タグ 《 筆架山公園 》  ( 12 記事  2 ページ )
► 次のページへ

2007.08.05     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   福田区 筆架山公園 (1) 羅湖区を見渡す展望台


福田区 筆架山公園 (笔架山公园) (1)

2007年 08月 05日
筍崗路と筆架山

一番左の二山が筆架山。主峰(177m)と次峰


深圳の公園

深圳・福田区にも大きな公園がたくさんあります。福田区78.8平方キロ、人口99.6万(戸籍人口42.2万、暫住人口57.4万、2004年末。 福田政府在線 )という福田区、この中に53の公園があり、その中に1平方キロを超える公園が3つ。

  公園名称          級別    面積(k㎡) オープン
  莲花山公园(蓮花山公園)  市級公園  1.66   1997.6
  笔架山公园(筆架山公園)  市級公園  1.45   1997
  深圳中心公园(深圳中心公園)市級公園  1.24   1999.9
  深圳市管理局より。この中の「公頃」というのはヘクタールです。

深圳のいろいろな公園をめぐっていくと公園内がよく整備されていていると思いますし、緑も多く歩くのも楽しくなります。始めの頃は山道も多くセキュリティーのことがかなり気になったのですが、慣れてくるとセキュリティーのことを考えることもなくなりました。ほかの人もそれぞれ生活を楽しんでいるように見えます。


深圳の夏は暑いので、始めの頃はジーンズの長ズボンでしたが、汗がまとわりついて気持ち悪いので短パンに変えてみました。そしてつばの広い帽子。
この帽子、派手な色の服装をしても気にしていないように見える中国人の目を引くようで、時々彼らの視線を感じたり振り返られたりしますが、帽子着用の効果の大きさにはかえられません。


さらに短パンも香港で買ったジーンズもの。これも中国人が使用しているのを見たことがありません。で、今思えば深圳ではかなり奇抜な格好になっているのかも知れませんので、もしかしたら・・・・と思うとかなり恥ずかしいのですが・・
(写真は「自画像」。この服装とショルダーバッグ)

でもこの服装にしてからは山林の公園では風がよく吹いてなかなか心地よく、白昼をさければそんなに暑さを感じさせませんし、何より汗が服の中にこもるという感覚がなくなりさわやかさが急上昇しました。もう戻れません。




筆架山公園へ

今回は筆架山公園(笔架山公园)へ、筆架山に登ります。
羅湖区にほど近い福田区に筆架山公園があります。新しい市民センターを見おろす蓮花山公園からも遠くないところです。
総面積146ヘクタール、筆架山主峰の海抜は177mとかわいい山です。

筆架山は十数基の小さい山の峰のある起伏地で、その中の3基が競い立つ姿が筆立て(笔架)のようなのでこの名前がついたようです。 (笔架山公园)
でも見たところ2基しか見えないのですが・・・


二上山
近鉄沿線情報より
皇崗口岸からバスに乗りしばらくすると少しの間だけ、この山を見ることができます。それはちょうど私のふるさとの二上山(にじょうざん、雄岳517m)を小さくしたような感じに見え、私にとっては思い入れのある山なのです。


二上山は過去にはふたかみやま(二神山)とも呼ばれて雄岳には大津皇子のお墓があります。
日本にいた頃は雄岳から雌岳へと登りました。



筆架山 手前が次峰



クリックすると大きくなります。






 



なぜかギャラリーがありました


 

 

筆架山公園 (2) へ続きます。次峰の展望台、主峰の展望台へ

2007.08.06     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   福田区 筆架山公園 (2)


 福田区 筆架山公園 (笔架山公园) (2)

2007年 08月 06日

8月8日の立秋をひかえて季節の変わり目なのか、昨日今日と雨が降りました。心なしか朝晩の空気を涼しく感じます。まだまだ暑さは続くものの、夏と冬しかないと思っていたこの深圳、ほのかに季節の変わり目があるような気がしてきました。秋が来れば8月19日の七夕です。

こうしてブログを書くようになってからは記事を書くためにけっこう調べますのでほんとうにたくさんのことを知ることができるようになりました。
深圳のこともかなり深いところまで知ることができるようになり、何となく自分のふるさとみたいな気になってきます。共感できる部分も多いですし、とくに変化の激しさが何とも言えません。昨日と今日で変わる風景は未来を感じさせて楽しいものです。

深圳の公園なども同じ。緑にお金を惜しまないコンセプトがたまらなくいいですね。いくらでも散歩したいと思えてきます。




筆架山の頂上、といっても177m、でも短いながらもけっこう急な階段が続きます。時々かいま見える風景を楽しみながら少しずつ。

登れば景色がきれいです。
まず雌岳、いや、次峰を目指します。展望台がありました。
次峰からの景色もなかなかいけます。パノラマスナップを。


 
次峰から急な坂道を下り、主峰との中間点に到着。




今度は主峰に向けて急な坂道を登ります。これで最後と言うこともあり少々きつく感じる坂道でした。


主峰には展望台のほか、ちょっとした茶屋さんがあります。コーラが5元と下界より2倍近い値段。

これで上りは終わりなのでゆっくり座って、写真を撮って、コーラを飲んでのんびりして、カバンから時計を取り出すともうすぐ6時、こんなに明るいのに・・下山を始めました。


と、涼しくなってから、という考えなのでしょうか、多くの登山する人とすれ違います。まあこの辺が南国なのでしょうね。
と言う私も暑さを避けて3時ぐらいに出発したのですがそれでも早かったのですね。

帰って写真をPCで見ると、真昼のように見えていても夕方は夕方の色をしていました。暮れかけのちょっと青っぽい色。



次峰から




クリックすると大きくなります。




次峰を出て主峰へ






主峰から
クリックすると大きくなります。


主峰展望台


主峰から梧桐山を


主峰の御茶屋さん けっこう時間も遅くなってきました


これは別の日に撮影したたそがれ風景です






下山します


東側の出口へ



2008.02.09     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   深圳 春節2008 寒気もよう


春節2008 寒気もよう
2008年 02月 09日

深圳2008年 春節の筆架山公園




今季の中国は30年、50年ぶりといういつ終わるか知れない大寒波。
大雪害の影響で今年は春雪の国内旅行市場に70%の損失があったらしいですね。
→ 人民網

今日は大阪でも11年ぶりに5cmの積雪とか。奈良も11cm、風情があって良さそうですね。おそらく絶好の撮影チャンス。

深圳のマンションにやぐらごたつを用意しています。上海では日系企業が220V電圧仕様のやぐらこたつを製造していますが、私は数年前、日本から送ったこたつなので変圧器を使用しています。
いつもなら冬季に数度こたつの出番があるだけなのですが、今年はすでに2週間ほど連続で重宝しています。エアコンの暖房ももちろん活躍していますが、こたつがあると寒さ感がまるで違います。
いつになったら暖かくなることやら。

新春3日目の深圳は久しぶりの青空。
筆架山公園へ行ってみました。歩いていると日差しが暑く汗が出てきます。こういうあたり、ここはやっぱり南国。



筆架山公園


いつでも・たこあげ




頂上からは視界がよくない 梧桐山が見えません。肉眼でかすかに見えるだけ





マンションで





2008.06.08     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   福田区 筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感


筆架山公園へ - 深圳展望シーズン到来の予感
2008年 06月 08日

最近は天気が悪くてちょっと運動不足気味。
昨日の強い雨もおさまり、今日は雨が上がったので久しぶりに福田区の筆架山に登ってきました。
冬の間は肉眼でうっすらとしか見えていなかった梧桐山が筆架山頂上から曇り空ながらもはっきりくっきり見えていました。
そろそろ空気の透明感が出て山からのながめが美しくなるシーズンを感じさせました。

さすがアウト・ドア派の多い深圳、雨がとぎれると人の出が多くなりますね。



筆架山公園


公園の池 昨日の豪雨で水の色が黄色く・・




筆架山山頂からの梧桐山には雲が 雨かな






どこでもマンゴ


2009.01.27     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   春節初詣2009 筆架山公園へ


深圳 春節初詣 筆架山公園へ
2009年 01月 27日

春節の筆架山公園




春節に入って天気も悪く加えて気温も低い最悪のコンディションとなりました。
今年は不況のせいで会社も休みを多く取るとのことで帰省する人が多いようです。マンションの周りも春節帰省をしている人が多いのか、例年に比べても本当に静かです。深圳の人口1400万人と言われますがそのうちどれくらいの人がふるさとへ帰ったのでしょうか。


車の少ない公園前の筍崗路
今日は朝から雨が少し。雨が上がるのを待って昼から傘を持って筆架山公園へ出かけました。
天気の影響もあるのでしょうが人出も少なくちょっと寂しい感じ。



筆架山公園


記念写真を撮るカップル


筆架山公園撮影作品展をやっていたので覗いてみました


やっぱりたこあげ




そして筆架山へ





「筆架」と言うのは筆立てのこと、峰がたくさ んあると峰を鉛筆に見立てて筆架山と名前をつけるようです。

ここの筆架山も峰が複数あり、高い2つの山のことを以前は主峰と次峰と書いてあったのですが、今回見てみると名前が書いてありました。高い方(主峰)は筆 冠峰、次峰は筆俊峰となっていました。
登山道の名前も整備されたようです。



あいにくの天気で見通しが悪いのですが山頂の展望台では記念撮影


地王大厦もかすんでいます




2009.04.11     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   深圳日記 筆架山公園の休日

やっと晴れて 筆架山公園の休日

筆架山公園 檸檬桉(レモンユーカリ)の林


檸檬桉(レモンユーカリ)
この白い樹木、名前を知りたいと思っていてなかなか分かりませんでしたがやっと知ることができました。

中国語で檸檬桉(níng méng ān)、日本名はレモンユーカリ、学名はEucalyptus citriodoraとのことでした。オーストラリア原産。
強い芳香物質がありアロマテラピーでも使われているようです。他に防虫効果もあるとかで、興味深い木でした。
表皮が毎年脱皮するそうで、今日も剥げ落ちた表皮があたりいっぱいに落ちていました。



筆架山公園の休日


久しぶりで深圳に青空がいっぱいに広がりました。
青空に誘われてふらふらと筆架山公園に出かけました。

公園ではさすがに凧揚げが盛んです。でも・・
子供はほとんど凧揚げをしていません。どうやら凧揚げは大人の遊び道具。


お出かけ前のマンションで。最近人になれてきたのか、人に対しての警戒心が薄れてきたようです

紅羅雲(コウラウン 紅耳鵯)
ところでこの小鳥、あちこちでよく見かけるので名前を知りたかったのですが、やっと分かりました。
コウラウン(紅羅雲)、中国名は紅耳鵯(红耳鹎 hóng ěr bēi)というのだそうです。
世界中の亜熱帯地域に広く生息するヒヨドリの仲間とのこと。
個人的博物館のヒヨドリから




そして筆架山公園のバス停陸橋からの風景。
以前は72階建ての賽格広場がぽつんとあっただけなのですが、またビルが増えました。


陸橋にはいつものみかん売りの他に凧売りがいました。


公園のおとなは凧揚げの準備


糸巻き器も大がかり。ここまで来ると子供はまねができません


お父さんは凧揚げで忙しいのかな。凧の見張り役?


お父さんは凧揚げ、お母さんと子供はバトミントン


子供は元気




若人はこんなグループも




とりあえず山頂に登りました。梧桐山が見えています


そして花々






すでに蝉は元気にうるさい


帰り道を


空を見上げると凧


2009.11.09     カテゴリ:  スナップ 

   深センスナップ 福田区筆架山公園の休日 《ミニ中国オーケストラの練習風景》

筆架山公園の休日 《ミニ中国オーケストラの練習風景》

筆架山公園の休日 2009.11.7

深圳でも香港でもよく見かける光景です。
公園内のとあるスペースにメンバーが集まって練習をしています。

やっぱり練習風景を見てもらうとうれしいのでしょうか。指揮者先生も気持ちが良さそうです。
思い切り近づいて撮影しました。


公園の中、ギャラリーも多い






この日の筆架山公園



山丹花


リンゴをついばんでいた鳥・・初めて見る鳥、名前を知りません

2010.01.03     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  筆架山公園 

   深セン 2010年新年の筆架山公園 (2010.1.3)

深圳 2010年新年の筆架山公園 (2010.1.3)

2010年新年の筆架山公園
sinnen100103-1_600.jpg



新年初出

今年は新年からあまり天候がすぐれず外出に向かないので梧桐山へ初登山に行きたかったのですができず。
今日3日は今までの天気が嘘みたいに晴れ渡り抜群の透明度・・・と思って出かけようとすると天気が急変、昨日までのような曇り空に。

雨が降りそうな天気をおして新しく買った靴の慣らしも兼ねて筆架山に出かけました。
323のバスに乗り筆架山公園へ。曇り空のためかまあまあの人出。しかしながら透明度はよく、雲がなければ夏に劣らぬほど見渡せます。

あちこち巡りながらいつものように筆架山の筆俊峰(次峰)、そして主峰の筆冠峰へ登りました。さすがに登ると暑くなって上着と中のベストを脱ぎワイシャツ1枚に。
水を忘れてきたので筆冠峰でコーラを買って・・まあ、梧桐山に比べると緊張感が劣ってもしょうがないですね。

新しい靴は少し小さいかなと思っていたのですがまあまあ大丈夫。少し靴擦れ気味。
1万5000歩



sinnen100103-2_500.jpg

十二支を描いています。12個並べられています
sinnen100103-3_500.jpg

相変わらずたこあげは盛ん
sinnen100103-4_500.jpg

レモンユーカリの木立を抜けて
sinnen100103-5_500.jpg

まず次峰の筆俊峰の展望台。この季節では珍しく香港がよく見えていました
sinnen100103-6_500.jpg

そして主峰・筆冠峰178mの展望台
sinnen100103-7_500.jpg

市二病院側の入り口に下山
sinnen100103-8_500.jpg




ピンクの日々草に混じってただ一つ白い日々草がありました
sinnen100103-9_500.jpg

sinnen100103-10_400.jpg

ありました、深圳のつばき


sinnen100103-11_400.jpg

2010.02.22     カテゴリ:  生活 

   【深セン】 平成22年2月22日  久しぶりにたこ焼きを作る

深圳 久しぶりのたこ焼き 平成22年2月22日

木蓮(中文名:紫玉蘭)  筆架山公園で


深圳 久しぶりのたこ焼き

気温10度をこえることのなかった日が1週間近く続いたがやっとふつうに戻ったようだ。でも相変わらず太陽に恵まれない。太陽が出れば暑くなるはず・・

今日は平成22年2月22日の2並び。こういう日は何かあるのだろうかねえ。
久しぶりにたこ焼きを作ってみた。IH対応のたこ焼き器。
IHを新しいのに換えてから火力調整に手間取ったけどやっと慣れたようだ。
たこは深圳JUSCOで買ってあるし、たこ焼き粉はJUSCOで買ったものと日本から持ってきたもので在庫は十分。ただ冷蔵庫にネギがなったのでキャベツで代用、ソースもお好み焼きソースで代用。
うまかった。作るのが面倒だけどやっぱり何日かに一回は食べたいなあ。



天候のよくない中、気分を変えて体のなまるのを防ぐため筆架山公園へ行ってみました。(2010.2.21)
いろいろな花が咲いていました。

木蓮 (中文名:紫玉蘭)




木犀 (中文名:桂花)


南洋桜(中文名:日日桜)が咲き始めていました


近頃よく見る花、名前が知れました
見立て通り車輪梅(车轮梅;しゃりんばい)でした。



火焔葛(かえんかずら) (中文名:炮杖花)





紅源平葛(べにげんぺいかずら) (中文名:紅萼龍吐珠)


枝垂れ花槙/枝垂れブラシの木 (中文名:串銭柳)


紅花常盤万作(べにばなときわまんさく) (中文名:紅花檵木)


匂番茉莉(においばんまつり) (中文名:鴛鴦茉莉)



山頂の「茶店」から 新しい街灯・・

LED式の太陽電池街灯でした。色が変化するのでしょうか・・・
RICOHの寄付のようです。公園内の灯に「RICOH」の文字がありました。

そして灯の上の太陽電池パネル



2010.03.13     カテゴリ: 中国華南で見た植物 >  中国華南 花暦 

   【深圳花暦】 深センにも四季がある?・・・ 筆架山公園

芳香の漂うレモン・ユーカリ / 檸檬桉 の木立で - 筆架山公園
003

春の筆架山公園 (2010.3.13)

筆架山公園へ行くことが多くなった。バス1本、2元で行ける手軽さもあるがこの公園の豊富な樹木に惹かれ始めたことが大きい。
筆架山公園は深圳市政府から北東へ2kmほどのところに位置する都会の公園で標高177mの筆架山を中心に面積1.45k㎡。山頂からは深圳最高峰・梧桐山(944m)、香港最高峰・大帽山(957m)が見え、現在深圳最高建築の地王大厦(384m)も見える。

今日は朝からむしむしして気温が上がった。前回ほどではないが急激な気温の上昇でガラス窓にはうっすら結露。
公園は前回(2月21日)とは全く雰囲気が変わった。鳥が元気よくさえずり蝶が花に舞い、匂番茉莉(においばんまつり、鴛鴦茉莉)とレモンユーカリの芳香が漂う。なんか季節がすっかり変わってしまったようですがすがしい。湿気の影響か、山頂からの展望はさっぱりだがこれがもしかして深圳の春?
今まで深圳・香港には夏と冬しかないと思っていたのだが、筆架山公園に通い詰めたら季節を感じることができるかも・・・ちょっと期待。


夾竹桃?


ガジマルをバックにブーゲンビリア


レモンユーカリとともに芳香を放っていた匂番茉莉(においばんまつり)


紫紺野牡丹(しこんのぼたん)


そしてこれはセミです。何となく阪神タイガースカラー


紋白蝶がたくさんたくさんいました。紫片喰と蝶


つつじにも






蝶を追う子供たち



何とも言えません。南洋桜の鮮やかに印象的な赤色




紅花常磐満作の赤


見事に満開の紅花常磐満作


松の林もあります


そしてアロマテラピーにも使われるレモンユーカリの芳香


そしてもう一つ、アメリカデイゴの鮮やかな赤



関山月美術館から深圳博物館新館、COCO-Park、JUSCOへ
筆架山公園を出てバス停へ。携帯を見るとまだ3時半、歩いてみようかと考える。とりあえず、蓮花山公園まで行ってみようと歩き始める。蓮花山公園は深圳市政府の北にある面積1.7k㎡の公園。標高105mの山頂には小平の像があり、小平が深圳から香港に向かって歩いている。

筆架山公園を出るとすぐに都会の雑音が・・歩道横の緑地帯には紅花常磐満作が満開。この木は沈んだ赤色だがこうして見ると街路をすごく華やいだ雰囲気に演出する。なかなかいい。道路の分離帯はブーゲンビリアの赤が華やか。

歩道横の緑地帯の紅花常磐満作が華やかでした



関山月美術館 この日は無料
30分ほど歩くと蓮花山公園の隣の美術館に着く。久しぶりに美術館を。あまり気を引く絵画もなく外へ。
蓮花山に登ってみようかと思ったが、COCO-Parkへ行ってJUSCOで買い物をして行こうかと再び歩き出す。
市民中心で深圳博物館新館に道草。マルチメディア資料室でPCを使っての動画解説をしばらく視聴する。なかなか遊べる。日本語とかのメニューはあるがクリックするとNo Page。


深南大道を横切ってCOCO-ParkのJUSCOへ。JUSCOの前の吉野家でまず牛丼を。どこ吉野家に行っても年配の人を見ることは少なく高校生ぐらいの若い人が多い。高校の近くに吉野家を作ったら・・
JUSCOで買い物をして帰宅。

途中、家政婦さんから電話メール。次のいつもの曜日の時間に行くと知らせてきた。1ヶ月半ぶり。春節を終えて深圳に戻ってきたようだ。ほっ。これで面倒が一つ減った。「知道了」と返信。


Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by