( 2617 記事  524 ページ )
► 次のページへ

2016.12.07     カテゴリ:  中山日記 

   淘宝ネットショッピング 座椅子を購入

座椅子を購入 (2016.12.7)

座椅子
このごろネットショッピングに浸ってます。
今回は座椅子です。
ネットショップでの検索キーワードは
「日式懒人椅子」「榻榻米懒人椅子」など、「椅子」は「沙发」でもOK。

選んだのはこれです。原価が400元あまりで驚喜価として203.8元となっています。ほんまに原価が400元するかはあまり信用してはいないですが・・・
色はオレンジを選択。




今回は上海から1400kmを超えて送られてきました。
日曜日の深夜にネット手続きをとると、月曜日の深夜に上海を出たようです。オレンジ色のがなかったので新たに作った?

1400kmを走って水曜日の未明に中山に着いたようです。そして配達されてきました。



品質は良さそうです。中の海綿も肉厚もあってしっかりしているように感じられます。

首の部分もリクライニングになっていて折れ曲がります。


新旧交代です。左のは深圳のイオンで120元だったか150元だったかで買ったものです。今回のは204元。

並べてみると旧はかなり貧弱。もっとも使い込んでますので中の海綿は元の位置からずれてかなりぺちゃんこになって老人化して中の鉄パイプの「骨」があたって痛い。





あとネットで買いたいもの
実はまだまだネットで買いたいものがあるのです。身近な店だとなかなか探しきれないものでもネットだとすぐに探し出せるので便利なのです。

1.
書斎の椅子のキャスターですが使っているうちにフローリングにたくさん椅子のキャスターの跡がついてきているような気がしてキャスター跡がつかないようにと椅子の下に敷く絨毯のようなものがないかとイオンとかへ探しに行ったのですが種類がなく選択の自由がない・・・他に絨毯屋もみつけられず・・・

で、ネットで調べてみました。まずは「椅子の下の絨毯(椅子下 地毯)」のキーワードで。まあ値段も様々、実にたくさんのバリエーションがあって選ぶのに迷います。

2.
あと、ソファーのカバーですね。いま使っているソファーは座る部分と背もたれの布部分が洗濯機で洗濯できるのですが2回洗濯したらファスナーがおかしくなってきました。これ以上洗濯すると壊滅的になるかな・・と思い洗濯できるカバーをつけようと思って探しに出かけたのですが思うに任せず、とりあえず綿の毛布のようなものを買ってきて使っているのですがちゃんとしたカバーがないかネットで探してみて「沙发巾」、「沙发垫」なるものを見つけました。これがたくさんたくさん出てきたのですが使い方がわかりません。で、動画サイトで検索すると取り扱い方の動画がありましてよく理解できました。
キーワードは「沙发巾」「沙发垫」。

あとはこの二つをネットで選んで手配することになりそうです。それにしてもネットショップは便利ですね。ただ、手に触れて確認できないのが欠点、あまり高価なものを買うには度胸が必要です。偽物もありそうなので。

 

2016.12.06     カテゴリ:  中山日記 

   《中山》 ネットで買った中国産あきたこまち試食

ネットで買った中国産あきたこまち試食 (2016.12.6)

ネットで買ったあきたこまち、まだ遼星一号の2.5kg袋が残っているので・・と思っていましたが誘惑に負けてあきたこまち10kg袋を開けてしまいました。

見た目はとてもいいですね。粒がおおむね透き通るような感じ。






で、炊きました。実にいい感じ。米粒が光ってます。




実はこれ、3回目に炊いた写真です。なかなか水加減が難しい。私は柔らかめのご飯が好きなので遼星一号はだいたい炊飯器目盛りの1.3から1.5倍にしているのですが同じようにするとべちゃべちゃになったので少なくしながら3回目で成功しました。それでもまだ多い感じですが。目盛りは1.1ぐらいでしょうか。

値段も値段だったのであまり期待していなかったのですが予想に反して非常によろしい。満足です。遼星一号よりもおいしい感じがします。これからもネット購入にするかな。
ただ遼星一号は無洗米っぽかったので米をとぐのが楽でしたが、このあきたこまちは普通の精米のようで米研ぎがちょっと大変です。
それと今回のはおそらく新米だと思いますが今後は保存方法でだんだん味や雰囲気が変わるかも・・・

そういえば昨日イオンへ行くと遼星一号が10kg79.8元の安売りをしていました。(普段は103元ぐらい)
でももう買うことはないかも・・

 

2016.12.04     カテゴリ:  マカオ 

   《マカオ》 久しぶりのマカオ点景

久しぶりのマカオ点景 (2016.12.1)

奈良帰省から中山に戻って初めてのマカオ観光でした。2週間前にも行ったのですが時間が遅くてイミグレ前のスーパーで生活品の買い物だけでしたので。
で、久しぶりの媽閣廟へ。そこから少し歩いてみました。
能見度(視程)はもう冬ですね、遠景がかすんでます来年4月ぐらいまではこんなもんでしょうかね。



主教山教堂で・・


よく見ると鳥の巣がありますね。カササギかも。


遠景がかすんでます。












2016.12.01     カテゴリ:  中山日記 

   《中山》 ネットショップで中国産・あきたこまち(米)を買ってみました

ネットショップで中国産・あきたこまち(米)を買ってみました

店によって少し違いますが深圳のイオンでは150元以上買えば無料配達をしてくれましたので米がなくなってきたら少したくさん買い物をして配達してもらっていましたが中山のイオンでは500元以上買わないと無料配達してくれません。どうやら広東イオン系の店と華南イオン系の店で違いがあるようです。
最近はイオンで大きい(金額)買い物をしていないので2kg入りの米をちょこちょこ買ってきます。ブランドは中国東北の遼星一号を買っています。雰囲気的には日本の企業か、団体が絡んでいるような・・・

ネット検索
先日、ある網友がネットショップで米も買っているとの情報を聞き「なるほど!」と思い検索をしてみるとありました。遼星一号はありませんでしたがコシヒカリやらあきたこまちやらいろいろ売っていました。コシヒカリは中国名で越光、あきたこまちは秋田小町です。
越光は値段が抜群に高いですね。10kg200元ぐらい。もっと高いのもあります。遼星一号は10kg80-110元ぐらいですので実に高い。以前の食べ比べで感じたのは越光は確かにうまいのですが値段の違いほどは感じられなかったので買っていませんが、ネットでも高いですね。



秋田小町はと・・・あれま、すごく安い。10kg80元、割引で61.5元とありました。輸送料無料。遼星一号よりも安い。試しに買ってみるのにはちょうどいいですね。
ということで早速注文しました。淘宝、京东、天猫などのページで検索、最終的には淘宝で。

配送過程が見られます。見てみると・・・
なんと吉林省の長春から出発しています!地図を測ってみると中山まで3000km、大阪-香港よりも遠い。61.5元なら輸送料にもならないような・・・どういうシステムになっているのでしょうね。




おかげで到着まで1週間かかりました。配達日にはSMSでメールが入りました。あいにくマカオへ行く日。メールに書かれていた連絡先に翌日にしてほしいとメール。
で、マカオから帰ってくると管理所にあずけられていました。

なんか、中に直接米が入っていそうな雰囲気でしたが・・・


開いてみるとちゃんと別の袋に入っていました。
  

朝鮮米と書かれています。種としては秋田小町なのでしょうが日本の企業、団体はからんでいないように感じます。まあ、私としては味がそこそこよければ価格も価格ですし問題ありません。
深圳にいた頃、深圳のイオンで秋田小町を買って何度も食べたことがありますので雰囲気はわかりますので食べてからのお楽しみですね。

 

2016.11.29     カテゴリ:  生活 

   《中山》 中山城市軌道1号線、2号線計画と広州地下鉄18号線計画

中山城市軌道1号線と広州地下鉄18号線

以前、中山でマンション探しをしていた頃、「将来、ここに地下鉄の駅ができます。」とか営業マンが言っていました。まあ、その頃は中山に地下鉄ができてもずっと先の話だろうと思っていたのですが・・
最近ふとした会話がきっかけでちょっと調べてみると、地下鉄ではないものの市内鉄道・城市轨道の計画が来年の着工まで来ていることを知りました。思っていたよりすごく早い。

計画は中山城市軌道(中山城軌/中山城轨)1号線。



http://news.dayoo.com/guangdong/201611/01/139996_50374771.htm


モノレールのようです。地下鉄のように多量輸送はできないでしょうけどこれなら建設費も安そうだし、自転車、二輪を含めた「マイカー族」の多い中山にはちょうどいいかも。
路線は港口から広珠城軌の中山北駅を通り博愛路に至る12.4kmが一号線の一期行程です。


1号線第一期工程は2017年から2020年まで、さらに2号線一期工程(下図青線部分の小欖から広珠城軌中山駅まで)は2019年から2022年までの予定のようです。


全体の計画は

まあぼちぼち進めていくのでしょうね。ただ十三五(13期五カ年計画)では前期の2.8倍の予算を使って道路や城軌の整備をするようです。

さらに広州地下鉄18号線延伸線が中山に通じるようでこれが中山城軌1号線に接続されるようです。
どう変わっていくのか、なかなかおもしろそうです。

 



Produced by Sceneway copyright © "深圳と香港の日々 - Funny days in Shenzhen + Hong Kong" all rights reserved.
powered by