タグ 《 仙湖登山道 》  ( 1 記事  1 ページ )

2007.11.12     カテゴリ: 深圳の山と公園 >  梧桐山 

   深圳最高峰梧桐山 初登頂 (9) 8時間25分の最終章 (2007.10.27)

深圳八景・梧桐山煙雲への道(9) 8時間25分の最終章

2007.10.27


眼下に広がる仙湖と弘法寺 (15:52)




小梧桐山のテレビ塔をあとにして蓮塘に向かう登雲道に入ったあと途中で仙湖植物園へのコース、仙湖登山道を下ります。

登山道と別に分岐して小さなトンネルがありました。中は真っ暗。何だろうと思っていると、ある登山者の声「ここはダメかな」
すかさず「大丈夫」と知っているらしい人が叫び大股に入っていきました。これを機に十人ほどの人が間髪入れずに入りました。私も中ほどに入り込みます。

始めは外の明るさで見えていたのですが道が折れ曲がっていて右へ折れるとすぐに漆黒の闇になりました。「前後で手をつなげ」の声。前の人から私に手が差し出されました。背後からは 私のリュックに手がかかります。
少し行くと出口から光が差し込んで少しずつ見え始め、無事通過。ちょっとした冒険みたいで興奮ぎみ。
それにしても声がかかったあとのまとまった行動の早さはすばらしい。とても気持ちよい経験でした。



登雲道を歩き始めます (15:08)








登雲道と仙湖登山道との分岐点 (15:34)


ちょっと近道コースのトンネル出口 (15:38)




トンネルを出て写真を数枚撮ったところでハプニングが起こりました。カメラには「電池残量がありません」の警告と共にパワーオフ・・・「えーー」力が抜けるのを感じました。
私は常にスペアーの電池を持っていますが、この時はすでにスペアーに交換しています。これがなくなると仙湖植物園を見下ろす写真が撮れません。

考えながら歩き始めました。電池は使い終わって少し休ませておけば少し復活するはず。これにかけます。交換した電池を再び装填。おそるおそるパワーオン・・
やった、写真が撮れました。あとどれくらい撮れるか想像つきませんがセーブして写真を撮ることにします。
(この日は実に530枚の写真を撮っていたのです。8時間半の間に撮ったわけで1分1枚という計算になります。自分でもちょっとびっくり)





ほどなく眼下に仙湖植物園内の弘法寺を中心に雄大な景色が広がります。これは感動でした。
ただ、登山道は急な石段に変わりまして、正直ビビりました。一段が高く狭いのです。片側にロープは張ってあるのですがロープをつかめないところもあり一段足を踏み外せばという思いが 出てきて・・・

仙湖植物園に入ると弘法寺は以前に見学しているので別コースをとって植物園の入り口に向かいます。ほかの登山者は弘法寺へ向かい、私一人になってしまいました。

出口への道は・・・なんと急な上りの石段が続いています。下るだけでいいと思っていた私には、これだけの石段を登る気持ちの準備がありません。ちょっと ショック。
でも登り始めると慣れてしまったのかやけくそなのか、登るスピードが落ちてないように感じますし疲れてもこないのです。これは不思議でもあり私を喜ばせました。
ただ、あまりに登りが続くとほんとうに植物園の入り口に向かっているのか不安になってきます。もしかしてまた梧桐山に登るルートになっているのではないかと・・・



眼下に弘法寺 (15:43)


ビビった道











さらに登りが続いたとき下りてくる初老の紳士がいました。娘らしい小姐と共に。
「仙湖植物園はどう行けばいい?」と彼。
「私も分かりません」
「あなたは仙湖植物園のチケットを持っていますか?」
「持っていません。入り口から入ったのではなく大梧桐山から小梧桐、そしてここに下ってきたので・・」
「あなたお年は?」
「××才です。植物園の入り口はここを行けばいいのですか?」
「そうです」
「間違いないですか?」
「大丈夫」

太陽が沈む前にめどがつけばよいからと覚悟を決めて進みます。でもどうして年を聞かれたのかな・・・




さらに長い登りの石段を抜けると外の景色が見え始め、上りはなくなり下りだけとなりました。さらに10分ほど歩くと登山口に出てきました。
目の前には以前に見たことのある道、自信を持って歩いていくと見えてきました、仙湖植物園の大門。
目標のゴール地点です。足が速くなって8時間25分のフィニッシュを飾りました。



(16:00)


(16:31)






登山口に出てほっと一息。弘法寺を眼下にしてからすでに1時間、ゴールはあと少し (16:43)


植物園の門が見えてフィニッシュへGO!!


ゴール!!! 16時48分55秒!



8時間25分をかけてやっとゴールインしました。
今回3万3500歩。平地を普通に歩くと私の1歩は50cmなので16kmあまりの距離を歩いたことになるのですが、今回は石段も多く状況が違いますので何とも言えませんが15kmは歩いていると 思っています。
電池は交換後30枚撮影できました。そのあと再び電池を交換して最後の2枚、仙湖植物園の門を撮影しています。

でもすごくさわやか、一人でにんまりしながら歩いていました。
以前は登山みたいなしんどいものを好きな人がいるとは・・・と思っていたのですがちょっとその気持ちが分かるような気がします。
まあ何十キロもある荷物を背負いながら、というのはできませんが娯楽登山ならもっと行きたいという気になっています。

深圳八景梧桐山煙雲への道 (完)


通ったルート (クリックすると拡大します)




Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by