらない状態のまま帰宅・・

《香港湿地公園》
香港濕地公園 Hong Kong Wetland Park 帰って調べてみると2006年6月開園の新しい公園のようです。

香港湿地公園HP 小冊子

 

香港湿地公園
夕日に映える蓮


小さな野鳥の中にやってきた大鷺(ダイサギ)


マングローブの中を行きます


2011.07.15     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   7月の香港湿地公園

雨上がりの湿地公園に顔を見せた香港最高峰・大帽山 (2011.7.14)

香港湿地公園の7月

7月の香港湿地公園
香港湿地公園を知り初めて訪れたのは昨年11月末でした。深圳、香港の11月末といえばすでに視界の悪いシーズンに入っていましたので遠い風景を取り込んでの撮影は考えられず、もっぱら鳥と花を観察していました。

そして7月の雨上がり、ふと遠くを見てみるとなんと深圳最高峰梧桐山が見えました。
ああ、そうか、と改めて季節を感じました。そして17時の閉園で管理人に追われて出口へ向かうと湿地の背景に香港最高峰の大帽山もはっきりくっきり。ちょっと感激。
管理人の催促の声を背中に聞きながら数人がカメラを持ってぱちり。私も数人の中に入っております。管理人さんも大変です。

今まで鳥と植物ばかりに気をとられていましたがこれからは風景も要素に入ってきました。ちょっと楽しみになってきました。

 

こちらは雲に隠れた深圳最高峰梧桐山 小梧桐山頂のテレビ塔が少し見えています。 鳥は大鷺(ダイサギ)


2羽の姫山翡翠(ひめやませみ)。 ホバリングして獲物のねらいを定めるのでしょうか、ホバリングのあと水面に急降下します。


花は紫紺野牡丹が咲いていました。のボタンもたくさん咲いていたのですが。


メジロもなにか実をゲット。

2012.11.08     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   久しぶりの香港湿地公園は鳥の乱舞 (202.11.7)

久しぶりの香港湿地公園で (202.11.7)

香港湿地公園へ。
軽鉄を下りると空には鳥が舞っていて今日はたくさんいるかなと期待させます。
公園にはいると・・いました。たくさんの鴨やたぶん八哥鳥(はっかちょう)が一斉に空を飛び交っています。なかなかいい日かも。
一番奥の観鳥小屋ではバズーカ望遠を構えた人もいました。たくさんの冬鳥の到来。
観鳥小屋











蝶も負けていません。この日は蝶の園で蝶の乱舞がありカメラマンが大勢でした。




もくせいがいい香りを出していました


そして目白(めじろ)

帰ります・・


2013.01.04     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   2013年 新年の香港湿地公園の風景

香港湿地公園
2013年 新年の香港湿地公園の風景です。




大鷺(だいさぎ)が飛ぶ


これも大鷺かと思っていたら・・写真を拡大すると黒面箆鷺(くろつらへらさぎ)でした


2013.02.01     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   香港湿地公園と高層団地の風景

香港湿地公園入口から振り返って

香港湿地公園と高層団地の風景 (2013.2.1)

2月になりました。今年の春節は2月10日、暮れもおしせまってきました。ビザの関係もあって香港へ、湿地公園へ。
水鳥と住み家としての湿地環境を守るラムサール条約に基づく湿地にある湿地公園です。入場料金は30香港ドルですが年間パスだと100ドル。私はすでに2度パスの更新をしまして今年は3年目になる湿地公園です。

今日のハプニング
福田口岸からバスで元朗へ、軽便鉄道に乗り換えて湿地公園へ行きます。
ところで軽鉄(軽便鉄道)の改札はありませんのでホームへ入る時オクトパスで「ぴっ」として入場。このときにオクトパスからはすでに最高運賃額6ドルが徴収されています。降りる時に「ぴっ」とするとおつりがオクトパスに戻されますので出る時に「ぴっ」を忘れるといくらかの損失があります。

で今日、オクトパスをリーダーにあてて「ぴっ」という音がするはずだったのですが音が聞こえない・・おかしいなと思いつつ入場。で、湿地公園に着いて降りたあと、出場の「ぴっ」を忘れたことに気づきました。『また1ドルほど損をした・・』と思いながら湿地公園へ。
そして帰り、軽鉄で入場の「ぴっ」をしようとするとまた音が出ない。これはおかしい、何度か繰り返していると通りすがりのおばちゃんが言いました。
「あんた、間違うてるで。ぴっはここ・・」
「!!」
そうでした、私は今日に限ってカードを当てる位置を間違えていたのです。ディスプレイに当てていました・・
うーーん、私の心の中で何があったのでしょうかね、十何年もやっている動作を間違えるなんて・・・何か思い煩っているのでしょうか、それとも単に更年期障害・・何とも恥ずかしい思いをしてしまいました。
ん・・・と言うことは来る時は無賃乗車をしてしまいました。これまたはずかし・・・

 

軽鉄から
軽鉄を降ります


湿地公園付近の高層マンション



香港湿地公園で






左奥にかすむ香港最高峰・大帽山


2013.02.02     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   香港湿地公園 春節前の鳥

香港湿地公園 春節前 (2013.2.1)
さてこの日は鳥が少ないながらも人がそんなに多くないせいかけっこう撮影できました。
いつものように夕刻。
蒼鷺(あおさぎ)


蒼鷺


川鵜(かわう)も飛びます


今日も会いました。尉鶲(じょうびたき)♀の可愛い目。飛んでいる時の尾のオレンジ色がとても鮮やかで好きなのですが・・・


尉鶲♂にも合いました。前回と同じ場所。


鵲(かささぎ)です。これもいつもの場所での出現。




目の前に顔黒画眉鳥がたくさん飛んできました


2013.04.26     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   梅雨・中休みの湿地公園 (2013.4.24)

香港湿地公園 観鳥小屋風景

梅雨・中休みの湿地公園 (2013.4.24)

裏山フルコースの次の日、これまたいい天気。で香港へ行ったついでに湿地公園へ。太陽があるので暑い。

公園は飛び立った冬鳥も多いようで数はうんと減りました。最後の観鳥小屋からは干上がったような湿地になっていて鳥たちが食事を求めて忙しくうろうろ。

 

ところがこの翌日はまた雨。で、今日はまた雨模様で元の梅雨天気に・・やっと梅雨から解放されたと思ったのに・・
気温は少しずつ高くなってきたもののいつになったらいつもの太陽が見られるやら。
マングローブと


観鳥小屋から・・ 干上がった湿地 あちこちで野鳥がついばんでいました。


縞味(しまあじ)、猿浜鷸(さるはましぎ)、青脚鷸(あおあししぎ)など・・ 縞味は初見初撮り


鵲も飛び出して・・


丈高鷸(せいたかしぎ)と赤足鷸(あかあししぎ)です。



もうこの花の季節が来たのですね。 蓬莱紫(ほうらいむらさき)






2013.05.10     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   香港へ行きました 晴れたら暑いですね (2013.5.9)

香港最高峰・大帽山と。 あいにく山頂には雲がかかっていますが・・ - 香港湿地公園で

香港へ行きました 晴れたら暑いですね (2013.5.9)

香港へ。
マンションを出ると前の道路の緑地帯部分に植えられたアメリカシャガ、ウォーキング・アイリスの花が咲いていました。以前ここにはヒメノカリスが植えられていましたが最近植え替えられたようです。ヒメノカリスよりもこちらの方が個人的には好き。でもちょっと間隔が開きすぎる。もうちょっと密集させた方がきれい・・・
まあ、高い木が並んでいるので日当たりが悪くてもよい草花しか植えられません。芝生は無理ですね。

目の前を優雅に山鵲が飛んできて緑地帯の木にとまりました。久しぶりに見ましたね、いいことがあるかな。
それにしても雲が時々かぶるもののいい天気です。太陽が出てくるともう完璧に夏ですね。

香港はいつもの湿地公園へ。
日焼け止めが欲しいところですが持ってきていませんのでしょうがない。歩いていると暑い。いろいろな花が咲いていますが鳥は冬鳥が少なくなったので少し寂しいかな。まあそれなりに写真を撮影して終了。

あと、屯門のJUSCOへ行ってチーズとかマーガリンとか食材を買う。
元朗に戻ってバスに乗ろうとすると待つ人が多いので乗り合いタクシーで。
帰って見ると少し手が赤い。そろそろ日焼け止めを常備しておかないと・・・’

 



冬鳥も多くが旅立ったようです。ちょっと寂しくなった湿地。


冬鳥も多くが旅立ってだんだん留鳥の目立つ季節になってきました。
忘れてませんよ。ちゃんと覚えてます

四季鳥(しきちょう)♀


白頭(しろがしら)


紅羅雲(こうらうん)


年中元気な花丁字(はなちょうじ)


香港の山に多い花。この季節がやってきました。 ●天人花(てんにんか) ★桃金娘


この公園で毎年この1本だけ見る紫君子蘭(むらさきくんしらん)


2013.05.25     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   香港湿地公園5月 花々と鳥と・・ (2013.5.24)

香港湿地公園と香港最高峰・大帽山

香港湿地公園5月 (2013.5.24)

香港への定期便です。いつものように湿地公園。出かける時は能見度もすばらしく太陽も燦々でしたが、湿地公園に着いた時は雲も出しゃばってきました。でも暑ーい。
最近も相変わらず天気は悪いですが能見度はばっちり。晴れれば20-30kmぐらいの能見度。

 







そして5月のいのち

ジャンボンアデク。
これから咲く・・

黄斑でない月桃(げっとう)

黄斑でないのは初めてです。

羽根センナも目につく季節

ミズツリフネです。ぼちぼち

紫紺野牡丹(しこんのぼたん)

ハメリアパテンスも目立ってきましたよ

小さな小さな花です。面白い意匠をしています。

ただ名前が分かりません。



そして鳥たちも。冬鳥が離れて寂しくなったものの絶えることはありません。

潮招(しおまねき)

見たまんま《ベニトンボ》と言うようです

2013.10.02     カテゴリ: 香港の山と公園 >  香港湿地公園 

   国慶節快楽!! 香港湿地公園へ

香港湿地公園

香港湿地公園

国慶節快楽!!
国慶節休暇の第2日です。中学2年生になった孫みたいな女の子からのショートメールによると10月1日は国慶節の踊りをやって2日から4日ほど友人たちとミニ旅行。あとは勉強と試験とか。休みは8日まで続きます。

香港湿地公園へ行きました。イミグレは国慶節の休暇で中国人でいっぱい。湿地公園へ行っても普通語が多く聞こえてきました。
それにしても気温も下がってきてかなりしのぎやすくなってきました。まだ短パンスタイルではありますが。そして空気の透明度もこのごろ冬の能見度に近づきつつあります。そろそろ深圳から香港が見えなくなる季節に入るのでしょうか・・

 









鳥たちは・・

葉の間から紅羅雲(こうらうん)

腰白金腹(こしじろきんぱら)が忙しそう

鹿の子鳩(かのこばと)はいつも通り

たぶん冠烏秋 (かんむりおうちゅう)

青色が目立ったので

すでに冬鳥の川鵜(かわう)が渡ってきていました。



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by